« 雑誌記事:新型デイズ、デザインインタビューです | トップページ | クルマ散策:オートモビル・カウンシルに行って来ました »

新車心象風景:日産デイズ

Photo_2

造形の「目標」に、実際どれだけの中身があるのか?ということなんだと思う。

売れ筋のワゴンタイプをあらためてデザインするとき、どんなイメージを持たせるのか? 何しろ担当デザイナー氏に言わせれば「まったく先代は意識していない」ということだから、もうどんな方向だってあり得るわけだ。

けれども、掲げたキーワードといえば「Vibrant(わくわく)」や「精密(Precision)」。なんて言うか、最近のデザイン・インタビューではお約束的な言葉ばかりで、新しさや独自性がどこにもない。もう、聞いた瞬間に腰が砕ける感じだ。

たとえば、緩くカーブするルーフの基本シルエットからして、なぜこのカタチなのかと尋ねても「わくわく=躍動感」みたいな回答しか帰ってこない。先代を意識しないのならもっと流麗でもいいし、あるいはボクシーでも構わない筈なんだけれど、そこに「今度はコレなんだ!」という具体的な主張がない。

決してハイウェイスターの「下」じゃなく、登録車のような個性を与えたという標準車のフロントは、Vモーション前提で薄くしたランプやグリルの下の広大な「空き地」が空しい。その間を埋める、ムダに大口を開けたアンダーグリルの一体どこが個性的なのか?

サイドウインドウはリアへ向けて狭くなり、ピラーの黒いパネルへ集約される。これは日産自慢の「キックアップウエストライン」によるけれど、しかし妙な寸詰まり感を生んでしまった。どうやらそのままの上下幅でリアまで延ばすとキャビンが大きく見えてしまうそう。でも、居住スペースが大きく見えたら何かマズイんだろうか?

ショルダーのキャラクターラインは先代より面質こそ高いものの、そもそも引かれた位置が曖昧だ。ラインがリアランプから始まるのは先代と一緒なんだけど、上下2本のラインに関係性を持たせた先代のような狙いが見えない。

とまあ、いろいろ書いたけれど、要するに、新型はどこかで聞いたようなキーワードを元に、何となく「いまっぽい」要素を散りばめただけに見えてしまうんである。新しいけど、中身がない。

先代は決して名作と呼べるようなデザインじゃないけれど、たとえば前後ランプからの大きな流れを、交差するような強いキャラクターラインで融合するという造形の意図が明快だった。ほぼ同じイメージなのに、一貫性を感じない後継車のお陰で先代のテーマ性が明らかになったのは、実に皮肉なところ。

だから、この新型については、兄弟車の三菱eKクロスの顔がド派手だとかなんてことは実は大した問題じゃない。6年前にできたことがどうしていまできないのか? これは結構根深い問題なんである。

|

« 雑誌記事:新型デイズ、デザインインタビューです | トップページ | クルマ散策:オートモビル・カウンシルに行って来ました »

新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

アクシオムさん

モーターショーで今どきのカッコイイコンセプトカーを出して「ウチはスゴイですから」感を出し、市販車はできるだけコストを掛けないように作るか集約するか、といったパターンですね。まあ、それで収益が増えているのだから社内的には正義なのかもしれません。それにしても、これが6年に一度のデザインとは・・・。

高橋直栄さん

そうそう、ワクワク=流麗、ダイナミックみたいな話しか出てこないんですね。だいたいバイブラントなんて言葉はトヨタが使っているんだから普通避けるでしょう。ルークスはもちろんトールワゴンで出るのでしょうけど、やっぱるりVモーションに引きずられたカタチになるような気がします。

Perさん

標準車に親しみ・・・ないですね。別段登録車っぽくもないし。初代ekワゴンはよかったですね。線はずらさないと動きが止まる・・・なんて思考ではできないデザインです。というか、いまのデザイナーさんって初代なんか評価しないのかもしれないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2019年4月 8日 (月) 23時14分

そうそう、「どっかで見たな」という、パーツの寄せ集めなんです。 「まあ、こんなもんかな」と。
「標準車は親しみのあるハンサムフェイスを狙った」そうですが、親しみを感じないんです。 目をつりあげて、なんか怖いんですよね。

清水草一氏によると、三菱eKクロスは、「絶世のブス最終兵器」だそうです・・・褒め言葉のようですが。

投稿: Per | 2019年4月 8日 (月) 21時37分

日産が初めて主導して造った軽自動車ということですけど、やはり日産は軽自動車が解ってないなとか、頭が固いと言うか古いなということをさらけ出した気がしますね。
ルーフが後ろ下がりなのも、サイドウインドウが後ろ上がりなのも、「わくわく」するカッコ良い車=クーペという古ーい発想かと思いました。
ついでにAピラーも寝かせ過ぎです。
軽自動車は出来るだけ中を広く見せなければ駄目だと思うし、遊び道具などたくさん積めそうで、シンプルでカスタマイズしやすいデザインが「わくわく」すると思いますし、初代ekワゴンの方が良いデザインだったなと思います。
出るのか判りませんが、デイズ・ルークスに少しだけ期待します、中が広く見えて、シンプルなデザインを。
その時初めてホンダのN・boxに勝負を挑めるかなと。

投稿: 高橋直栄 | 2019年4月 8日 (月) 12時54分

どこのメーカーも口先では自社のアイデンティティとかいうけど、結局トレンドに沿わないといけない焦燥感がありますね。
そういえば日産は2015年に軽自動車のコンセプトカー「TEATRO for DAYZ」ってのがありましたが、コンセプトカーで提案とリサーチをして出してくるのかと思ったらまったく違いましたね。
日産の場合は、デザインうんぬん以上に社内政治に根の深い要因があるので、クルマに一貫性を持たせるとかやれる状況じゃないんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2019年4月 1日 (月) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌記事:新型デイズ、デザインインタビューです | トップページ | クルマ散策:オートモビル・カウンシルに行って来ました »