« 雑誌ナナメ読み:クルマの魅力はどこにある? | トップページ | 雑誌記事:ビジネス向けサイトの記事掲載です »

クルマ散策:移動の自由は心の自由か?

Photo_20200518172201

 

久々に、クルマに関する記事で「いいなあ」と心が和んだんである。

昨日、5月17日の朝日新聞朝刊・生活面の見出しは「車の運転、していますか?」。

夫に先立たれた74歳の女性が、愛犬を助手席に乗せ、夫との夢だった日本一周4000キロの旅を敢行したそう。各地域では知人に会うなどして、1ヶ月を掛けてロングツーリングを果たしたそうだ。

しかも、その後も青函フェリーを使い北海道一周を行ったばかりか、何と、イギリスへの旅行でもレンタカーを借りて現地を走ったというから驚きなんである。

もともと保険の仕事で毎日のようにクルマを使っていて、運転そのものには相当慣れていたらしいけれど、しかしそれでも「スゴいなあ」と感心する、というか憧れてしまう。

クルマには「移動の自由」という大きな可能性があるワケだけど、そこには単に移動だけでなく、同時に「精神の自由」も含まれていると僕は思っている。もっと言えば「精神の解放」でもある。

この記事で心が和んだのは、この女性がその「自由」を満喫していると感じたからだ。もちろん、ご主人と一緒にドライブできれば楽しさも二倍になったかもしれないけれど、ひとり(と愛犬)で運転することによる「解放」もあったのではないだろうか?

記事には先代のヴィッツが写り込んだ写真が載っていたけれど、もちろんヴィッツがいいとか悪いとかとは別次元の、クルマの本質的な可能性を十二分に引き出した話だ。

家族からは「長距離は75歳まで!」と釘を刺されているらしく、それは仕方のないことだけど、一連の経験で女性は精神の自由を手に入れた筈で、それは近距離だけになっても、あるいは免許を返納しても変わることはないと思う。

クルマを誰がどう使おうがそれこそ自由だけど、僕らファンはマニアックに、片や社会的にはネガティブな話題になりがちなクルマだからこそ、もっと広い視野によるこうした話は本当に嬉しくなってしまう。

まあ、本来なら、ここで高齢者も含めた「MaaS」なんて話を持って来るべきなんだろうけど、今回はこの清々しい話だけで終わりたいと思うんである。

|

« 雑誌ナナメ読み:クルマの魅力はどこにある? | トップページ | 雑誌記事:ビジネス向けサイトの記事掲載です »

クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

きさらさん

こんにちは。そうですね、クルマは自分だけの空間を持つことによる、いわば精神の自由も持っていますね。ひとりでのドライブが気分転換やリフレッシュにつながるのもそのせいかと。今回のコロナ渦ではクルマ通勤が増えたそですが、それが単に他人を排除するという風潮にならなければいいと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2020年6月 3日 (水) 23時53分

クルマは移動の自由だけでなくて安心もありますよね。誰が乗り合わせているかわからない満員電車よりもクルマで通勤すれば他人とのソーシャルディスタンスは自然に保たれるし感染リスクもない。

クルマは自由な移動だけでなく便利に物を運べるのも良さだと思いました。飲食店が営業自粛か、していてもテイクアウト販売ばかりだけどクルマならテイクアウト料理を他人に気がねせず雨に濡れず運べるし、車内で食べてもいい。通勤電車で匂いのきついハンバーガーや牛丼を持ち運んだり車内で食べるわけにいきませんから。

投稿: きさら | 2020年6月 2日 (火) 14時38分

ネコさん

すでにそういうことになりつつありますよね。また別の面では、様々な理由で移動の自由を持てない人もいる。そこでMaaSのような話になるわけですが、僕はいずれも両立する社会を期待したいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2020年5月24日 (日) 14時38分

自動運転普及によって交通事故が減少したり、燃料消費が抑えられ「自動運転=社会正義」となったとき、精神の自由や解放を求めて自分の手でハンドルを操作し、思いのまま自由な場所へ旅行することが「社会悪」になってしまう可能性もあるなあと思いました。自動車に限らないですけれど、テクノロジーによって成し遂げられた効率や安全と精神の自由との軋轢は今後長く続く問題なんだろうなと。

投稿: ネコ | 2020年5月24日 (日) 14時11分

アクシオムさん

この方は保険外交員の仕事で月に2万キロくらい走っていたそうですから、まあ運転が身についているんでしょうね。女性と自由というのはいろいろとテーマになり得るものですから、こういう話はとてもいいと思います。クルマ雑誌もこういう話題を取り上げればもっと幅広い記事ができると思うのですが・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2020年5月23日 (土) 14時13分

なんだか欧州ではありそうな女性ドライバーですね。基本、一般的な日本人は運転するのが好きじゃないというか、あまり得意ではないですからね。
風に吹かれるままに運転する自由は、この騒動で自粛ですけど、ゆえに羨ましい話です。ホント、自粛警察に邪魔されなければいいですね。
最近のトヨタ車が社長の号令で目が覚めるように、TNGAで運転するために最適なポジションやスタンスを取り始めたのはいいことですね。

投稿: アクシオム | 2020年5月19日 (火) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌ナナメ読み:クルマの魅力はどこにある? | トップページ | 雑誌記事:ビジネス向けサイトの記事掲載です »