新車心象風景:VW・ポロ

Img本当に、モデルチェンジは難しいものだと思うんである。

新しいポロのモデルチェンジに、何か間違いがあるわけじゃない。昨今の流れに沿って「長く、広く、低く」な変更もきっと正解なんだろう。さらに、プラットホームはVWの最新版となったそうで、まさに盤石の進化なんである。

けれども、日本市場ではどうしても5ナンバーの話は出るわけで、メディアでは、新型の情報が入ると「いまのうちに現行車を買っておいた方が」「駆け込み需要がおこっているらしい」なんて記事があちこちで見られたんである。

で、僕も先代に好印象を持っていた一方、新しいポロにピンと来るものはない。ただ、それは単に3ナンバーになってしまった、幅が1700ミリを越えてしまったということじゃあない。それを含めて、全体の佇まいが変わってしまったからだ。

先代は、5ナンバーサイズの中で、コンパクトさに加え、合理的なパッケージングと堅実さを追求したスタイリングだった。だから、過度にワイド感を演出するようなこともなく、端正なフロントランプや正方形に近いリアランプは適度な縦横感を生んでいた。

クルマには、そうした3サイズの絶妙なバランスによって生まれるクオリティ感があると僕は思っている。質感を感じる佇まいと言ってもいい。豪華さ云々とは異なる、もっと本質的な質感だ。先代にはそれが確実にあった。前方から走って来ると「お、あれは?」と思わせる独自のシルエットが。

新型にはそれがない。変更されたサイズどおり、低くワイド感を強調したボディにポロとしての個性はなく、単にひとまわり小さいゴルフになってしまった。意図不明の波形のアクセントが入ったフロントランプはトロンとしていて、ボディ全体をよりボンヤリさせる。

もちろん、高いプレス技術を訴えるキャラクターラインをはじめとした作りの良さは一目瞭然。カラーパネルを使ったインテリアも含めて、もはや「大衆車」の次元じゃない。コンパクトクラスでも手を抜かない姿勢に、いまのVWの勢いを感じる。

けれども、それは先のようにクルマ全体の佇まいを左右させるものじゃあない。小さなゴルフ感こそ増すけれど、個性を磨いたりはしない。

豪華にはなったけれど「らしさ」が消えたというモデルチェンジは少なくない。その「らしさ」の内容は様々だろうけど、ポロについては、3サイズが醸し出すコンパクトカーの質感と佇まいだった。だから、やっぱりモデルチェンジは難しいんである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新車心象風景:ボルボ・XC40

Photo_2XC40は、久々に感心してしまったスタイルなんである。

コンセプトカーとして「40.1」と「40.2」が発表されたときに、このブログで「これは期待できる」と書いた記憶があるけれど、ほぼそのままの姿で出てきたわけだから、感心するのは当然ということかと。

ボルボスタイルを統括する新しいデザイントップが元VWグループ、とりわけシュコダで腕を振るっていたと聞けば、なるほど新90シリーズ以降のシンプル路線も腑に落ちる。もともと堅実なデザインを貫いていたボルボだけど、そこに磨きをかけ、さらにVWとは異なる種類の上質感を与えたのが上手い。

勘違いをして欲しくないのは、XC40が昨今珍しい、懐かしの直線基調だからいい、という話じゃないことだ。直線、曲線の話じゃなく、あくまでもまとまりの問題なんである。デザインのテーマが全身に行き渡っていて、破綻がないのはもちろん、表現したかったであろう意図が瞬時に理解できる。そのアプローチには無駄がない。

先のコラムで、新しいトヨタのRAV4やスバルのフォレスターのことを散々に書いたけれど、あれもこれもと盛ったり、おかしなラインを引いてテーマがボケまくっているところで、「これが当社のデザインフィロソフィだ」と声高にアピールすることが、いかに稚拙かということがよく分かるだろう。

さらに上手いのが、90、60、40と、単に大きさだけを変えるのではなく、それぞれに違ったテーマを持ち、その上で共通のイメージを持たせているところだろう。カジュアルなスニーカーをイメージするXC40は軽やかだけど、トータルなシルエットはXC60に極めて近い。近いけれど別の個性がある。

その点では、たとえばドイツプレミアムやフランス勢も、しっかり丁寧に作り込んではいるものの、いまひとつ明快な個性が打ち出せていない中、XC40のインパクトは大きかったと思う。だから、欧州イヤーカー受賞も順当なところだ。

個人的には、「40.2」ことS40(仮)により興味がある。流行のコンパクトSUVが各メーカーで個性を競い合っている中、いまセダンには新しい提案はほとんど見られない。そこにXC40級の風が吹くとしたら、間違いなく面白い展開になるだろうから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新車心象風景:40年ぶりのモデルチェンジって?

PhotoアルピーヌA110とメルセデス・ベンツGクラス。もちろん、写真を見てのスタイル雑感だけど、両者約40年ぶりのモデルチェンジが対照的で興味深いんである。

マツダ、ルノーと経験を積んだ日本人デザイナーによる新型A110は、特徴的なフロント4灯と鮮やかなブルーのボディを筆頭に、初代のイメージが色濃く継承されたスタイルだ。ただし、そういうアイコンを除けば、新型はいかにもイマドキのスポーティクーペな佇まいでもある。

一方のGクラスは、事前に異例のキープスタイリングという話は聞いていたけれど、ディテールも含めて想像以上に「そのまま」の格好となった。たとえば、Aピラー下の分割ラインやサイドモールなど、そこまでやるか?の徹底ぶりだ。

で、今回のモデルチェンジについて言えば、個人的にGクラスの方がすんなり飲み込めた。それは、単にどっちが先代に近いかといった話じゃなく、スタイリングへの取り組み方の問題として。

端的に言って、アルピーヌの新型は中途半端に見えてしまう。もちろん、初代を強く意識すること自体はいいとして、しかし、それを越える「新しさ」が見当たらない。

Gデザイナー以下スタッフは、「復活」ではなく、A110がそのまま継続されていたらと考えたらしいけれど、だとしたら、これはかなり漫然としたモデルチェンジだとしか思えないんである。

たとえば、リア下がりのボディは初代の特徴とはいえ、40年もの時の流れの中で、そのまま「なぞる」必要が本当にあったのか。逆に、ロアグリルやリアランプなどの細部は、安易にイマ風な表現に走っていないか?

復活だろうが継続だろうが、新型である以上先代を越えた「何か」があって然るべきで、偉大な初代に向かうのであればなおのことだろう。仮に、基本スタイルを変えても、美しさや新しさが備わっていれば、新時代のA110としての説得力を持つ筈だ。

分かりやすい話、この新型が40年後に初代のような魅力を放っているのか? 少なくとも僕は懐疑的だ。そこまで追い込んで考えたというより、初代をアップデートする快感に走ってしまった気がする。

その点、Gクラスは「変えない」という判断がシンプルだ。もちろん、新型としてパネルの面質に磨きをかけるなどの進化はあるし、一方で、常に目や手に触れる内装は完全リニューアルし、新世代感を出したのも巧い。つまり、この判断は決して「後ろ向き」じゃないと。

A4判系雑誌では、アルファの新型同様例によってA110も絶賛で、中には「新たな伝説が生まれる!」なんていうのもあったりする。マニアらしい高揚感は理解できるけど、だから僕にはまったく賛同できないんである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ アルファード・ベルファイア

Photoうーん、言葉もないといった感じだろうか。

標準に対してのカスタムバージョンはいまやすっかり定着して、軽をはじめとするミニバンでは必須の商品展開だ。

僕はこのカスタム版をコラムで扱うとき、これを好んで買うユーザー側の残念な感性についてを書いてきた。日本に浸透するヤンキー文化が、標準車よりカスタムを人気にするような市場を作ると。

売れるから作るのか、作るから売れるのか。すでにどちらとも言える状況だけど、しかし、マイナーチェンジされたアルファードとベルファイアは、明らかにトヨタの暴走なんである。

Lクラスミニバンとして、もともと異様にデカい顔。これをキャンバスと考えれば何だって描ける。じゃあということで、デザイナーが好き放題描いた結果、何と2車ともがカスタムになってしまった。

それにしても、ランプから下る数十センチものモールや、バンパー両端の巨大なインテーク枠など、長大なメッキパーツをスケッチしたそのデザイナーや主査は、いったいどういう心持ちだったんだろう。

日本トップ企業の商品としての品格欠如、多くの台数が街を走ることでの風景破壊、なんて認識はたぶんない。それより「ここまでやっちゃえば皆驚くぞ」「ドカンと売れるぞ」といったところか。

売れることが正義か否かはともかく、組織力、開発力、調査力等々について「やっぱりトヨタはすごい」と常々評される。この巨大企業が持つポテンシャルについて、僕も否定するつもりはない。

けれども、自国市場への商品展開を見たとき、果たして見識や良心、あるいは感性に手放しの評価ができるかといえば、それは決してない。2018年を迎えたいまでさえ「売れればいい」という魂胆が見え隠れする。

少なくとも僕は、このアルファードとベルファイアを見せられれば、トヨタはもうJPN TAXIとセンチュリーだけ作っていればいいんじゃないか、と思うんである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新車心象風景:アルファロメオ・ジュリア

Photoどうも、いまひとつピンとこないんである。

ジュリアの国内発表がメディアで取り上げられている。多少の違いはあれどその扱いはどこも熱く、とりわけA4判エンスー系雑誌ではご丁寧に「お待たせしました!」なんて表現もあったりする。

みなさん、そんなにアルファを待っていたとは。

前にも書いたことがあるけど、クルマ好き=ポルシェ好き、アルファ好きという、半ば公式めいた話は一体どこから来るのか、常々不思議に思っているんである。

いや、もちろん輝かしい歴史や伝統を持つメーカーではあるけれど、それは他のメーカーにも多かれ少なかれあるわけだし、必ずしも皆がスポーティさを求めているわけじゃないだろう。

そもそもこのジュリア、スタイルの初見からして拍子抜けだった。何せ、どう見ても近年のBMWそっくりだし、全体のキレもない。伝家の宝刀、盾型グリルをもってしてもほとんど個性を感じない。

ある老舗雑誌では「最初はアレ?と思ったけど、じっくり見ているうちによさがわかってきた」なんて記事も。何でそこまで頑張って肯定しないといけないのか、もはや滑稽でもある。

そして、このクルマから新世代ラインナップを揃えるというアルファだけど、その狙いがどこにあるのか、少なくともこのジュリアから想像するのは難しい。

たとえばフェラーリ由来のエンジンは、F1譲りの最新ハイブリッドシステムを持っているわけじゃないし、レースマシンのような超軽量化も見られない。ミッションや足まわりにも特段新提案は見あたらないし、デザインもしかり。

いや、それじゃダメだということじゃなく、少なくとも大々的に絶賛する必然性が感じられないということだ。もちろん、いまさらFR云々ということでもないだろうし。

こうした露骨な贔屓目はフェラーリやシトロエンなんかでも垣間見られるけれど、書く方も読む方も「お約束」で盛り上がる様は、奇妙と言うよりもはや空々しくもある。

ところで、アルファは今後数年で7、8車種を投入するそうだけど、じゃあ、そこでどんな展開をすれば本当の「いいね」を獲得できるだろう? 僕個人としては、最新技術はもとより、より幅広いユーザーを意識した実用重視のラインナップが面白いと思う。

ジュリアと発表済みの大型SUVを別とすれば、対VWポロクラスの5ドアハッチ、アウディQ2クラスSUV、メルセデスCLA~Cクラスのセダンとワゴン、ミニ対応のプレミアムコンパクト、ロードスターRFベースのオープンなど、相当な王道で。

つまり、ミト、ジュリエッタ、4Cのように散らかった感じじゃなく、圧倒的に魅力のあるスタイルや走りを、ごくふつうの車型に投下すると。で、そこに一本軸のとおった独自のコンセプトを明快に打ち出す。

そうすれば、新世代としての評価自体はもちろん、それを多くのユーザーから得られると思うんだけど、どうだろう? いや、それこそコアなファンは、そんな展開を望んでないと思うけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新車心象風景:ホンダN-BOX、ステップワゴン

Photoそれはまあ、次元の低い話ではあるんだけど。

N-BOXヒットの要因は、トールワゴン後発組による使い勝手のよさに加え、カッチリと一種の威圧感を持つボディが、とりわけ女性に人気だったとも聞く。

ところが、新型は一転乗用車感を強く意識し、より上質な方向に若干のシフトをしたんである。威圧感とともに、初代特有の道具感まで薄まってしまったけれど、そこは豊かな面でカバーすると。

コンセプトカー「EV-STER」を手がけた担当デザイナーは、デザインはできるだけシンプルにしたい、ムダな主張はするべきでないと直球な考え。だから、新しいN-BOXでも、カスタムの表情には相当苦心したんだそう。

で、発売1ヶ月の受注は5万2千台と絶好調。もちろん、初代の流通数を考えればスタート時点での判断は危険だけど、いきなりの買い控えはなかった。仮に標準車の割合が先代と同じなら、ひとまずデザイナーの意図が伝わったといえるところだ。

4170928astepwgn_011h一方、ステップワゴンのスパーダは、初期の想いが届かなかった格好なんでる。

現行のステップワゴンは、できるだけプレーンなボディを目指したいというデザイナーの意向が反映されたもの。標準ボディはもちろん、それはカスタムにも徹底され、メッキグリルとは異なる表情にトライした。

けれども、これが不評だったらしい。というか、有名評論家までもが「ステップワゴンは小さく見えるデザインがダメ」などと書く有り様。ハイブリッドなど、エンジン選択のミスも相まって販売が伸び悩んでしまった。

これを失敗と判断したホンダは、スパーダをいまどきのギラギラ方向にシフト。ただ、それでもライバルのカスタム系に比べると、メッキの面積を最小限に止めたいというデザイナーの意志が見られ、最後まで抵抗したことが伺える。

ホンダは、かつてもエリシオンで同じ経験があるけれど、日本市場の残念なヤンキー嗜好に加え、評論家までがこれを後追い肯定する状況に、いまでも次元の低い格闘が続いているみたいだ。

「こんな下品なデザインは絶対イヤだけど、仕事だから仕方ない」なんていうデザイナーは、果たして日本以外のメーカーにもいるんだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・カムリ

Photoいろいろな部分でズレている感じがするんである。

まず、大のオトナが妙に舞い上がった発表会の雰囲気からしておかしかった。いや、いいクルマができたという自負は歓迎するけれど、開発主査が前のめりで「がんばりました!」と声を高める姿に、冒頭いきなり引いたわけだ。

そこに「ビューティフル・モンスター」である。耳を疑ったというか、聞いているこっちが恥ずかしい具合だ。発案は代理店なのか宣伝部なのか知らないけれど、止める勇気を持った人間はいなかったのか?

さらに、アンバサダーのテリー伊藤氏と続く。そもそも80年代の元気のよさ云々の安易なコンセプトが疑問だけど、そこでテリー氏という時代錯誤な選択が、まるで凋落のフジテレビを見るようでとても残念。

トドメが「理屈抜きにカッコいいスタイル」。プロダクトデザインの花形として、徹底したコンセプト作りから始めるはずの自動車デザインに対し、作り手自身が「理屈抜き」と言い放つことが、一体どういうことか分かっているんだろうか?

発表会では、デザイン部に訪れた章男社長が候補案を見て「この中でいちばんカムリらしくないのを選べばいいんだよね?」などと発したことが誇らしげに語られる始末。え、クルマのデザインってそういう次元の話なの?

新しいカムリは、車台からすべて新設計で望める貴重な機会だったそう。けれども、ゼロから始められる状況でこそ、本来の実力やセンスが問われる。何でもできるからこそ、その仕事内容が注視される。

TNGA思想による走りの性能はともかく、勢い余ってズレまくったコンセプトや、ラインが交錯する煩雑なスタイルが、どうやらその回答らしい。この途方もない軽さは一体どこから来るんだろう?

これでもって「セダンの復権」などと構えるのは、中身のない大口を連発するどこかの政権みたいで、実に虚しいんである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新車心象風景:ダイハツ・ミライース

Photoミラ イースって何だっけ?という話なんである。

そもそもは、2009年の東京ショーに出品されたコンセプトカーの「e:S」が、なぜかその原形を留めないカタチでデビューしたあたりからズレが始まった気がする。

乾いた雑巾を絞るような効率化と簡素化を推し進めるコンセプトながら、意外なほどオーソドックスなスタイルで登場した初代は、たしかに安くて燃費がいいけれど、サイズを含め特別感がまったくない不思議なクルマになったんである。

で、新型は基本、その初代のブラッシュアップ版だ。妙に評判のいいスタイルは、なるほどエッジを利かせたシャープなものだけど、基本形は初代そのもの。パネルの質感云々よりも、まずなぜこのカタチなのか、なぜこのサイズが疑問だ。

さらに、あまりに簡素過ぎるという先代ユーザーの声に応え、コストぎりぎりで頑張ったインテリアが逆に「貧相な豪華さ」を招き、あれ、ミラ イースってこういうのだっけ?の思いを加速させいる。

一方、変わらなかった燃費値については、不毛な燃費競争から下りた、実を取ったなどこれまた絶賛状況だけど、そういう諸々を勘案すれば「だったらミラでいいんじゃないの?」と思えてくるんである。

もちろん、そうなればダイハツ自慢のイーステクノロジーって何だっけ? 第3のエコカーって? ともなるわけで、初代からのズレがここでますます広がっていく感じだ。

あちこち欠点・弱点潰しをやっているうちに、そもそもの商品テーマがぼんやりするのはよくある話。しかも、ミラ イースは初代からぼんやりしていたから尚更なんである。

発表会では、いかにエンジニアが工夫を重ね、デザイナーはいかに細部にまでこだわったのかが語られていた。それは本当なんだろうけど、しかし、そういうことじゃないことに、もうそろそろ気付くべきなんじゃないかと思うんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・C-HR

Photo_2いつまでこういう感じなのかなあ、と思うんである。

B5判雑誌では、クルマ好きプロデューサーのテリー伊藤氏が大絶賛だ。こんな素晴らしいクルマを作ってしまったら、他のメーカーは青ざめるしかないとまで言い切るほどに。

もちろん、メディア自身も絶賛。章男社長の「もっといい、ワオ!なクルマを」を代弁するかのように、あの退屈なトヨタがここまで変わった!という方向の話だ。いや、実際に販売も好調らしいし。

で、僕自身はまったくピンと来ない。カッコいいか悪いかというより、もっと根本的なところからダメな感じだ。

いまやすっかり定着したコンパクトSUV、もっと言えば個性的SUVブームの火付け役は、たぶん日産のジュークだろう。相当にぶっ飛んだ格好のニューカマーは、欧州で大ブレイクしたのに続き、意外に日本市場でもウケた。

次いでホンダが投入したヴェゼルは、ジュークほどではないにしろ、ボディに特徴的なラインを走らせた個性派ボディで、周到に用意したハイブリッド版とともに、これまたヒットとなっている。

そうしてトヨタの出番だ。少なくともタイミング的には、例によって今回も後出しジャンケン。美味しい市場ができたし、さあそろそろ一丁乗り出そうかと。しかも、ここは個性派SUV市場。とにかく目立ってナンボだ、と。

C-HRは、その「目立とう精神」そのものの勢いで作った感じが如実に表れていて、どうもそこがいけない。つまり、従来にはない新しいクルマの造形を生み出すというよりは、表面上の注目度に主眼を置いた発想ということだ。

もっと言えば、ボディにどれだけ目立つ盛り付けができるのかに注力した感じ。セクシーダイアモンドを語るドア面も、やたらにエグったホイールアーチ周りも、流行のピラー内ドアハンドルも、そしてDピラーを抜いたグラフィックも。

たしかに、全体として破綻は感じられないけれど、それは、逆に言うとシルエット自体は何の変哲もないSUVルックであることの証で、クルマのデザイン文法そのものをひっくり返したジュークとは比べるべくもないんである。

だから、これをカッコいいと思うユーザーがいるのはいいとしても、プロである評論家やメディアが絶賛するのはいかがなものかと思うし、ましてやこれでトヨタが変わったなどとは片腹痛い。僕に言わせれば、もう何年も前の初代RAV4の方が、よほどコンパクトSUVとしての先進性を感じる。

カローラやカムリ、SAIなど、売れない車種に対する強引な整形は、まあ緊急避難的に割り切った仕事なんだと僕は思っていた。けれども、こうしてニューカマーまでもが似たような「勢い」で登場すると、これはちょっと、と思うわけだ。

「C-HR、カッチョいいー」という次元での話がメディアで展開されるような状況は、一体いつになったら終わるんだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新車心象風景:マツダ・CX-5

Photoいまのマツダを語るのは、ちょっと難しいと思う。

スカイアクティブと魂動という印象的なコンセプトを前面に出し、全車種を統一させたイメージでまとめる。エンジンをはじめとした機能類は、やはり全車でアップデートを欠かさず、常に仕様変更で対応する。

統一したスタイリングはブレがなく、こちらも常に進化を絶やさことなく魂動そのものを成長させる。同時に、インテリアもまた全車同方向の考え方でまとめ、群を抜く質感をも与える。

つまり、商品作りの姿勢が真摯で、ブレも迷いもなく、自らの信じた方針を貫いている。そして、肝心なのは、それら一連のクルマ作りが世界で評価されているという事実なんである。

そうして2周目に入った新しいCXー5が、若さから大人にコンセプトを進め、目に見えるクオリティアップに力を注いだことに、日本メーカーとして敬意を表さないわけには行かない。

じゃあ、何が難しいのかといえば、実はその魂動の中身自体なのかもしれない。

それ以前のプロミネンス・フェンダーを部分的に引き継ぎ、パワーを溜めたフロントフェンダーからリアに向けてラインを引く。リアは、これも後輪に重心をのせるべく後ろからラインが引かれる。この基本的な造形の話だ。

僕は、たとえば新しいCXー5を美しいと思うし、商品としての価値や魅力も感じている。けれども、このデザインに全面的に賛成かと言えば、実はそうでもないんである。

いや、もちろん僕個人の好き嫌いの話じゃなく、この基本造形は実のところ結構に個性的だという話だ。あるいは、クセが強いと言ってもいいかもしれない。

新型のデザイナー氏は今回、「引き算のデザイン」としてよりシンプルな造形を目指したと言うけれど、マツダという中規模メーカーが全車でスタイルを統一しようとするとき、そもそもより普遍性を感じる基本形を持っていることが望ましかったと僕は思っている。

たとえば、現行アテンザには躍動感があっていいなと思いつつ、質感云々を別にすれば、初代の清々しさの方に可能性を感じるといった具合に。

だから、仮に新世代商品群のスタートを切る先代はそれなりに特徴を持たせる必要があったとしても、2代目以降は必ずしも同じ文法でなくてよかったのでは?と思ったりする。

新しいCXー5が、より整理されたラインと面を持っているのが分かってはいるけれど、しかしそもそもの造形テーマとしてどうだったのかなと。

いまのマツダを語るのが難しいというのは、まあそういうことなんである。いや、まったくもって贅沢な注文ということは重々分かってはいるけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧