« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

新車心象風景:DS 3クロスバック

Ds3

こういうのが斬新で素晴らしいデザインというは、たぶんクルマ好きに備わる「定番スイッチ」なんだろうと思う。

新世代ミニや新しいフィアット500の成功を目の当たりにし、あんなプレミアム商品戦略に乗ってみたいと思うのはふつうの感覚だ。過去の資産を最大限活用したやり方は、伝統のあるメーカーの特権なんである。

だから、PSAグループが往年の名車であるシトロエンDSの名前を使い、これを独立ブランドとした戦略も理解はできる。ああ、そういう手もあるのか、と。

ただ、そうしてプレミアム路線を選んだ同ブランドの商品がどうかといえば、少なくともデザインについて僕はかなり懐疑的だ。ところが、自動車媒体ではもっぱらこのデザインこそが好評で、たとえば最新のDS 3クロスバックもそうなっているんである。

「彫刻が動き出す」という現代アートのようなボディ、LEDを駆使し凝った形状のフロントランプ、縦に延びる斬新なデイタイムランニングライト、シャークフィンと呼ばれる特徴的なBピラー、ボディサイドに引かれたL字ライン。媒体では、こうした要素についてお洒落だのアバンギャルドだのと絶賛だ。

インポーターが推すアイテムをことごとく誉めてくれるのは実にありがたいことだろうけど、僕にはまったくピンと来ない。いや、それぞれ何を言っているのかは理解できるけれど、評価はできないんである。端的に言って、これらはすべて表面上の「飾り」に終始しているからだ。

DS 3クロスバックを真横から見れば、まあごくふつうのハッチバックシルエット。つまり基本的なスタイル自体に特徴はなくて、そのボディの上に複雑なランプとか、途中までのピラーとか、あるいは変わったキャラクターラインを描き加えたに過ぎない。

これはインテリアも同じで、まずごくふつうのインパネがあって、そこに後からひし形のスイッチやエアコン吹き出し口、あるいは螺鈿のような装飾を描き加えただけだ。ここでも基本的な造形そのものに特徴があるわけじゃない。

一方、ミニやフィアット500の場合、エクステリアではまさにアイコン的な特徴に溢れているし、インテリアも独自の造形で構成されている。たとえば、BMW1シリーズのボディに表面的な装飾を加えて「はい、ミニです」なんてことはしていない。

にも関わらす、「こんなスタイル見たことない」などとほとんどの媒体で絶賛されるのは、つまりシトロエンやDSというブランドに対し、評論家をはじめとしたクルマ好きはほとんど反射的に肯定ボタンを押してしまうからじゃないか? クルマ好き=ポルシェ好きという公式みたいなものだ。

逆に言えば、これを否定してしまったら、業界中から「センスないな、お前」なんて笑い者になってしまうような恐怖心や危機感が意識の下に横たわっているのかもしれない。

付け加えると、僕はDSのゴス・カルチャー方向の趣向からしてすでに疑問だ。過剰気味の装飾はなるほどプレミアム感として分かりやすいけれど、あまりいい趣味とは思えない。まあ、これがフランスの最先端なんだ、と言われてしまえば返す言葉はないけれど。

| | コメント (3)

Drive My Car:メーターパネルの交換をしました

Photo_20190924210301

愛車ジェミニのメーターパネルを交換しました。

ジェミニのメーターは30年以上の経緯年劣化により、盤面の文字のうち赤文字の色がすっかり抜けてすべて白色になってしまっていました。まあ、とくに走行に支障はないのですが、ちょっと残念な感じではありました。

そこに先日オークションで中古パーツが出品されているのを見つけ、早々に落札。このたび行き付けの工場にてメーターの盤面のみ交換をしました。

ということで久々にレッドゾーンに色のついたメーターになった次第です。それと水温計や燃料計にも赤い文字があったのを思い出しました。本当は、先日ガラスフィルムを貼った際にルームミラーが劣化しているのに気付き、そちらの方を先に交換したかったのですが、残念ながら在庫がなく、現在バックオーダー中です。生産されるのを祈るばかりですね。

ようやく猛暑も落ち着いてきたし、秋にはどこかドライブへ出掛けたいですね。

| | コメント (5)

雑誌時期:ネオ・クラシックカー、輸入車版の掲載です

Volvo480_02

ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判、輸入車編の掲載です。

7回目の今回はボルボ480です。

ちょっと旧い輸入車を扱う記事では、まあほとんど扱われないクルマですね。定番外って感じでしょうか。でも、個人的にはずっと気になっていたクルマなので今回取り上げました。実は販売的にも、北米を始めかなり成功したんですよね。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカー)

 https://clicccar.com/2019/09/23/913664/

| | コメント (0)

雑誌記事:クルマではなく「美大」の記事を書いてみました

Mujicom

今回はクルマの記事ではありません。

いつもはクルマのデザインについて書いていますが、このデザイン絡みで、クルマではなく美術大学の記事を書いてみました。

何で?という話ですが、今回記事を書いた媒体がクルマの記事を柱としながらも、もっと広くアートやデザインを扱う媒体で、その中には美術大学の最新情報などを掲載することもあるんですね。まあ、僕もデザインについてはクルマ以外にも興味はあるので、ちょっとチャレンジしてみようと。もちろん、クルマのデザイン記事を書くときの勉強にもなりますしね。

残念ながら会員登録をしないと全文閲覧できないのですが、よろしければ触りだけでもと思います。

 https://www.td-media.net/report/institute-of-innovation-in-mau/

| | コメント (2)

雑誌記事:ビジネス誌の記事が掲載になりました

Photo_20190921214801

ビジネスマン向けサイト「ビジネスジャーナル」の記事が掲載になりました。

今回のお題はダイハツの新型タントで、テーマとしては「マーケットイン」商品についてです。

元祖スーパーハイトワゴンのモデルチェンジにしては、どうも地味というか印象が薄いのはどうしてなのか? 最近のダイハツの商品開発姿勢などを絡めて考えてみました。いつものとおり、このブログに書きそうな内容ですね。

ところでこのサイト、アクセスのランキングが随時更新されています。各方面の時事ネタが満載なので早々上位には来ないのですが、掲載日の今日は3位に入っていたので、まあまあというところでしょうか(笑)。

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(ビジネスジャーナルサイト)

https://biz-journal.jp/2019/09/post_119741.html 

| | コメント (2)

クルマ散策:マツダ 新型CX-30の発表会に行って来ました

Cx30

サラリーマンの遅い夏休みを利用して、マツダの新型CX-30の発表会に行って来ました。

同車は海外のショーで発表され、同様に海外での試乗会も開かれているようなので、今日の会は自動車ジャーナリストというより一般メディア向けといった感じでした。TVカメラも結構な数になっていましたね。

僕は今日初めて見ましたけど、なるほど3と5の中間のサイズだなと。これならホンダのヴェゼルやトヨタのCH-Rあたりと勝負できそうです。立体駐車場に対応させたのも現実的ですしね。

ネックはエンジンです。ディーゼルは一定のニーズがあるでしょうけど、ライバルのようなHVがないのが痛い。もちろん、そこへの回答が例の新型エンジンなのでしょうけど、海外試乗などでは早くも疑問の声が上がってますしね。人気のSUVだし、素直にトヨタのシステムを使ったほうがよかったんじゃないかな、と思ったりします。

後日デザインの取材が出来ましたら、またお知らせします。

| | コメント (1)

雑誌記事:ルノー・トゥインゴの試乗記事の掲載です

_01

マイナーチェンジをしたルノー・トゥインゴの試乗記が掲載になりました。

と言っても、25年以上ライターをやっていて試乗記を書いたのは初めてです。理由は、クルマの挙動を解説するような能力はこれっポチもないので、書かないというか書けないというのが正確ですね。

ただ、今回はいわゆるダウンサイジングターボについて以前から興味があったので、ガンガンの試乗記というより、小排気量ターボを考える・・・といったものを書いてみたくなった次第です。なので、普通の試乗記とはまったく異なる内容になっています。

まあ、誰もがステアリングフィールだの振動だの限界域の挙動だのと、どれも似たような記事を書かなくてもいいのかな、と思いました。

よろしければ下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2019/09/19/912533/

| | コメント (2)

雑誌記事:デザイナー・インタビューの掲載です

Nwgn_02

デザイナー・インタビューが掲載になりました。

今回は、ホンダの新型N-WGNです。

「New Smple!」を掲げての登場ですが、いまフランクフルトショーで市販版が展示されているという「ホンダe」と合わせ、これからのホンダは徹底したシンプル路線?思わせるスタイルですね。ただ、ホンダの中でも、Nシリーズは以前から造形のコントロールが効いていた感がありますので、急に180度変換といった感じはしませんね。

面白かったのは、プロダクト・アウトかと思いきや、結構マーケット・イン的な開発だったことでしょうか。考えてみれば、N-VANもそうだったので珍しくはないのかもしれませんが、ちょっと意外でした。

それでは下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2019/09/16/911794/ 

| | コメント (2)

雑誌記事:ネオ・クラシックカーデザインコラムの掲載です

Uno_02

ネオ・クラシックカー、デザインコラム輸入車編の掲載です。

6回目の今回はフィアット・ウーノです。

初回のパンダに続き、ジウジアーロのデザインですね。僕が免許を取って始めのクルマが日産の初代マーチだったので、何となく縁を感じていたクルマです。ただ、本文にも書きましたけど、最終的なモデリングや仕上げで大きく質感が違ってしまったのが興味深いところです。

それと、初期型のインテリアがちょっと意外なほど先進的でしたし、こちらも仕上げが良くて質感も高かった。サテライトスイッチはピアッツァほど凝ってはないですが、それでもクラスを考えれば随分と丁寧な作りでした。

それでは、よろしければ下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2019/09/09/910036/

| | コメント (5)

雑誌記事:ネオ・クラシックカー・デザインコラム掲載です

Renault5_01

ネオ・クラシックカー、輸入車編のデザインコラムが掲載になりました。

5回目の今回はルノーの2代目5(サンク)です。

初回のパンダ以降、当面は定番続きな感じのラインナップですね。サンクについては、当然初代の偉大さが光っているわけですが、「ネオ」としては2代目のシュペールとなります。

内容は読んでのとおりですが、それを補う写真がなかなか手に入らないのがキツかったですね。たいていはインポーターにお願いしたり、あるいはメディア用のサイト、ダメなら公式サイトまで追えば何とかなるのですが、2代目サンクについてはとうとうリアとインテリアが入手できませんでした。それぞれは本文に書いているところなので、やっぱり写真は欲しかったですね。

それでは、下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2019/09/03/908406/ 

| | コメント (3)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »