« 雑誌ナナメ読み:日産は本当に動き出したのか? | トップページ | 雑誌ナナメ読み:A4判冊子は意識高い系か? »

雑誌記事:久々のデザイナーインタビューです

_2

 

久々にデザイナー・インタビューの掲載です。

今回は、先月発表されました日産・キックスのチーフデザイナー氏インタビューです。

前回のルークスは何とかテクニカルセンターで取材できましたが、今回はいよいよオンライン・インタビューになりました。ZOOMで大丈夫かなあと思いながらの取材でしたが、まあ、あまり多くを聞くことのないクルマではあったので無事に済んだ感じです。

そういえば発表会もオンラインでしたが、あの星野さんという役員はどうしてあんなに露出するんでしょうか? とくに話が上手いわけでもないんだけどなあ・・・。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2020/07/07/992111/ 

|

« 雑誌ナナメ読み:日産は本当に動き出したのか? | トップページ | 雑誌ナナメ読み:A4判冊子は意識高い系か? »

雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

アクシオムさん

4年前の新興国向け廉価SUVの化粧直しですからね。それ以上でも以下でもない。発表済みのヤリスクロスやCX-30、ホンダの時期ヴェゼルあたりもe-POWERで対抗できるという判断でしょうか。ノートの成功再びと。インテリアは部分的にソフトパッドを張っているだけに他の部分の安っぽさが浮き出ています。それでも売れればいいやということでしょうか。

投稿: すぎもとたかよし | 2020年7月29日 (水) 21時47分

ざっくりしていますね。
フロントマスクとテールエンドのデザインのアンバランスさはある意味凄いですね。前がセレナハイウェイスターで、後ろが旧ジューク。やっちゃえ日産ですかね?
それよりも、インテリアのメーターが最新の電動化モデルにしてはリーフ同様チープですね。e-Powerにプロパイロットを組み合わせているのに、スピードメーターがアナログ指針で、パワーメーターがデジタル。
こんなもん、フルデジタルでやった方がよっぽどかっこよくてコスト的にも安くなるんじゃないかと。
7月15日のアリアを観ないと、このキックスでは新生日産の始まりを感じることはできませんね。

投稿: アクシオム | 2020年7月 9日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌ナナメ読み:日産は本当に動き出したのか? | トップページ | 雑誌ナナメ読み:A4判冊子は意識高い系か? »