« クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その2) | トップページ | 雑誌記事:トヨタ新型RAV4に関するデザイン記事です »

雑誌記事:ビジネスマン向けWebサイト記事の掲載です

Photo_14

今年から、ほぼ月1回ペースで掲載しています、ビジネスマン向けWebサイトでの連載が掲載になりました。

今回は先日発売になった日産デイズに関するコラムです。内容は、ここでも何度か書いている軽自動車規格に関するものですが、あらためて一般誌的な媒体で書いてみました。

2日の掲載ですが、そこそこランキングがいいみたいなので、一般ユーザーにも興味があるテーマなのかもしれませんね。先日も書きましたが、このサイトは自動車専門サイトではないので、取材等に限らず、自分の思っていることを書けるのがありがたいところです。

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(ビジネスジャーナルサイト)

https://biz-journal.jp/2019/05/post_27695.html

|

« クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その2) | トップページ | 雑誌記事:トヨタ新型RAV4に関するデザイン記事です »

雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

すぎもとさん
 コメントありがとうございました。最近自動車ライターさんの中でも、すぎもとさんと同じように東洋経済だとか、ダイヤモンドのwebサイトで記事を書かれている方が増えていますね。そちらでPVを稼いだ方が、自動車専門誌やwebに寄稿するよりも収入がいいと言っていましたね。
 記事の視点も、専門誌よりも経済よりで違う視点で書けているのでいいと思いますね。今の時代、自動車評論家がいくら専門誌で自動車に専門的な視点で書いても進歩もないし、実際に試乗したり、購入してからの一般人の視点の方がよっぽどリアルで敵いませんからね。そこのところを考慮せず、メーカーとある意味共謀した記事では淘汰されるでしょうね。
 ワタクシも海外へショウを見て、ブログにレポートしていますが、これをどこかから依頼されて記事としてお金をもらっていたら今のようなレポートにはならないでしょうね。
 

投稿: アクシオム | 2019年5月 7日 (火) 21時34分

アクシオムさん

たしかに、トップが本当のカーガイだったらバンバン壁を崩したかもしれませんね。自動車メディアの縛りに関しては「提灯記事」てきな部分での制約もありますが、それとは別にこういう規格の話とか、デザインフィロソフィのあり方とか、そもそもニーズがないんですね。人気のある古典的なテーマがガッツリ固まっているので、普段自分が考えてるようなことがなかなか書く場所がない・・・という感じなんです。

Perさん

そうそう、誇大広告。でも、いま各メディアのデイズの取り上げ方を見れば分かりますけど、どれも「常識を超えた!」って書いてますよね。記事については上記コメントのとおりですが、まあたしにかに試乗会などに行くと皆さん仲がいいです。そりゃ、仕事で年中会っているんですから当然なんですけど、緊張感はないですね。僕程度のインタビューでもかなりイヤな顔されますからね!

投稿: すぎもとたかよし | 2019年5月 4日 (土) 10時07分

また、日産得意の誇大広告ですよね、中身が伴わない。  試乗しました。 加速時はエンジン音が高まり、いかにも「軽」を感じます。 ホンダN-WGNよりパワー不足でした。 路面の凹凸を拾い、常識外れな素晴らしい乗り心地でもない。 リヤシートアレンジも他車と同じですし。 新デイズに乗れば、ワクワクする生活が始まる・・・気がしない。
まあ、悪くはないけど、「常識を変える」程、変わった感じは無い。 記事の通り超鉄板なカタチですし、乗った感じも、軽の常識の範囲内でした。
「自動車専門サイトでは、思っていることを書けない」という意味なんでしょうか? 自動車評論家というのは、言いたい事言って、メーカーに嫌われるぐらいじゃないと、 でも、それでは車を貸してくれなくなるから、出入り禁止になるから、程ほどにメーカーと仲良くしなきゃ・・・と、提灯記事を書く広報部員となってしまうのでしょうか。
今は、ほとんどの評論家の記事は信用しません、話半分ぐらいに読みます。

投稿: Per | 2019年5月 4日 (土) 04時16分

軽自動車の常識とか破るよりも、結局現在の軽自動車は登録車の縮小版でしかないので、あくまでも常識の範疇で変わるということなんでしょうね。
ホントは、ゴーンさんが真のカーガイとかプロ経営だったら、軽自動車の規格とか、例の出荷前車検の制度とかに異を唱え変えていたことでしょう。
軽自動車に三菱のiとか、VWのUP!、スマート、トヨタのiQみたいなデザイン、パッケージを求めたところで、そんなクルマ日本のユーザーにとっては一時的な話題で終わり、売れ続けもしないし、普遍的にならないでしょうね。
しかし、自動車専門サイトってそんなに縛りがあるんですかね。高齢と言っては失礼ですが、お歳を召したジャーナリストさんはまぁ若手よりは意見されていますが、それでも本質的じゃないですし、どこかメーカーに対して私怨みたいなものをためているようですし。ある意味子供っぽいというか・・・
今のモータージャーナリストの多くは、評論どころか、自分自身の考察がなくて、感想と解説することがせいぜいですね。

投稿: アクシオム | 2019年5月 3日 (金) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その2) | トップページ | 雑誌記事:トヨタ新型RAV4に関するデザイン記事です »