新車心象風景:スズキ・ハスラー

_02_20200217165301

クルマ、とくに日本車のデザイン開発は面白いなあ、と思うんである。

新型ハスラーは「ヒット作の2代目は成功しない」のジンクスをはねのけ、うまいこと着地したんじゃないかなと思う。スタイリングの方向性は変えたけれど、どこから見てもハスラーだし、大きな破綻もない。

そこで興味を持ったのは、むしろその過程だ。

各自動車メディアのデザイン開発記事でも紹介されているとおり、新型のデザインは開発途中で大きく方針転換、つまりは仕切り直しをしている。ユニークな初代のイメージを念頭に描かれたスケッチにより、一旦は最終モデルまで進んだものの、役員の了承は得られなかったそう。

そこでのデザインチームの反省は「コンセプトの深堀りができていなかった」ということらしい。有り体に言えば、何となく進めてしまったと。

で、チームは最近のアウトドアやそれに付随するコトやモノの再検証を進めることになる。各々街に繰り出し、アウトドア的な遊び方、食、ファッション、小物などの「いま」を感じ、あらためて「いまのアウトドア」を構築し直した。機能性や道具感を強調した新型はその具体的な回答だ。

興味を持ったのは、やっぱりそういう、いかにもなマーケティングをとおした新しいコンセプトを組み立てないとスタイリングはできないのか、という点なんである。言い方を変えれば、そんな「いま」を掴んだからこそ新型はカタチになったのか、と。

クルマの開発には莫大なお金が掛かるわけで、もちろん失敗は許されない。それはエンジンやシャシー、ボディなどすべての開発者にかかるプレッシャーでもあり、それぞれが頭をひねって最良の結果を目指している。

その中でも販売の成否の大きな部分を占めるのがスタイリング。となれば見るからにいい加減な進め方はできないわけで、デザイン部内はもちろん、社内全体もが納得できるコンセプトを組み立てなくてはいけない(らしい)。

ただ、そこで僕が気になるのが、1+1=2、A+B=Cといった「理路整然と説明できる」テーマや、「ようやく新しさを見つけた」みたいに、正解探しのようなものが必須なのか?ということだ。

 

Photo_20200217170001

以前もここに書いたことがあるけれど、あるコンパクトカーは6角形をテーマにしていて、なるほど内外装に6角形が多用されている。当然デザイナーさんの説明や資料に破綻はなく、その6角形の説明が明快に行われていた。これなら企画会議も通しやすかっただろう。

けれども、当たり前だけど肝心なのはコンセプトが説明しやすいとか新しいとかではなく、優れたスタイリングかどうかなんである。どんなに口上が素晴らしくても、デザインに魅力がなくては何の意味もない。

新型ハスラーは、仕切り直しの市場調査で「ああ、いまどきは本格的なアウトドア・テイストがこんなにも生活に溶け込んでいるのか」という現状に気付き、無事新しいテーマを見つけることができた。そのストーリーは実に分かりやすい。

ただ、あえて言えば、そういうことじゃなく、ヒットした初代の2代目として、もっと素直でストレートに「こういうスタイルで行こう!」という採用案が出てこないものかと思うんである。世間や流行、あるいは資料の出来云々ではない次元で。

もちろん、何とかルックとか妙なフィロソフィに沿ったものでも困るんだけど、先代の特徴や自社商品の歴史など、より俯瞰的な視点を持って、もっと本質的なところで新しさや個性を考えてもいいんじゃないか? そういうところに時間を使った方がいいんじゃないか?

ハスラーの開発ストーリーは、そんな思いを想起させたんである。

 

 

| | コメント (2)

新車心象風景:ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ

Photo_20200210184501
これもまた、売れているんだからいいじゃないか、という話かもしれない。

新型ロッキー/ライズが残念なのは、お察しのとおり2017年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「DNトレック」の出来がとてもよかったからだ。もともと、ダイハツのコンセプトカーは毎回ユニークな提案が多いけれど、その中でも「DNトレック」は完成度が高かった。

コンパクトSUVとしてバランスの良いプロポーション。無駄なラインがなく適度な張りのある面、前後でイメージを統一したランプ類。これらが市販前提と思えるまとまりのよさで置かれているのを見て、実車の発表を楽しみにしていたんである。

ところが、昨年のモーターショーに展示された量産型を見て愕然とした。というか、最初はそれがロッキーには見えず、数秒経って「え?」と。

すでに媒体のデザイナー・インタビューに書いたとおりだけど、シンプルで清潔感のあった「DNトレック」が失敗したアウディみたいな顔になってしまったのは、よりSUVらしい力強さが必要だと判断したのと、OEM先であるトヨタの「デザイン・フィロソフィ」に合わせ込む必要があったからだそう。

いずれも実に寂しい話ではある。仮により力強い表現にするにしても、それは決して派手にするということを指すわけじゃない。そんなことは、つい最近のスズキ・ハスラーのモデルチェンジを見てもわかることで、要はお手軽にやってしまうか否かの違いなんである。

もちろん、最近のトヨタ顔に合わせるため・・・なんて理由はほとんど論外だろう。正直、この話を聞いたときはにわかに信じられなかった。そんな理由で、あのコンセプトカーの素晴らしいデザインを台無しにしてしまったのか?

Dn_20200210190001

ただ、しかしだ。ロッキーもライズも売れているんである。しかも結構な勢いで。

人気のコンパクトSUVの中でも希少な5ナンバーなのが基本にはあるけれど、例によってカスタム好きの日本人にはこの適度に派手な顔がドンピシャなようで。兄貴分の新型RAV4人気もそうだけど、相変わらずトヨタの日本人ユーザーの平均的嗜好を見抜く力は的確だ。

顔が出来損ないのアウディみたいだろうが妙にガチャガチャしてようが、売れてるんだから文句はなかろう。しかも、多くの評論家やジャーナリストだって絶賛しているじゃないか。そんな声があちこちから聞こえて来そうだ。

まあ、遠目から見ればプロポーションはほとんど崩れていないし、リアにはコンセプトカーの面影があるからそのエッセンスは残っているとはいえる。けれども、面や線のコンマ数ミリまで追い込むのが自動車デザインのあるべき姿だとすれば、「DNトレック」の持っていたシンプルで清潔感のある佇まいは一体何だったのかと僕は思う。

| | コメント (6)

新車心象風景:DS 3クロスバック

Ds3

こういうのが斬新で素晴らしいデザインというは、たぶんクルマ好きに備わる「定番スイッチ」なんだろうと思う。

新世代ミニや新しいフィアット500の成功を目の当たりにし、あんなプレミアム商品戦略に乗ってみたいと思うのはふつうの感覚だ。過去の資産を最大限活用したやり方は、伝統のあるメーカーの特権なんである。

だから、PSAグループが往年の名車であるシトロエンDSの名前を使い、これを独立ブランドとした戦略も理解はできる。ああ、そういう手もあるのか、と。

ただ、そうしてプレミアム路線を選んだ同ブランドの商品がどうかといえば、少なくともデザインについて僕はかなり懐疑的だ。ところが、自動車媒体ではもっぱらこのデザインこそが好評で、たとえば最新のDS 3クロスバックもそうなっているんである。

「彫刻が動き出す」という現代アートのようなボディ、LEDを駆使し凝った形状のフロントランプ、縦に延びる斬新なデイタイムランニングライト、シャークフィンと呼ばれる特徴的なBピラー、ボディサイドに引かれたL字ライン。媒体では、こうした要素についてお洒落だのアバンギャルドだのと絶賛だ。

インポーターが推すアイテムをことごとく誉めてくれるのは実にありがたいことだろうけど、僕にはまったくピンと来ない。いや、それぞれ何を言っているのかは理解できるけれど、評価はできないんである。端的に言って、これらはすべて表面上の「飾り」に終始しているからだ。

DS 3クロスバックを真横から見れば、まあごくふつうのハッチバックシルエット。つまり基本的なスタイル自体に特徴はなくて、そのボディの上に複雑なランプとか、途中までのピラーとか、あるいは変わったキャラクターラインを描き加えたに過ぎない。

これはインテリアも同じで、まずごくふつうのインパネがあって、そこに後からひし形のスイッチやエアコン吹き出し口、あるいは螺鈿のような装飾を描き加えただけだ。ここでも基本的な造形そのものに特徴があるわけじゃない。

一方、ミニやフィアット500の場合、エクステリアではまさにアイコン的な特徴に溢れているし、インテリアも独自の造形で構成されている。たとえば、BMW1シリーズのボディに表面的な装飾を加えて「はい、ミニです」なんてことはしていない。

にも関わらす、「こんなスタイル見たことない」などとほとんどの媒体で絶賛されるのは、つまりシトロエンやDSというブランドに対し、評論家をはじめとしたクルマ好きはほとんど反射的に肯定ボタンを押してしまうからじゃないか? クルマ好き=ポルシェ好きという公式みたいなものだ。

逆に言えば、これを否定してしまったら、業界中から「センスないな、お前」なんて笑い者になってしまうような恐怖心や危機感が意識の下に横たわっているのかもしれない。

付け加えると、僕はDSのゴス・カルチャー方向の趣向からしてすでに疑問だ。過剰気味の装飾はなるほどプレミアム感として分かりやすいけれど、あまりいい趣味とは思えない。まあ、これがフランスの最先端なんだ、と言われてしまえば返す言葉はないけれど。

| | コメント (3)

新車心象風景:日産デイズ

Photo_2

造形の「目標」に、実際どれだけの中身があるのか?ということなんだと思う。

売れ筋のワゴンタイプをあらためてデザインするとき、どんなイメージを持たせるのか? 何しろ担当デザイナー氏に言わせれば「まったく先代は意識していない」ということだから、もうどんな方向だってあり得るわけだ。

けれども、掲げたキーワードといえば「Vibrant(わくわく)」や「精密(Precision)」。なんて言うか、最近のデザイン・インタビューではお約束的な言葉ばかりで、新しさや独自性がどこにもない。もう、聞いた瞬間に腰が砕ける感じだ。

たとえば、緩くカーブするルーフの基本シルエットからして、なぜこのカタチなのかと尋ねても「わくわく=躍動感」みたいな回答しか帰ってこない。先代を意識しないのならもっと流麗でもいいし、あるいはボクシーでも構わない筈なんだけれど、そこに「今度はコレなんだ!」という具体的な主張がない。

決してハイウェイスターの「下」じゃなく、登録車のような個性を与えたという標準車のフロントは、Vモーション前提で薄くしたランプやグリルの下の広大な「空き地」が空しい。その間を埋める、ムダに大口を開けたアンダーグリルの一体どこが個性的なのか?

サイドウインドウはリアへ向けて狭くなり、ピラーの黒いパネルへ集約される。これは日産自慢の「キックアップウエストライン」によるけれど、しかし妙な寸詰まり感を生んでしまった。どうやらそのままの上下幅でリアまで延ばすとキャビンが大きく見えてしまうそう。でも、居住スペースが大きく見えたら何かマズイんだろうか?

ショルダーのキャラクターラインは先代より面質こそ高いものの、そもそも引かれた位置が曖昧だ。ラインがリアランプから始まるのは先代と一緒なんだけど、上下2本のラインに関係性を持たせた先代のような狙いが見えない。

とまあ、いろいろ書いたけれど、要するに、新型はどこかで聞いたようなキーワードを元に、何となく「いまっぽい」要素を散りばめただけに見えてしまうんである。新しいけど、中身がない。

先代は決して名作と呼べるようなデザインじゃないけれど、たとえば前後ランプからの大きな流れを、交差するような強いキャラクターラインで融合するという造形の意図が明快だった。ほぼ同じイメージなのに、一貫性を感じない後継車のお陰で先代のテーマ性が明らかになったのは、実に皮肉なところ。

だから、この新型については、兄弟車の三菱eKクロスの顔がド派手だとかなんてことは実は大した問題じゃない。6年前にできたことがどうしていまできないのか? これは結構根深い問題なんである。

| | コメント (4)

新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ

Photo
まあ、売れるんだから仕方がないって話かとは思う。

登場時点で、そのスタイルの酷さと安普請な作りについてはここに書いたとおり。コペンやトール、ヴィッツといった残念なコンパクトが続くダイハツとトヨタの中にあって、もう群を抜いた劣等ぶりだった。

太鼓持ちの評論家もこのクルマについては珍しく辛口で、とくに走行性能への指摘はずいぶんなモノ。彼らが口を合わせたように書くんだから、そりゃもうどうにもならない出来だったのかもしれない。

そういうわけで、早くもメディアから消えたブーン/パッソがとった対応策のひとつが、マイナーチェンジでの強引な「オシャレ化」なんである。恐ろしく退屈なボディにトラフグが大口を開けたようなグリルを設け、女子のピンクだの大人のブラウンだのと、およそ躯に似合わない色を塗って「はい、オシャレさん一丁上がり」といった具合。

この新しいブーン/パッソ自体については、だからあれこれいう価値もない。言っておきたいのは、まずメーカーの姿勢だ。

トヨタは社長の口癖である「もっといいクルマ作り」を実現すべく、カンパニー制なんて大がかりなことを進めているわけだけど、じゃあこれは何だと。もちろん、企画に関わっている以上「OEMだから」なんていうのは通用しない。ダイハツだって「Light you up」なんてグループスローガンを掲げ、自社の強みだのモノ作りだのを訴え始めたけれど、だったらこれは?

「いや、エントリーカーだからさ」も通じない。入門車だからこそメーカーの理念が見えるとも言えるわけだし。極端な例だけど、アウディが「A3以上はちゃんと作っているけどA1はこれでヨロシク」などとピンクのブーンを売るなんてことはない。けれども、トヨタはそれを平気でやっているんである。ま、やるなとは言わないけど、だったら「いいクルマ」なんて口にするべきじゃない。

さてさて、僕がこんなことを書いたところで、冒頭のとおりブーン/パッソは売れていて、それも結構いいランキングだったりする。もしかしたら、これから篠原涼子の色気でもっと売れるかもしれない。

もちろん、そこそこ広くて軽より安いという条件はある。けれども、救いようのないスタイルと安普請な走りのクルマを買う僕らユーザーには、相変わらずセンスのカケラもないと言わざるを得ない。

この手の話をすると「誰もがクルマに興味があるわけじゃない」という声があるんだけど、これはクルマへの興味の問題じゃない。よいモノとそうじゃないモノを見極める力、感覚の話だ。僕ら消費者にはそれが猛烈に欠けている。

で、少なくともトヨタは、そんな日本のユーザーを知り尽くしているんである。だからこそ「はい、コレ安くて可愛くていいでしょう?」と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新車心象風景:ホンダ・CR-V

Crv
決してダメということじゃないんである。

初代のコンパクトさやカジュアルな雰囲気はまったく残っていないので、こんなのはCR-Vじゃないとか、何でいまさら日本市場にという声はよく理解できる。何しろ身内には巨体化したシビックやアコードなんて例もあるし、他社でも似たような帰国子女案件は少なくないし。

ホンダとしては、マツダのCX-8やスバルのフォレスターあたりなら十分ライバルになり得ると判断したんだろうか。たしかに、おそらく大ヒットとは行かないまでも、このサイズの3列シートなら日本でもギリギリ「あり」なのかもしれない。

なので、そっちの話は取りあえずOKとして、個人的にはやっぱりデザインに?がある。

いや、クリッカーの記事に書いたとおり、全体の佇まい、遠目のスタンスはなかなかいいんである。フロントのボリューム感やリアの踏ん張りなど、ボディの座りがとてもいい。それこそフォレスターなんかに比べれば抜群の安定感だ。

僕が気になるのは、そのボディに載るディテールなんである。

まず、顔。ソリッドウイングと呼ばれるランプとグリルが一体になったこの表現は、たしかにホンダ車のキービジュアルとして機能しているけれど、そもそもこの表情に魅力を感じることが僕にはできない。ランプはモチーフ上どうしてもシャープになりがちだし、グリルは金属感が過剰で、これが全車に適応する素材とは思えない。どんなスタイルを提案してみても、この顔を載せてしまうと「あーまたこれか」となってしまう。

また、バンパー両端のスリットは、メーカーを問わずあまりに多くの車種が似たような処理をしていてもう食傷気味だ。デザイナー氏の話では空力処理の都合らしいけど、マツダが新しいCX-5で違ったアプローチを始めたように、もう少し発想の幅があり得るんじゃないか。[ ]型のスリットがあるだけで、個性が大幅に削られてしまう。

さらに、長く大きくなったリアランプはずい分と上の方に置かれ、どうも落ち着きがない。これはシャトルもほぼ同じカッコウで、もしかしたら最近のホンダの「好み」なのかもしれないけど、ボディの座りがいいだけに、この不安定感は実にもったいない。

ホンダは何年か前に「エキサイティングHデザイン!!!」を掲げ、妙に派手なスタイリングへ向かった。そこで生まれた厳つい顔や鋭いボディラインは、目立ちこそすれ、自動車デザインとしてはいささか幼稚に思われる。

一方、前回の東京モーターショウに出品されたアーバンEVコンセプトは、会場での話ではどうやら新しいディレクターの元で制作されたらしい。あまりに真逆な表現なのは、これまでの反動として、もしかしたらよりシンプルな路線に向かうのかもしれない。

CR-Vは、だから前体制の最後に近い商品なのかもしれない。そう思えば、この残念なホンダ顔も仕方がないところなんである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新車心象風景:ホンダ N-VAN

Nvan

ホンダらしさって何だろう、と考えたんである。

アクティやバモスがあったとはいえ、いよいよ本格的に商用市場に切り込むんだという強い意志は、ヒットブランドの「N」シリーズとしたことでも十分伝わるところだ。

とにかく、スタッフの熱が高い。デザインコラムのための取材でも、カタチの前に、このクルマの開発がどんな経緯で進んだのかの説明が、詳細な資料映像とともに延々と続く。

当初のパッケージング検証が非常に甘かったこと、そこから現場重視の姿勢に軌道修正したこと、ユーザーへの徹底したヒアリングを行ったこと、そしてその声をいかに取り込んだのか、等々。

デザイン部門でさえこれだから、エンジニアリング部門などえらいことになっているんだろうなと思う。ユーザー、たとえば職人さんの声は極めて具体的な要望であり指摘でもある。それはつまり「機能」として、聞けば聞くほどやることが見えてくる。

たぶん、スタッフ皆が同じ方向を向くことになって、いい流れができたんだと思う。で、やればやっただけ「自負」も生まれてくる。ここまでやり切ったゾ、というような。勢い、取材では「まずこの経緯を聞いてくれ」となる。これを聞いてもらわにゃ話にならないんだ、と。

使う人の立場にたった開発はホンダの源泉。その意味でN-VANはとてもホンダっぽい。けれども、だ。デザイン取材に出向いた僕としてはこうも思う。「何でこんなにN-BOXに似てるんだろう」「このエクステリア、そんなに機能を感じる?」「ぶっちゃけ、このカタチって新しい?」

ホンダには、常にパッケージからカタチを発想するという伝統があるらしい。ただ、それは「機能が高ければカタチは二の次」という意味じゃないだろう。実際、シビックやビート、ステップワゴンなど、かつての名車は優れたパッケージをより優れたスタイルで包み込んでいた。

N-VANは「スクエア」「しっかり」「フレンドリー」をデザインのキーワードに掲げた。ここに「新しさ」「斬新さ」はないけれど、もちろんそれは大前提での話ということじゃなかったか?

「我々はN-BOXに似ているとは思っていません」という回答の意図は理解できる。けれども、いや、だからこそN-VANには、ホンダらしいと手放しで評価できない少しの物足りなさを感じるんである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・シエンタ

20180911_01_02_s

意外に素直だったなあ、と思う。

シエンタについては発表時にここにも書いたけれど、当初から好感は持っていたんである。それは、久々にトヨタらしい佳作だったから。

つまり、とんでもなく革新的とか高級感があるとか、想像を超えた・・・みたいな話じゃなく、普通のユーザーのちょっとだけ先を行った「カッコよさ」と「先進性」を感じさせる巧みさがあったからなんである。

とくに、80年代から90年代初めにかけての商品展開はこの「巧さ」が光っていて、日産をはじめ他メーカーが右往左往する中、見事にニッポンのユーザーの中心部分を掴んだと。一方、カムリだクラウンだと抑制を欠いた攻撃スタイルに邁進する現在のトヨタの中にあって、シエンタのカジュアルさは肩の力の抜け具合が気持ちいい。

だから、マイナーチェンジではどうなっちゃうんだろうと若干心配だったんである。ヴィッツやカローラのマイナーチェンジのように、「これでもか」の大爆発方向だったら残念だなあと。ところが、これが意外にまともだった。

フロントランプから下るブラックパーツのラインは、もともと下端でグリルとつながっていたけど、ここを離したのが意外。初期型も他車のような無理やり感はまったくなく、逆にこれが
シエンタの特徴になっていたけれど、離してもそれ程のバランス欠如はなさそう。少なくとも、ここをもっと派手に、なんてことじゃなくてよかったと。

また、リアドア下のアクセントやリアパネルについては大きな変更はなく、そこもよかった。フロントの変更でそれなりの表情の変化は出せているので、無理にあちこちを変える必要はないので。

唯一「おや?」となったのが、ルーフとのツートンカラーだ。まあ、企画自体は流行だから仕方がないのかなと思うけれど、リアピラーで塗り分けをしたのはいかにも中途半端だ。2色であることをアピールしたいとか、あるいはピラーをブラックで伸びやかさを、なんて意向は分からなくもないけれど、ここはルーフ部分で収めるべきだったと思う。

とまあ、その程度の疑問というのは、最近のトヨタ車では本当に珍しいんである。よっぽど開発主査の狙いが明快なんだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新車心象風景:VW up! GTI

Img何かこう、ちゃんとやってるなあと思うんである。

今回は、ゴルフ、ポロとの”GTI・3兄弟”同時デビューというかたち。up!だけでもそれなりに商品性はあるものの、とくに新しいポロと合わせ技とすることで、購入意欲の喚起を段違いにしようかと。

それにしても、3兄弟として並べることにほとんど違和感がないのは大したもんだと思う。年々サイズが大きくなったり、ルポからup!へ名前が変わったりしているものの、それぞれの位置づけに変わりがないことが効いている。

だから、up!のGTIに対して「あんなのはGTIを名乗る資格がない」とか「ルポの後継とは認められない」なんて声はほとんど聞こえてこない。グリルの赤いラインやチェックのシートを用意しても「こんなの無理矢理だ」なんてことにはならない。いや、それどころか「初代ゴルフGTIの再来」という位置づけにも特段反論はない。

ひとつの車種をずっと作り続けることはもちろん、名前が変わってもVWとしてのDNAを意識させるなど、丁寧なクルマ作りによって「定番」を生むことができる。さらに、クルマだけでなくGTIというシリーズまでも継続できるんである。

たとえば、4代目のカローラに設定されたGTは「羊の皮を被った」的な人気を集めたけれど、ご存知のようにいつの間にかフェードアウトしてしまった。これはGTグレードへのこだわりはもちろん、クルマ作り自体もブレまくったが故の結果だろう。

仮に、新しいカローラスポーツのセダン版にGTの名前が復活しても、「あのGTが!」などと騒ぐのは一部のマニアだけで、フツーのユーザーにはほとんど響かないと思う。新型カムリの登場で、強引に80年代を持ち出して空振りしたのと一緒だ。

さて、up! GTI。初代ゴルフへのリスペクトと、210万円台という価格を実現するために3ドアのみとした戦略は見事に成功した。まあそれはいいとして、もし今後本国で用意されるようなら、より実用的な5ドアを期待したいところ。

それと、ボディカラー。この手のスポーツモデルは白・黒・赤と相場が決まっているんだけど、そういう固定概念は捨てて、それなりに待てばオプション数色を選べるといった対応が欲しい。そもそもup!は、ポップなボディーカラーが魅力のクルマなわけだし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新車心象風景:ダイハツ・トコット

Photoたぶん、これがクルマだと思うからいけないのかもしれない。

発表会では、若い女性開発チームの紹介がにぎやかに行われ、彼女たちの「本音」がしっかり落とし込まれていることが語られた。即ち、女性=カワイイという発想は男性目線による実に安易なものであり、私たちはそんな単純な感性を持っているワケじゃない。2018年を生きる若い女性は、もっとシンプルで自然体でいることを大切にしているのだと。

かつてミラ・ココアを手掛けたという男性チーフエンジニアは、最初は彼女たちの提案がなかなか理解できなかったけれど、丁寧な説明を聞くうちに最後には「なるほど」となったと嬉しそうに語った。

ウーン、何だろうそれは?

いや、その違いについては理解できる。チームがそうしたように、お洒落なセレクトショップだの流行のカフェに行けば「いま」の生活感や雰囲気がそこにある。それはミラ・ココアのぬいぐるみ的趣味じゃないことも分かるし、もっと言えば僕もそうした感覚は嫌いじゃない。

けれども、だからと言ってその程度の「違い」がクルマを作る動機やコンセプトになるのかと言えば、まったくそうは思わない。あえて言うけど、実にくだらない。

チーフデザイナー氏は、開発スタッフ間に「女性のための」という認識はなく、性差は意識しなかったと語った。つまり、今回は”初心者の若い女性”転じて、運転のしやすさや使いやすさという普遍的な基本性能を大切にしたのだと。

けれども、それは別段トコットに限定するような話じゃないし、今回優しいと自慢するパノラマモニターやUVカットガラス、シートヒーターやスマアシⅢなどはどの車種にも用意される既存の機能であって、逆の意味でトコットだけの話じゃない。

ま、どうこう言っても発表会では女性チームがズラッと並んで挨拶をしたんである。それで「若い女性のためじゃない」というのは無理がある。まずは若い女性にしっかりアピールし、誰にでも使いやすい云々はまあその次に加えておこうと。まる子ちゃんのTVCFがそうであるように。

その証拠か、自分らしさ云々を謳っておきながら、結局「スイートスタイル」だの「クールスタイル」だの、いかにもありがちな3パターンをメーカーが用意するのは、もはや悪い冗談とも言えるだろう。

で、個人的には、チームの女性たちに聞いてみたい。本格的に女性が企画に関わるとき、それがちょっと優しい色だのシンプルなカタチだの、あるいは便利な収納を備えた安普請のクルマでいいのか? あなたたちの感性やら主張というのは、「カワイイ」の中身のわずかな違いを訴える程度なのかと。

まあ、これがクルマではなく、それこそセレクトショップで売られる500円の雑貨ならいいのかもしれないけれど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧