« 雑誌記事:新型ハスラーのデザイナー・インタビュー掲載です | トップページ | 雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車版の掲載です »

新車心象風景:ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ

Photo_20200210184501
これもまた、売れているんだからいいじゃないか、という話かもしれない。

新型ロッキー/ライズが残念なのは、お察しのとおり2017年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「DNトレック」の出来がとてもよかったからだ。もともと、ダイハツのコンセプトカーは毎回ユニークな提案が多いけれど、その中でも「DNトレック」は完成度が高かった。

コンパクトSUVとしてバランスの良いプロポーション。無駄なラインがなく適度な張りのある面、前後でイメージを統一したランプ類。これらが市販前提と思えるまとまりのよさで置かれているのを見て、実車の発表を楽しみにしていたんである。

ところが、昨年のモーターショーに展示された量産型を見て愕然とした。というか、最初はそれがロッキーには見えず、数秒経って「え?」と。

すでに媒体のデザイナー・インタビューに書いたとおりだけど、シンプルで清潔感のあった「DNトレック」が失敗したアウディみたいな顔になってしまったのは、よりSUVらしい力強さが必要だと判断したのと、OEM先であるトヨタの「デザイン・フィロソフィ」に合わせ込む必要があったからだそう。

いずれも実に寂しい話ではある。仮により力強い表現にするにしても、それは決して派手にするということを指すわけじゃない。そんなことは、つい最近のスズキ・ハスラーのモデルチェンジを見てもわかることで、要はお手軽にやってしまうか否かの違いなんである。

もちろん、最近のトヨタ顔に合わせるため・・・なんて理由はほとんど論外だろう。正直、この話を聞いたときはにわかに信じられなかった。そんな理由で、あのコンセプトカーの素晴らしいデザインを台無しにしてしまったのか?

Dn_20200210190001

ただ、しかしだ。ロッキーもライズも売れているんである。しかも結構な勢いで。

人気のコンパクトSUVの中でも希少な5ナンバーなのが基本にはあるけれど、例によってカスタム好きの日本人にはこの適度に派手な顔がドンピシャなようで。兄貴分の新型RAV4人気もそうだけど、相変わらずトヨタの日本人ユーザーの平均的嗜好を見抜く力は的確だ。

顔が出来損ないのアウディみたいだろうが妙にガチャガチャしてようが、売れてるんだから文句はなかろう。しかも、多くの評論家やジャーナリストだって絶賛しているじゃないか。そんな声があちこちから聞こえて来そうだ。

まあ、遠目から見ればプロポーションはほとんど崩れていないし、リアにはコンセプトカーの面影があるからそのエッセンスは残っているとはいえる。けれども、面や線のコンマ数ミリまで追い込むのが自動車デザインのあるべき姿だとすれば、「DNトレック」の持っていたシンプルで清潔感のある佇まいは一体何だったのかと僕は思う。

|

« 雑誌記事:新型ハスラーのデザイナー・インタビュー掲載です | トップページ | 雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車版の掲載です »

新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

AK23さん

そうですね。いまだに自動車媒体でデザインの記事が少ないのがいい例です。真面目にデザインは好き嫌いだから・・・なんて書いている評論家さんもいますしね。もしかしたら日本のお粗末な美術教育に原因があるのかもしれませんね。

投稿: すぎもとたかよし | 2020年2月15日 (土) 23時43分

こちらを除かれるようなかたは違うと思いますが、自動車評論家を含めて、カーデザインに関して審美眼がある車好きって少ない印象があります。
特に走りに傾倒している人はあまりセンスがよろしくないというか…章男さんはその方々とウマが合うようで。

投稿: AK23 | 2020年2月14日 (金) 11時39分

アクシオムさん

トヨタはスゴイ人材が揃っている・・・という話をよく聞きます。たしかに組織が巨大な分、優秀な人はいるのでしょうけど、やっぱりトップがダメだとどうにもならないということですね。ホンダはディレクターが変わっていい方向へ向かいぞうな気配ですが、トヨタはいつまでこれをやっているんでしょうか?

ネコさん

「埋没」への危機感は僕もよくわかります。しかし、そこで頑張らなくてはいけないんですけどね。埋没しない最後のひと工夫をどうするか? そこに時間を掛けないといけないと思います。スバルはトヨタに忖度というか、いまのデザイン組織に問題があると僕は思っています。

名無しさん

街の風景を破壊しているというのは本当に賛同します。その社会的な責任感がない。社長さんはこのデザインに疑問を持たないというか、サーキットを走るクルマ以外はどうでもいいんじゃないでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2020年2月13日 (木) 20時49分

ロッキー/ライズといい、トール/ルーミー/タンクといい、数が出る車種を(売れるからと言って)破綻した醜いデザインで仕上げてくるダイハツ・トヨタグループには怒りを覚えます。
(さらに言うと、安全装備を性能の悪いダイハツ側に合わせているのも企業姿勢を疑います。)
社会貢献活動に力を入れているといいつつ、街の景観を損ねている車種を社会にどんどん送り出している矛盾について、どう考えているのか豊田社長に聞いてみたいですね。
最も本人は「このデザインの何が悪いの?」と思っているのかもしれませんが。

投稿: 名無し | 2020年2月13日 (木) 08時30分

トヨタのマーケティング力・調査力は凄まじいものがあって「DNトレック」では埋没してしまうという配慮があったのかもしれません。
トヨタ支配の強まる前のダイハツはプレーンで質感の高い製品を作ってるイメージがあったので「ああやっぱり。。」という感想を持ちますね。
今後のスバルがトヨタに忖度した「奴隷根性の染みついた車」を作るようになったら大事にしてきた車好き及び理性的ファンの多くを手放すことになるかもしれません。

投稿: ネコ | 2020年2月11日 (火) 08時46分

トヨタグループのデザイン劣化には凄まじいものがありますね。突き詰めてホントにいいデザインは、ハイエースくらい。あの機能性、利便性に叶うトヨタ車はないですね。
トヨタって、トップからしてデザインにセンスないですから、ダイハツはすでにブランドで勝負しようなんか思ってないからデザインは二の次に思えるし、、スバルは新型レガシィは結構まともですが、フォレスターは不細工になったし、レヴォーグも変になりましたね。やっぱり巷で言われているトヨタから派遣されている役員が余分なこと言ってダメにしてるんでしょうかね?
でも中で運転している人、乗っけられている人にとってはデザインのセンスなんかよりも利便性、機能性が優先しますから、そこをおざなりにしたデザインはダメですから、これはもう乗り手、使い手のセンスの劣化をあるんでしょうね。
SUVにまだまだ特別感や非日常性を抱き続けるうちは、引き算的なデザインよりも盛り盛りデザインで行くしかないんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2020年2月10日 (月) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌記事:新型ハスラーのデザイナー・インタビュー掲載です | トップページ | 雑誌記事:ネオ・クラシックカーのデザインコラム輸入車版の掲載です »