« 雑誌記事:輸入車版ネオ・クラシックカーのデザインコラム掲載です | トップページ | Drinve My Car:車検と修理が終わりました »

雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車編の掲載です

M1_01

ネオ・クラシックカーグッドデザインコラム、輸入車編の掲載です。

24回目の今回は、BMWのM1です。

一応このコラムは80~90年代と銘打っているのですが、M1は1978年発表なんですね。なので最初は迷ったんですけど、まあ81年まで生産されていたし、このクルマに触れないのももったいないなあ・・・ということで掲載しました。

このM1、生産には紆余曲折があって、イタルデザインでもスタイリングだけではなく、FRPボディの成型や塗装まで担当したそうですね。しかも難産だったうえにほとんどレースでも活躍する機会がなかったという、なかなか悲運なクルマです。それにしても、70年代でこのスタイリングはスゴイなあと思います。前後バンパーあたりには数年後のピアッツァの予兆ともいえる雰囲気が見て取れたりもしますね。

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

  https://clicccar.com/2020/03/06/959268/

|

« 雑誌記事:輸入車版ネオ・クラシックカーのデザインコラム掲載です | トップページ | Drinve My Car:車検と修理が終わりました »

雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

アクシオムさん

なるほど、アッソシリーズの影響なんですね。M1のオマージュは若干うるさい感じがしますけど、仰るとおりデカグリルの方向よりは、よほど可能性を感じますね。あれでよく社内審査をパスしますね。やっぱり中国など、新市場での販売対策が第一ということでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2020年3月20日 (金) 10時51分

M1にピアッツアのデザインテイストがあるのは、ジウジアローのコンセプトカーアッソシリーズのBMW版Asso di Quadoriの影響でしょうね。
昨年、フランクフルトショウのBMWブースに、M1再来のM Nextなるコンセプトカーが展示していたので、レポートしています。
https://minkara.carview.co.jp/userid/174658/blog/43491303/
オマージュ自体はうまいけど、新型4シリーズやi4の馬鹿でかグリルをするのなら、このM Nextの方が抑制が効いていいような気がしますね。

投稿: アクシオム | 2020年3月 6日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌記事:輸入車版ネオ・クラシックカーのデザインコラム掲載です | トップページ | Drinve My Car:車検と修理が終わりました »