« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

雑誌記事:東京モーターショー取材の3回目です

Waiwai02

東京モーターショー会場でのデザイナー・インタビュー3回目です。

今回はダイハツブースから、コンセプトカーの「WaiWai」です。

ダイハツは例によって何台かのコンセプトカーを出品しましたが、その中から1台としてこのクルマを選びました。とくに最近のダイハツ量産車は妙に緩い方向にありますけど、コンセプトカーは毎回面白い提案が出されますね。個人的にはミニバンにあまり興味はないのですが、ちょっと崩したような佇まいが気になった次第です。

それではお時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2019/10/30/925400/ 

| | コメント (0)

雑誌記事:東京モーターショー取材記事の1回目です

01

東京モーターショーでの、デザイナーインタビュー記事が掲載になりました。

1回目はスズキブースから「WAKUスポ」です。

スズキは何台かのコンセプトカーを出品していましたが、その中で一番話を聞いてみたかったのがこのクルマでした。もちろん、ハスラーコンセプトなどもあったですが、これは市販されてからでいいかなと。

担当のデザイナーさんは先行開発のとても若い方でしたが、質問には明快に答えていただけましたね。クーペとワゴンの「変形」は実際には難しいかと思いますが、レトロなデザインの中には新しい見どころもあったと思います。

それでは下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2019/10/28/923859/

| | コメント (2)

クルマ散策:東京モーターショーへ出掛ける

Tms

もう一昨日になってしまいましたが、23日の水曜日に東京モーターショーへ行って来ました。

指定の駐車場からプレス受付まで徒歩10分以上と朝イチから驚きでしたが、2会場に分かれた間を結ぶシャトルバスは、まだプレスデイというのに20分待ちという状況にグッタリ。いやあ、すごい国際ショーです。

救いは、恐らく豊田社長の大号令があったのか、各国内メーカーはそれなりの数のコンセプトカーや市販予定車をそろえていたことでしょうか? もちろんその内容の良し悪しは別ですが。

その2会場を駆け回って取材してきましたので、記事になりましたらお知らせします。

| | コメント (2)

クルマ散策:レンタカーで阿蘇へ

Photo_20191021232101
福岡出張のついでに、ふたたび阿蘇へ行って来ました。
今回駅レンタカーで借りたのはホンダ・フィット。九州道の熊本ICから一路阿蘇へ向かったのですが、前回借りたヴィッツより重量感のある乗り心地が特徴的でしたね。

毎回寄る南阿蘇の道の駅では日曜日ということもあって「南阿蘇復興祭り」が行われていました。今回の台風も含め毎年のように災害が発生いていますが、南阿蘇もまだまだ地震からの復興途中です。とても賑やかに催されていていい感じでした。

阿蘇ではもはや行きつけとなったお店「みそらやcafe」でゆっくりコーヒーをいただき、やはり再建途中の阿蘇神社へも行って来ました。宿は今回初めて行った休暇村南阿蘇。本当は黒川温泉にしたかったのですが、一人での宿泊はオフシーズン以外ほとんどNGなんですよね。

翌日はやまなみハイウェイをドライブし、これまた行きつけの森の中のパン屋「そらいろのたね」に寄ってから博多に戻りました。約370km走って平均燃費は19キロほどと大したものです。前回借りたヴィッツより重厚感のある走りが印象的でした。これでデザインがよければ・・・。

それにしても、阿蘇、とりわけ南阿蘇は何度行っても飽きないですね。何でだろう?

| | コメント (0)

雑誌記事:ネオクラシックカー、輸入車版の掲載です

_02_20191017234301

ネオ・クラシックカーのデザインコラム、輸入車編の掲載です。

8回目の今回は2代目のVW・ジェッタです。

え、ゴルフⅡじゃなく? という声がありそうですが、今回はあえてジェッタにしました。もちろんゴルフⅡがいまの旧車市場でも人気のあるクルマなのは知っていますが、デザインの面白味ではジェッタかなと。

ハッチバックベースのセダンは、取って付けた感があったり妙に寸詰まりだったり、最近のクルマでも結構なハズレがあります。そういう意味ではこの時代でこれだけ洗練されていたのは大したものだと思います。

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2019/10/17/920582/

| | コメント (0)

雑誌記事:新型カローラのデザイナーインタビューです

_02

12代目となる新型カローラのデザイナー・インタビューが掲載になりました。

ハッチバックに続き、いよいよセダンとワゴンもグローバルシリーズに順じたデザインになったカローラですが、皆さんはどのようにお感じになってますでしょうか?

顔といいボディといい、とにかくいまのトヨタっぽさ大集合のこのデザイン、僕はいささか疑問です。もちろん、低い重心によるスタンスの良さは理解できますが、逆に言えばそれだけにもったいない。というか、トヨタは新型車を次々こういう格好にしていって本当に幸せなのか?なんて思ったりします。

もちろんそんなことばかり話はできませんが、今回のインタビューはそのあたりが肝だと思っています。それではよろしければ下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2019/10/12/918844/

| | コメント (5)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »