雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車が掲載になりました

Gtv_02

ネオ・クラシックカーのグッドデザインコラム、輸入車編が掲載になりました。

28回目の今回は、アルファロメオのGTV/スパイダーです。

スタイリングはご存知ピニンファリーナ時代のエンリコ・フミア氏です。今回いろいろ調べてみると、本文にある1986年のコンセプトカーの他、フミア氏による「クォーツ」なる試作車からフロントのテーマを持ってきた、なんて話もありましたね。

164の端正さや、イプシロンの前衛的表現など、方向性はまったく異なるものの、各車でテーマがしっかり決まってるのが素晴らしいなあと思います。発想の引き出しが多いということですね。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

  https://clicccar.com/2020/04/04/966729/

| | コメント (1)

雑誌記事:新型ヤリスのデザインコラム掲載です

_02_20200331215901

トヨタの新型ヤリスのデザインコラムが掲載になりました。

本当はフィットなどと同様、デザイナー・インタビューとしたかったのですが、ジャーナリスト向け試乗会の中止など、今回はライターとして取材の機会がなく、あくまでも個人としてのコラムとしました。

一応「デザインの検証」とはしていますが、それほどカッコいいものではなく、ここでの「新車心象風景」を柔らかい表現でまとめた感じですね。それにしても、このヤリスは取材したかったですねえ・・・。

(クリッカーコラム)

https://clicccar.com/2020/03/31/965721/ 

| | コメント (2)

雑誌記事:ネオクラシックカーデザインコラム、輸入車編の掲載です

_02_20200330181301

ネオ・クラシックカー・グッドデザインコラムの輸入車編が掲載になりました。

27回目の今回はVWのコラードです。

当初は2代目のシロッコもいいなと思ったのですが、80年代にしては若干の中途半端さを感じたので、ここは90年代のコラードとしました。

当時はVWもスポーツカーを作りたいんだなあ、などと思いながら見ていましたが、今回改めて資料を見ると、単にスポーティなクルマということじゃなく、VWブランドでの上級車を作りたかったようですね。なるほど、外装の仕上げはもちろん、内装の作り込みがいいのが分かります。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2020/03/30/965584/ 

| | コメント (3)

雑誌記事:ホンダ、新型フィットのデザイナー・インタビューです

Fit_02

ホンダの新型フィット、デザイナー・インタビューが掲載になりました。

新しいフィットについては、昨年の東京モーターショー会場でも少し話を聞いたのですが、今回は発売に合わせ、あらためてじっくり話を聞いた次第です。

「Honda e」や新型「N-WGN」についで、ホンダの新しい路線がハッキリ出たデザインです。インタビューの中では「原点に返った」というコメントになっていますが、まあ簡単に言えばデザインの責任者が交代になったとうことですね。AXISなど、一部のメディアではすでに露出されていますが、新しいデザイン部長さんは初代フィットを手掛けた方とか。

もちろん、新型にはちゃんとキースケッチを描いたチーフがいるのですが、トップが変わるとこうも如実に方向転換するのかと思いますね。まあ、考えてみればトヨタにも逆の意味で同じことが言えるのですが。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2020/03/27/964936/ 

| | コメント (3)

雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車編の掲載です

Punto_02

ネオ・クラシックカー、グッドデザインコラム輸入車編が掲載になりました。

26回目の今回は、フィアットの初代プントです。

すでに掲載したウーノの後継に当たるクルマですが、ジウジアーロによるスタイリングは、ウーノの80年代からしっかり90年代へ進化しているところがすごいですね。とにかくグッドバランス、グッドプロポーションで、新しいのに自然な佇まいなんですよね。べつにイタルデザインを過大評価するわけではないですが、パッとしなかった2代目を見ればあまり説明は要らないかもしれません。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

  https://clicccar.com/2020/03/23/964103/

| | コメント (0)

雑誌記事:デザイナー・インタビューの掲載です

_02_20200319224501

久々のデザイナー・インタビューが掲載になりました。

今回は先日発表されたばかりの日産、新型ルークスです。

本当はいつものように試乗会で取材か・・・と思っていたのですが、今般の状況で個別の取材対応ということになりました。場所は厚木のテクニカルセンターですが、ここはライターを始めた頃一度行ったことがあっただけで、たぶん20年ぶりくらいじゃないかと思います。懐かしかったですね。

定番の軽タイプのスーパートールワゴンということで、あまり細部がどうのこうのというよりは、もっと全体的な話を聞こうかということで臨みましたが、デザイナーの方がいい意味でラフな方だったので、なかなか面白い話が聞けたなあと思います。もちろん、ルークスのデザインの良し悪しとは話が別ですが・・・。

このところコンパクトカーのモデルチェンジが続いていますが、どうやらヤリスの試乗会も縮小されてしまったみたいだし、なかなか弱小ライターにはキツイ状況です。まあ、工場の操業を止めてるメーカーはもっと大変なわけですけど。

それでは、下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

  https://clicccar.com/2020/03/19/963485/

| | コメント (4)

雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車編の掲載です

306_02

ネオ・クラシックカーデザインコラムの輸入車編が掲載になりました。

25回目の今回は、プジョー306です。

205や405で一時代を作ったプジョーですが、そのいい流れはこの306とそれに続く406まで続いていました。206という例外を除くと、一旦ここで「らしさ」が終わったような気がします。とくに初期型のフロンフェイスは端正でよかった。

エクステリアは一見何ていうことのないハッチバックですが、106に比べると随分曲線が入った繊細な面が特徴ですね。306にはセダンやワゴンもありますが、とくにワゴンは特徴的なリアビューで、いかにも時代の境目を感じるものでした。そういえば、ずいぶん昔、職場で同じFFジェミニに乗っている方がいましたが、その方が乗り換えたのがこの306でしたね。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

  https://clicccar.com/2020/03/16/962537/

| | コメント (2)

雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車編の掲載です

M1_01

ネオ・クラシックカーグッドデザインコラム、輸入車編の掲載です。

24回目の今回は、BMWのM1です。

一応このコラムは80~90年代と銘打っているのですが、M1は1978年発表なんですね。なので最初は迷ったんですけど、まあ81年まで生産されていたし、このクルマに触れないのももったいないなあ・・・ということで掲載しました。

このM1、生産には紆余曲折があって、イタルデザインでもスタイリングだけではなく、FRPボディの成型や塗装まで担当したそうですね。しかも難産だったうえにほとんどレースでも活躍する機会がなかったという、なかなか悲運なクルマです。それにしても、70年代でこのスタイリングはスゴイなあと思います。前後バンパーあたりには数年後のピアッツァの予兆ともいえる雰囲気が見て取れたりもしますね。

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

  https://clicccar.com/2020/03/06/959268/

| | コメント (2)

雑誌記事:輸入車版ネオ・クラシックカーのデザインコラム掲載です

Xm_02

ネオ・クラシックカーのグッドデザインコラムが掲載になりました。

23回目の今回はシトロエンXMです。

BXに続いてベルトーネのスタイリングですが、開発時には自社も含めて4チームもコンペに参加していたそうですね。しかも、同じベルトーネといっても、チーフデザイナーは変わっていたりとなかなか複雑です。ついでに言うと、インテリアはベルトーネじゃないんですね。

シトロエンはいまでも個性を追求しているし、DSブランドなるものもできましたが、ディテールや装飾ではなく、ボディ全体でちゃんとした個性を持っていたのはこの頃までのような気がします。それはどうしてなのか? 単に才能の問題なのでしょうか?

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2020/03/02/958091/?post_date=20200302081106 

| | コメント (0)

雑誌記事:ネオ・クラシックカーデザインコラム輸入車版の掲載です

124_02

ネオ・クラシックカーのグッドデザインコラム、輸入車編が掲載になりました。

22回目の今回は、メルセデス・ベンツのミディアム・クラス(W124)です。

個人的には190シリーズのコンパクトさに惹かれますが、この124も絶妙なサイズ感ではありますね。それと、今回もう一度よく見直してみて、190に比べて面の質感がこんなに進化していたんだと再認識しました。いわゆるサッコプレートが付いた後期型も高級感が上がっていいですが、初期型の素材色バンパーやモールもいい雰囲気だと思います。

自動車評論家が愛車にしていたり、雑誌の長期リポート車になっていたりと、いまだ絶大な人気のあるクルマですが、あまりデザインで語られないのはチョット寂しいですね。

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2020/02/25/956805/

| | コメント (2)

より以前の記事一覧