雑誌記事:ショートコラムが掲載されました

Photo自動車専門サイト「クリッカー」でのショートコラムが掲載になりました。

ネオクラシックカーのデザインを振り返る企画。第5回目の今回は日産の初代セフィーロです。

 日産というと、トラッドサニーを代表としたカクカクデザインがイメージに強いですが、一方で独自の欧州指向が以前から見え隠れしていました。この時期は、それが最大限に表現されていた時期かもしれません。

 デザインは時代とともに変化するものですが、いまの日産のデザイナーさん達は、この頃のスタイルをどう評価しているのでしょうか? もちろん、単に昔に戻るような発想は禁物ですが、表面上の話ではない、大切な何かがあったのは間違いないと思えます。

 それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

 (クリッカー)

  https://clicccar.com/2017/07/15/492065/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:ショートコラムが掲載されました

Rav4自動車専門サイト「クリッカー」のショートコラムが掲載されました。

先日始めた、ネオ・クラシックカーのグッドデザインを振り返るシリーズ。4回目の今回はトヨタの初代RAV4です。

トヨタほどの車種があると、皆さんそれぞれのグッドデザインがあるかと思うのですが、ここは個人的な意見としてこのクルマを最初にしました。

日産ジューク以降、各社が個性的なコンパクトSUVを投入し、それこそトヨタのC-HRでもってその競争がピークに達した感があります。でも、25年も前にもっと伸びやかで自由なスタイルのSUVを作っていたというのが面白いところですね。

僕はとにかくこのカジュアルな、いい意味での軽さが魅力的だと感じています。もちろん、いまでも旧さを感じないのはまとまりのよさ故です。実は昔から乗っていて、最近になってもわざわざ初代の中古を購入した友人がいるのですが、その気持ちも分かります。

切り抜き用の写真の加工が間に合わず大変お恥ずかしいところですが、よろしければ下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/06/21/481921/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:ショートコラムが掲載されました

Photo自動車専門サイト「クリッカー」のショートコラムが掲載となりました。

記事はネオ・クラシックのグッドデザインを振り返るシリーズで、第3回目の今回は6代目の三菱・ギャランです。

ギャランといえば、個人的には4代目のクリーンなボディも好きなのですが、シリーズとしてはこちらの方が時代的にマッチしているとしました。

6代目の筋肉質ボディは、三菱としてかなり突然変異的なものでしたが、やはりあれこれ試行錯誤の後の回答だったようですね。

この造形はミラージュやディアマンテにも採用されましたが、特異なものだけに、その後の「継続」という点ではかなり難しい素材だったのではないでしょうか。

2015に販売終了したギャラン・フォルティスはよりシャープなボディでしたが、それでも全体に漂う凝縮感は当時の影響が残っていたように感じますね。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/06/05/477210/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:ショートコラム、掲載されました

Photo自動車専門サイト「クリッカー」にショート・コラムが掲載されました。

記事は、先日始めたネオ・クラシックカー・グッドデザイン企画の2回目です。今回はホンダのクイント・インテグラを取り上げました。

どのメーカーにも「乗っている」時期というものがありますけど、80年代中盤からのホンダがまさにそうだったと僕は思っています。インテグラはまさにそんな時に発表された1台です。

当時「ホンダはバタ臭い」という表現がよく使われていて、それはもっぱらアメリカ的という趣旨でした。でも、個人的に当時のホンダ車には欧州の香りを感じていて、どこか違和感を抱いていた記憶があります。そんな思いを記事にしてみました。

今後取り上げるクルマはますます僕個人の尺度が入ってきますが、よろしければお付き合いいただければと思います。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/05/21/474069/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:新コラム始めました

Photo自動車専門サイト「クリッカー」で、新しいコラムを始めました。

内容は、80~90年代のいわゆるネオ・クラシックな日本車から、僕がグッドデザインだと思うクルマをちょっと振り返るというものです。

これまでは取材記事として、同サイトとしては結構書き込んだものでしたが、編集長さんより、取材以外でもう少し軽く短めの記事をやってみてほしい・・・との提案があり、じゃあこんな内容はどうかなと思った次第です。

初回はユーノス500としました。これは僕の独断というより、クルマ好きの間では評価が固まっているところですね。次回以降は次第に独断になるかも?です。

もちろん、いままでの取材記事も継続してゆきたいと思っています。

それではお時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/05/13/471947/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雑誌記事:短いコラムの掲載です

Photo自動車サイト「クリッカー」への記事が掲載されました。

今回は、ルノーの現行メガーヌ最後のスポール仕様である、273シリーズについて。

といっても、いつものインタビュー記事ではなく、とても短いコラムです。実は先日のスバルXV発表会の後、273シリーズの撮影会に行く機会があり、じゃあ1本書こうかと。

「クリッカー」は、どちらかというと僕のような前後編のインタビュー記事はほとんどなく、大半が「小ネタ」に近い短文の記事です。僕のような新車時だけのインタビュー記事では、当然記事本数も少なくなってしまい、そのあたり編集部の意向もあって、今後はその「小ネタ」記事も増やして行くこととなりました。

いつものデザインとは関係ありませんし、アッという間に終わってしまいますが、よろしければご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

http://clicccar.com/2017/04/12/462449/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:CX-5コラム、後編掲載されました

自動車サイト「クリッカー」の不定期コラム。

マツダ、新型CX-5デザイン・インタビュー、後編が掲載になりました。

(クリッカーサイト)

後編

https://clicccar.com/2017/03/29/456576/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌記事:不定期コラム、続けて掲載です

Photo自動車サイト「クリッカー」のコラム、本日掲載になりました。

今回は、少し遅くなりましたが、マツダの新型CX-5のデザイナー・インタビューです。

魂動デザインの第2ステージとして、すでに色々な媒体で紹介されている新型。進化ではなく深化、大人の表現といったキーワードもよく見かけるところです。

今回も当然そのあたりを聞いてますが、より具体的な内容に踏み込めればと意識してみました。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

・前編

https://clicccar.com/2017/03/28/456539/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌記事:不定期コラム後編の掲載です

自動車サイト「クリッカー」の不定期コラム。

トヨタ・C-HRのデザインインタビュー、後編が掲載されましたのでお知らせいたします。

(クリッカーサイト)

後編 http://clicccar.com/2017/03/23/455873/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:不定期コラムが掲載されました

Photo自動車専門サイト「クリッカー」の不定期コラムが掲載されました。

今回はトヨタのニューモデル、C-HRのデザイン・インタビューです。

おそらくは日産ジュークが先駆けとなったコンパクトSUVは、国内でもホンダのヴェゼルやマツダのCX-3といったフォロワーを生んだわけですが、例によってトヨタが最後発として参入したと。

新車としての印象はまた後日ここで書きますが、メディアでは「カッコいい!」と絶賛のC-HR、皆さんはどうお感じでしょうか?

個人的にこのスタイルには思うところがあり、今回の取材ではできる限りその点について話を聞いてみました。

今回も前後編構成となりますが、お時間がありましたら下記サイトからご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

(前編)

http://clicccar.com/2017/03/22/455871/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧