雑誌記事:トヨタ新型RAV4に関するデザイン記事です

Photo_15

トヨタの新型RAV4に関するデザイン記事が掲載になりました。

といっても、今回はタイミングが合わずデザイナーさんへのインタビューができなかったので、自身の感想的なコラムです。

クリッカーという媒体はあまり取材記事は多くなく、ニュースをリライトするような記事が多いですが、今回はそれに近いというか、ここのブログに書くようなことを少し噛み砕いて書いています。でも、本当はやっぱりインタビューがいいですけどね。

(クリッカー記事)

 https://clicccar.com/2019/05/07/805489/

| | コメント (1)

雑誌記事:ビジネスマン向けWebサイト記事の掲載です

Photo_14

今年から、ほぼ月1回ペースで掲載しています、ビジネスマン向けWebサイトでの連載が掲載になりました。

今回は先日発売になった日産デイズに関するコラムです。内容は、ここでも何度か書いている軽自動車規格に関するものですが、あらためて一般誌的な媒体で書いてみました。

2日の掲載ですが、そこそこランキングがいいみたいなので、一般ユーザーにも興味があるテーマなのかもしれませんね。先日も書きましたが、このサイトは自動車専門サイトではないので、取材等に限らず、自分の思っていることを書けるのがありがたいところです。

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(ビジネスジャーナルサイト)

https://biz-journal.jp/2019/05/post_27695.html

| | コメント (4)

雑誌記事:オートモビル・カウンシルの取材記事、4回目です

Photo_7

オートモビル・カウンシル2019の取材記事、最後の4回目が掲載になりました。

今回はマツダブースです。

テーマがロードスターということで、プロトタイプから現行型まで非常に充実した展示内容でした。記事では、初日の5日に行われたトークショウの一部をレポートしました。

ゲストは元デザイン本部長の福田氏と、開発主査の貴島氏という豪華な顔ぶれですが、レポートは初代のデザイン開発部分についてをまとめています。このあたり、すでにいろいろなところで語られている内容なので、特段新しいものではないかもしれませんが、よろしければ下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカー)

https://clicccar.com/2019/04/10/737857/

| | コメント (1)

雑誌記事:オートモビル・カウンシルの取材記事2回目の掲載です

Photo_5

1回目と同日になってしまいましたが、オートモビル・カウンシルのメーカー系ブース取材の2回目が掲載されました。

今回はホンダのブースです。

このイベントは往年の名車と最新車のコラボという趣旨ですが、ホンダは初代シティと新型N-VANの組み合わせで構成していました。

前回のトヨタの6台と比べると台数は少ないですが、まあこのイベントへの参加予算もそうはないでしょうし、悪くないと思います。というか、ブースの雰囲気がオートサロンでのホンダ・アクセスの明るく賑やかな感じに似ていて、非常に好感が持てました。

ということで、取材車輌も少ないのですが、よろしければご笑覧ください。

(クリッカー)

https://clicccar.com/2019/04/08/736325/ 

| | コメント (0)

雑誌記事:オートモビル・カウンシル2019の記事、1回目です

Photo_4

7日まで開催されていた「オートモビル・カウンシル2019」から、メーカー系の出展車のデザインについてレポートします。

まず初回はトヨタブースについての報告。

旧車ということもあり、トヨタは「トヨタ博物館」として出展しているのが面白いですね。メーカー共同ブースと合わせるとトヨタは計6台を並べました。この中では「ネオクラシック・デザイン太鼓判」で取り上げたクルマが2台入っていましたので、それ以外から3台を取り上げています。

メーカー別の短い報告ですが、よろしければご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2019/04/08/736131/?post_date=20190408092317 

| | コメント (0)

雑誌記事:BMW新型3シリーズのデザイン・インタビューです

3
BMW、新型3シリーズセダンのデザイナーインタビューが掲載になりました。
輸入車の場合、発表会にデザイナーさんが来日することは稀らしく、仮に出席したとしてもじっくりインタビューというわけにはなかなか行かないそうです。まあ、僕はそもそも輸入車の発表会や試乗会に参加すること自体ほとんどないので、さらに縁がない感じですね。
そんな中、今回はBMWジャパンさんを通し、文書での取材が可能になった次第です。実を言うと、当初は国内の商品担当者からの回答かな?なんて思っていたのですが、ちゃんとチーフデザイナーに取り次いでいただき、詳細な回答をもらえました。
ということで、お時間がありましたら下記サイトにて。
(クリッカーサイト)


| | コメント (1)

雑誌記事:ジュネーブデザイン短評、3回目です

Imq
ジュネーブショーでの日本車デザイン短評の3回目が掲載になりました。

今回は日産とトヨタです。

日産は例のインテリジェント・モビリティシリーズである「IMQ」。本文のとおりですけど、カッコいいか否かと言えばカッコいいのですが、どこかで見たことがあるような既視感ドップリな感じです。何で日産はこういうコンセプトカーを出し続けるのか?

トヨタはカローラのツーリングですね。これまた本文のとおりですが、ここ最近のトヨタデザイン全開のスタイルはどうもピンと来ません。シュッとしているけれど、だから何?という。こういう国際ショーを市販車で見せること自体はとてもいいことなんですけどね。

それでは下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2019/03/11/717274/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:ジュネーブショーデザイン短評2回目です

Cx30
ジュネーブショーでの日本車デザイン短評、2回目が掲載になりました。

今回はマツダと三菱の2台。

マツダはすでに話題のCX-30です。魂動デザイン第2世代ではMazda3に続く2台目として、ああなるほどなというデザインです。ただ、個人的にはどうも第2世代としては甘いな・・・という気がしています。もうちょっと変化が欲しいというか。

三菱は悪路を走破するPHEVのエンゲルベルクツアラーです。これがどのモデルを示唆しているのかは分かりませんが、どうにもフロントが。サイドやリアが変にいまどきな表現なので余計に顔との相性が悪い。まあ、D:5みたいな顔をここまで整理した、とも言えるんでしょうけど。

では、下記サイトにて。

https://clicccar.com/2019/03/08/715364/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑誌記事:ジュネーブショーのデザイン記事です

E
5日から始まったジュネーブモーターショー2019の出展のうち、国産メーカーの注目車について、短くデザインチェックをしました。

1回目の今回はホンダとスバルの2台です。まあ、写真を見ての寸評なのであまり多くは書けませんが、第一印象としてまとめてみました。

あっという間に読めますので、よろしければ下記サイトにて。

(クリッカー)

https://clicccar.com/2019/03/06/714115/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:旧車イベント取材記事の掲載です

Photo

先週末、「パシフィコ横浜」で開催された「ノスタルジック 2デイズ」で取材した記事が掲載になりました。

ネオ・クラシックカーコラムの特別編として、会場で見つけたネオ・クラシックモデルのオーナーさんに愛車を紹介してもらうという、ここでは比較的柔らかい記事ですね。

イベントは内外車はもちろん、年代も結構幅広いノスタルジックカーが展示されていますが、本シリーズとして国産車のうち80年代の3台に絞った次第です。

僕も旧いクルマに乗っていますが、とても自分の熱量では追い付けないほど、皆さんの凝りようはすごいです。もちろん知識も深くて広いし、使っているお金の額も僕とは比較にならないですね(笑)

それでは、よろしければ下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2019/02/26/708547/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧