クルマの他:高畑勲氏を偲ぶ会に行く

Photo何年ぶりかの「クルマの他」です。クルマの話じゃないので、興味のない方は飛ばしてください。

アニメーション監督、高畑勲氏を偲ぶ会に行ってきました。といっても、宮崎駿氏が挨拶をしていたジブリ主催の”正規版”ではなく、現場の仲間たちが開催した、いわば手作りの会です。

出掛けたのは、もちろん氏のファンだったから。小学生の頃、映画「太陽の王子ホルスの冒険」に感銘、第一シリーズの「ルパン三世」にも同じ空気を感じ、そのまま「アルプスの少女ハイジ」のクオリティに驚き。どうも一連の質の高い作品には、高畑とか宮崎なんてクレジットがいつも入る。その勘は「母を訪ねて三千里」で確定的となり、「赤毛のアン」ではすっかり知識として踏まえた上で観ていました。

森やすじ氏以降の愛らしいキャラクターを使いながら、しかし大人の都合や社会の現実を隠すことなく描く作品群は、同じ制作会社でも別スタッフによる”甘い”番組と明らかに一線を画すものでした。宮崎氏のように、アニメーターからの演出組ではなく、東大卒業後に当初から演出志望で業界に入った氏の構成・表現力は、自身で絵を描かないからこその漫画映画然としていないところが魅力。

会は、懐かしい作品や当時の貴重な記録映像とともに、現場をともにしたアニメーターの才田俊次氏、小田部羊一氏、昨年「この世界の片隅に」がヒットした片渕須直氏らがゲストトークを。東映、Aプロ、OHプロ、日本アニメーションなど、制作会社名とともにクレジットされた作画陣の生の声を、40~45年を跳び越えていま目や耳にするというのは、実に不思議な感覚でした。

出演者は仕事としての当時を語りますが、僕はいち視聴者として当時の記憶を思い起こすことになります。それは単なる映画やTV番組ではありますが、自分自身の相当な部分、大げさに言えば「価値観」を形成したとも言えます。会に参加して、いま一度それを認識したというか、当時の感覚を改めて肯定することができました。まあ、最近仕事に疲れていたこともありますが、実に貴重な時間を過ごしたのは間違いないようです。

ジブリ以降、氏の作品はある種の思想が強く反映され、あるいは相当に実験的なアプローチをとりました。僕には敷居の高かったそれらの作品が、フランスをはじめとした諸外国で評価されたのは興味深いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマの他:快進撃!「シン・ゴジラ」

Photo久々の「クルマの他」です。例によって興味のない方は今回はスルーしてください。

職場やSNSをはじめとした周囲の人たちはもちろん、タレントや一部の社会学者というTV画面の向こうの方々まで絶賛する新作ゴジラとは一体どんなもの? ということで、遅まきながら地元シネコンで観てきました。

で、率直な感想は「あ、ふつうに作ったんだ」と。

エヴァの庵野監督と聞けば、また世界を再構築してワケのわからないことになるか、あるいはオタク独特のリアリティに踏み込んで痛々しいことになってるんじゃないかと想像していたんですけど、意外にも怪獣映画にまっすぐ取り組んだんだなあ、と。

じゃあ、映画として面白かったのかというと、それはチョット違うかもしれません。

政府じゃなくて官僚VSゴジラとし、そこにかつての日本沈没や押井守氏のパトレイバーなど、僕と同世代らしいSF映画体験のモチーフを散りばめ、そもそも大好きな?怪獣映画として得意の特撮技術を発揮しています。

そこに2016年のニッポンとして3.11を組み込んだ原案・脚本に大きな破綻はありません。もちろん、好評だったハリウッド版ですらちゃんと原発を描いていましたから当然ですけど、一方では軽々しく放射能から逃げてしまったヤマトの新作みたいな例もありますので。

で、決定的に欠けていたのは人物描写ですね。主人公である内閣官房副長官はなぜあんな真っ直ぐなのか、ライバルの出世欲は何を狙うのか、愚連隊の役人陣はどんな弾かれ者なのか。もちろん、ヒロインらしき大統領特使は何であんなに偉そうなのか、とか。

また、それぞれの登場人物同士の関係、感情、気持ちの動きもほとんど感じられません。たとえば、牧教授はゴジラの正体に迫っていながらなぜ自ら命を絶ったのか、その人間性がストーリーには絡んできません(折り紙だけ)。

舞台はほぼ官邸という官僚の「職場」です。ですから、この映画は役人の「お仕事」「現場」としての怪獣退治に終始しています。それ以外の世界はほとんど描かれません。

物語の構図をシンプルにするために割り切ったとも言えますが、アニメ先駆け世代として、描かないというより描けない、もしくはそんなものには興味がないとさえ思えます。人間関係やら心の動きなんて面倒なものより、対戦ゲームのごとく、次々に作戦の立案・実行に邁進する方が面白いと。

いえ、アニメの場合はいまどきの絵柄に人気の声優を組み合わせれば、何となくキャラクターが完成したように感じてしまいますが、生身の人間はそうは行きません。もちろん、錚々たる俳優陣を集めても。

押井氏のパトレイバーでは、同じく冒頭に自殺をした首謀者の人間性、考え方こそが一貫した作品のテーマになっていましたし、日本沈没では日本人そのものを問うていました。表現の対象や描き方はどうであれ、そうしたものがなければ映画にはならないとも思います。

シン・ゴジラは、3.11をモチーフにすることで、あたかもテーマ性を持っているかのように感じられ、絶賛の一部はそこに理由があるのかもしれません。でも、それはあの災害をなぞったに過ぎないと感じました。

あるいは、牧教授の行方やラストの尻尾の異形など、意味深な表現で後々の解釈論争を煽るようなやり方はまるでエヴァでした。そういう謎解きと映画としての「奥行き」は決して同じではないと僕は思います。

3.11では実際に被爆をしながら原子炉爆発を阻止した米軍がいましたし、迷走する政府の傍ら、文字とおり体を張った消防士など多くの役人がいました。

テーマを考えるなら、それをなぞるのではなく、災いの前後での世界観の変化や、あるいはそれを背負ってしまった後の日本の未来、なんて考え方もあったような気がします。

いえ、あくまでも個人的な感想ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマの他:限定JAZZイベントで日本橋へ

160218_183045クルマの他です。興味のない方は飛ばしてくださいませ。

今夜、ジャズピアニスト上原ひろみの限定イベントに行って来ました。

新譜『SPARK』を購入したら応募券が付いていたので何気なく申し込んだところ、約7倍の抽選に当選してしまった次第。仕事を17:00で早々に終え、コレド室町にある日本橋三井ホールまで駆けつけました。

上原ひろみは矢野顕子とのデュオ・コンサートで「対決」を観て以来。アルバムのトリオであるベースのアンソニー・ジャクソンとドラムのサイモン・フィリップスはいないソロイベントです。

前半はトークで、もともとおしゃべりは苦手だそうですが、話が曲のことになると俄然調子に乗ってきます。とくに新曲のリフの説明に至るや目の輝きが違ってきたり。

その勢いに乗った後半のソロライブは圧巻。

例によっての超絶技巧はますます磨かれ、これがひとりの演奏かと思えるほど。スピード感、グルーヴ感はもとより、美しさも加わってもはや他を寄せ付けない圧倒的なもの。

こういう限定イベントはなかなか来れないけど、こんなものが無料で聴けるなんてちょっと信じられません。何しろ、新譜を出したばかりなのに、来週からはベースのスタンリー・クラークとの別のワールドツアーに行っちゃうほどの人気者ですし。

新譜ツアーは「年内には帰ってこれると思います」とのことで、数か月は待たなくてはいけないようです。今回もブルーノートかな?

まあ、とにかくクルマも音楽も本物はいいってことですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマの他:ジャズピアノを聴く

Img_2103 12月は「クルマの他」が続きます。

 先週の渡辺貞夫に引き続き、月曜は新宿PIT INNでのジャズピアニスト・国府弘子による「ひろこ倶楽部」。

 毎年恒例のイベントは、これまで六本木のスイートベイジルで開催されていましたが、店の終了で場所を移すことになりました。

 今回、いつものトリオに元スクエアの本田雅人をゲストとして迎えたステージは、PIT INN 50周年というオメデタいタイミングもあり、何と懐かしの80年代クロスオーバー、フュージョン特集という趣向に。

 もちろん、4人の構成にしっかりアレンジはされていたものの、ジョーサンプル、スパイロジャイラ、チャックマンジョーネ、カシオペア等々の演目には会場も大盛り上がり。

 今年久々に出した新アルバムの収録曲も含め、自身のオリジナルもしっかり織り込んだ2時間は、年末にふさわしく実にバラエティに富んだものでした。 個人的にも、お気に入りの立飛さんのドラムを目の前で拝見することができ、これまた非常に参考になった次第です。

 それにしても、クルマに加え、いい音楽もまた退屈なサラリーマン生活にしっかり潤いを与えてくれます。これでまたしばらくは頑張れそう?です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマの他:ジャズコンサートへ行く

151212_171601_2 年末だし、久々の「クルマの他」。クルマ以外の記事に興味のない方は飛ばしてくださいませ。

 写真はピンボケですが、今夜は毎年恒例の渡辺貞夫・クリスマスギフト。渋谷オーチャードホールで12月に開催するこのコンサートも、何と23年目です。

 もともと「クリスマスらしく」ストリングスをバックにした構成でしたが、回を重ねるごとにそれにこだわらない展開となり、ビバップもあればアフリカンサウンドもあり、昨年はビッグバンドでした。

 最近渡辺氏と意気投合したというチェロ奏者ジャキス・モレレンバウムとの出会いで生まれた新作アルバムは、ジャキスの編曲によるウイズ・ストリングス。ということで、今回のステージはブラジリアンなアルバム参加ミュージシャンとストリングスの競演となりました。

 ジャキスによる編曲は、チェロ奏者らしいとても優雅なもの。初期の頃は野力奏一などピアニストの編曲が多かったですが、それとはかなり違う雰囲気でした。

 個人的な話ですが、つい二日前に、とてもよくしていただいた会社の元先輩が突然遠くへ逝ってしまい、心の整理がついていなかったところ。でも、今夜の美しく豊かな編曲による名演奏の2時間は、他に代えがたい心のクッションになった気持ちです。

 明後日はまた別のジャズライブ。いまはいい音楽で心を浸したいところです。あ、もちろん、美しいクルマでも・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマの他:今日のコンサート

2014_2 久々の「クルマの他」は今日のコンサート。クルマネタではないので、興味のない方は読まずに飛ばしてくださいね。

 毎年恒例の「渡辺貞夫クリスマスコンサート」は、いつものように渋谷オーチャードホールでの開催でした。今年でもう22回目になります。

 今回もまたメンバーは精鋭揃い。ピアノはあのイエロージャケッツのリーダー格、ラッセル・フェランテ、ドラムには名手ピーター・アースキンという豪華さです。

 そして、今回は名トロンボーン奏者にして作・編曲者の村田陽一率いるビッグバンドがバックを固めるという、これまたご機嫌な構成です。

 ナベサダ氏自ら「大好き」というラッセル・フェランテのツボをおさえた演奏に見とれつつ、しかしピーター・アースキンのあまりに幅広く、そして曲を理解し尽くした演奏にひたすら感銘を受けっぱなしでした。

 サックス・トランペット、トロンボーンによるホーンセクションは、全員がソロで活動するベテラン揃いで、もう鉄壁のユニットです。これに村田氏による美しく、躍動感溢れる編曲が加わわることで、演奏の厚みは圧倒的に。

 ラッセルやピーターはナベサダ氏とは長い付き合いですし、ビッグバンドのメンバーもかつて氏と共演し、皆がリスペクトしての演奏ということで、何ていうか実に幸せなステージになっていたようです。実際に、全員が終始笑顔だったのが印象的ですし。

 それぞれが一流で、それが同じ方向を見て実力を出せば幸せな結果が現れるのでしょうか。もしかしたら、いまのマツダがそれに近いのかもしれませんが、クルマもそんな幸せな出会いを大いに期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマの他:今月のコンサート

2013

 久々の「クルマの他」です。

 まず、六本木はSTB139での、ジャズピアニスト国府弘子による年末恒例「ひろこ倶楽部」。

 毎回多方面のゲストを迎えるこのコンサートですが、今回は民謡歌手の木津茂理。和太鼓を叩きながら歌うという異色の邦楽ミュージシャンです。

 彼女と国府さんのコラボは、ノリのいいラテンリズムによる編曲と、トリオによる鉄壁のサポートで実に楽しいものになっていました。何とアンコールは撮影OKという破格の配慮も国府さんならではの明るさとノリでしょう。

 オヤジバンドでドラムを担当する自分にとっては、今回も岩瀬立飛によるドラムプレイが刺激的でした。単にドラムの技術ということではなく、音楽全体を理解した奥深い演奏が素晴らしい。

 続いても恒例、オーチャード・ホールの「渡辺貞夫・クリスマスコンサート」。

2013_2

 今回のテーマは、原点回帰の「Bebap The Night」。アメリカ各地から気鋭の若手プレーヤーを招いての一夜です。何度か書いていますが、何歳になっても若い実力派プレーヤーを集めて競演する姿勢はスゴイことだと思います。技術もそうですが、エネルギッシュなプレイについて行くのだって大変ですから。

 珍しいのはトランペットを招いたことですが、このニコラス・ペイトンが素晴らしかった。大柄な体から吹き出される音は、強弱、緩急、音質も何もかも自由自在。一見無愛想ながら、たまに見せる柔らかい表情がまたいい。

 繰り返しのフレーズを操るピアノのアーロン・ゴールドバーグ、実にメロディアスなソロを聴かせるベースのリュウベン・ロジャース、そして独特の間を駆使するドラムのオベ・カルベイルによる演奏はいかにもBebap。曲中に自在にリズムを変えてみせる演奏は鉄壁のまとまりです。サダオさんのサックスも、最近の中ではかなり鳴っていたと思わせました。

 あらためて、確かな技術と優れたセンスに裏打ちされたプレーヤーによる全力の演奏は圧巻で感動的です。僕らは、音楽にしろ映像にしろ、スポーツにしろ、想定や期待を上回る仕事に出会ったとき心から感動します。それはそのアウトプットが「本物」だからで、浅田真央の演技に感動するのは単に可愛いからじゃないと。

 これはクルマも同じですね。デザインにしろ機能にしろ、確かな技術や優れたセンスを持った開発者が全力を尽くして作り出したものには心から感動する。それもまた「本物」だからだと思います。

 最近その感動が少ないのは、ですから「本物」が少ないということなのでしょうか。劣化が激しい政治家がそうであるように、どうも「ニセモノ」が平気ではびこっている。もしかして、それはユーザーや有権者もまたニセモノだから?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマの他:先週の映画、2本

Photo 「クルマの他」はクルマ話ではありません。たま~に書いていますので、興味のない方はスキップしてくださいね。

 で、久々の「クルマの他」は先週続けて観た映画2本です。

 1本目の「しわ」は、アルツハイマー病が進行する主人公が入所した老人ホームの物語を描いた、スペインのアニメーション作品です。すでにNHKなどで紹介されていたので、ご存知の方もいるかも?

 話は主人公と、「健康な」同室人を中心に進みます。比較的初期症状だった主人公の目に映る多くの入所者達の言動は、「なぜ自分はこんなところに来なくてはいけないのか?」と思わせるもので、その戸惑いと不安が早々にクローズアップされます。

 映画全体としてはどこかコミカルな味を効かせつつ、特徴的なのは徹底した現実直視の演出でしょうか。入所を決めた家族の心情、入所者達の悲しい日常は、優しいキャラクターの絵柄とは違って容赦なく、淡々と描かれます。

 後半のアクシデントを除けば、大きな出来事らしいものが何も起こらないこの映画が素晴らしいのは、監督が、その徹底した日常表現にこそドラマがあると信じているからかもしれません。

 その監督は、スタジオジブリの高畑勲氏を敬愛しているそうです。アルプスの少女ハイジ、赤毛のアン、ほたるの墓等々と、いずれも日常を丁寧に描いた氏のリアリズムと「しわ」は、たしかに共通した空気がありました。

 こういう優れた作品を観ると、日本が自分達で騒いでいる「ジャパニメーション」て何だろう? なんてことを感じてしまいますね。

Photo_2

 2本目の「スタンリーのお弁当箱」は、両親を亡くして弁当を作れない主人公の小学校生活を追ったインド映画です。

 この作品も基本的にはユーモアを前面に出した作品ですが、労働児童という経済的格差が進むインドの課題を、教育的な側面から描き出したものです。

 映画撮影だとは知らせず、ワークショップを開きながらじっくり撮影を進めた結果なのか、子供達の豊かな表情や動きは特筆するべきもの。同時に先生達もまた「色々な大人」として表現され、そこにドラマチックな誇張はありません。

 弁当という、家庭の事情がそのまま反映される「題材」でもあり、先の「しわ」同様、その格差もまた淡々と描かれています。善し悪しではなく、その事情の中で子供達が生きているということでしょうか。

 話は基本的にハッピーエンドの方向に向かいますが、しかし主人公の身の上に劇的な変化が起こる訳じゃありません。それでも面白かった、観てよかったと思わせるのは、やっぱり「しわ」と同じ理由なんだと思います。

 そうそう、”尾木ママ”が推薦分を書いていたのも、この映画が教育映画としての力を持っているからなのかも? ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマの他:年末コンサート通い

2012

 みなさま、あけましておめでとうございます。今年も、本ブログをよろしくお願いいたします。

 で、お正月だし、のんびりと「クルマの他」から始めます。

 もう年末の話になりましたが、恒例の12月コンサート3連戦?に行ってきました。

 まずはNHKホール、矢野顕子「さとがえるコンサート」。今年のゲストは何と清水ミチコ! 昨年は上原ひろみだったし、例年ニューヨークの一流ミュージシャンとの競演が多いこのコンサートに清水ミチコ!

 たしかに彼女がアッコちゃんの絶大なファンであるのは知っていましたが、しかしコンサートとして成立するのか?

 が、そもそも渋谷のジャンジャンで、あの永六輔に見い出された清水氏の芸は並のものではありません。しかも、アッコちゃんに関しては、十代の頃からモノマネじゃなく、ピアノ込みで「コピー」していたという実績があります。まあ、ライブというよりはショーとしてですが、目の肥えた観客を満足させるものになっていました。

2012_2

 アンコールは、生前のキヨシローとデュエットした「ひとつだけ」を、今度はモノマネでデュエットしたのは感動的でしたね。

 続いてオーチャードホールの渡辺貞夫「グリスマス・ギフト」。もう20周年になる今年は、久々にベースのリチャード・ボナを招いてのアフリカン・ナイトです。

 ヴォーカリストとしても活躍するボナは、相変わらず圧巻でした。ふつうにリズムを弾きつつ、実質ソロになっているのがスゴイ。もう自由自在。この日のリズムセクションはとんでもなく鉄壁でしたし、貞夫さんも最近ではいちばん鳴っていたように思えました。

 三つ目はスイートベイジル、国府弘子「ひろこ倶楽部」。15周年の今回は前半がオリジナルトリオで、後半はゲストを招いてのセッションです。

 個人的には超技巧派ドラマーの立飛さんが注目で、今回もメリハリの効いた素晴らしいプレイを聴かせてくれました。国府さんも今回のピアノはより乗っていましたね。彼女のピアノは本当に元気が出ます。

2012_3

 この3連戦の合間、家人関係で東京交響の「第九」がサントリーホールであったので、実際は4連戦でしたが、まあそれはともかく、これで年末も無事コンサート締めができました。

 クルマも楽しいですが、音楽は聴いても演奏しても本当に素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマの他:ゴールデンウィーク・邦画2連発

Home

 ゴールデンウィークということで、久々に「クルマの他」を。せっかくの連休なので肩の凝らない映画でもと、家人と邦画をハシゴして来ました。

 「HOME」は、脚本の金子成人以外、ドラマ「相棒」スタッフによるハートフルストーリー。とにかく前評判がよくなかったワケですが、たぶん極めてベタな設定と予定調和なストーリーのせいかと。

 でも、個人的にはよかったです。たしかに安易と言ってしまえばそれまでですが、気持ちのいい話を気持ちのいいまま完結できたのはたしかで、それは偶然にはできないかと。少なくとも、和泉氏のメガホンとしては、本家「相棒」の劇場版2本よりまとまりがよかったと思います。

 これは原作モノですけど、いま東北の美しい風景と寓話で一本映画を作りたい、というシンプルな想いで作ったとしても、まあそれはそれでいいじゃないかと思えました。

Photo

 それに比べて前評判のよかった「テルマエ・ロマエ」は惜しかった。序盤のタイムスリープ攻勢は、まあ元々原作が飛び抜けて面白かったんでしょうが、ここは「のだめカンタービレ」の監督らしいテンポのよさが光っていました。

 そういう部分的な面白さはいっぱいあったんですけど、オリジナル部分も含めた後半がタルんでしまいました。仮に話をローマの戦まで広げるにしても、ストーリーはもっと身近なキャラクターを十分生かした方がよかったんじゃないかと。

 ところで、最近ある講演会で、巷に溢れる「クチコミ」なるものに惑わされてはいけないというような話を聞いたのですが、今日はそれを実感しましたね。10人中9人がNGでも、自分ひとりがOKなら、それは「面白い」んだという当たり前のことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧