« クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その1) | トップページ | 雑誌記事:ビジネスマン向けWebサイト記事の掲載です »

クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その2)

Photo_11

海外モーターショーが花盛り。ということで、その中から国産メーカー出展車のデザインチェック。今回は上海モーターショー2019から3台を。

レクサス最大のSUVとされるLMは「これ、アルファードじゃん」と、ネットを中心に結構な話題になっている。まあ、どう見てもその通りで、中国中心の海外市場なら問題ないだろうというお手軽企画だ。

と、そんなお気楽さではあるんだけど、デザインの話としてはそうも言ってられない。そもそも、レクサス・デザインとは一体何だったか? 「先鋭と清妙の美」「L-finesse」。カーデザインをアートの領域まで高める。そう掲げたのは他でもない、トヨタ自身だ。

その当人がグリルを無理矢理スピンドルに変え、ピラーとリアランプに「それっぽい」メッキパーツをガンガン張り付けて「はい、レクサス一丁上がり」とするのは、まさにデザインの放棄。レクサスなんて、カーデザインなんてこんなモンさと。まあ、何て悲しい仕事なんだろう。

Photo_12

ホンダのEV専用車であるX-NVコンセプトは、このカタチで何を示したかったんだろう?

すでに「Honda e」を発表しているタイミングで、現行世代代表のヴェゼルと日産リーフを足して2で割ったようなこのスタイルの意図は? もしかして、中国ではこういうシュッとしたボディがウケるからなのか、あるいは今後もホンダはこっち系のデザインを継続するということなのか。

ただ、仮に現行タイプを続けるにしても、ここまで工夫のないスタイリングはあんまりじゃないか? 地元の新興メーカーみたいにやたら派手にすればいいとは思わないけど、EVとしての新提案はもちろん、覇気も色気もまったく感じないんである。

Photo_13

日産シルフィは、前回のヴァーサの上級版。例によって日産の最新デザイン要素が全部盛り込まれたセダン。

ただ、そもそも基本がシャープ指向だから、よりサイズの大きいシルフィの方が無理がなくまとまりもいい。Vモーションに寸詰まり感はないし、前後のブリスター風フェンダーもすっきりしている。

けれども、繰り返し書くけれど、じゃあ果たしてこの日産の最新セダンは個性的で美しいと言えるのだろうか? たしかに各部はエッジがきいてシャープだし、凝った面の造作も素晴らしいのは間違いないんだけど。

ヴァーサに対するティーダのように、初代シルフィのようなシンプルな優雅さや、あるいは初代ティアナのような独自のエレガントさなど、豊かな含みに満ちた存在感や独自性が感じられないのは、一体どうしてなんだろう?

デザインの進歩、進化って何なのか? あらためて難しいなあと思うんである。

 

|

« クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その1) | トップページ | 雑誌記事:ビジネスマン向けWebサイト記事の掲載です »

クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

上海の方が話題は大きかったですね。NYとはしごできないかやってみましたが、あえなく断念しました。
LMは中国、アジア向けですし、アルファード/ヴェルファイアも末期に迫った状態ですから、これはこれで仕方ないのかも。LMのデザインを批判しだすと、ランドクルーザプラドと共用するGXや、ランドクルーザ200と共用するLXはどうなんだと議論の収拾が尽きなくなりますね。まぁ市場に対して臨機応変に対応したということなんでしょうね。
ホンダは、ホンダeの流れになるまでの過渡期にあるようなので、このようなデザインはまだ出てきそうですね。しかも理念という別ブランドも中国ではありますから、中国でのデザインは混沌を極めていますね。
シルフィはヴァーサよりもプラットフォームがいいせいか、低重心で腰高にならずしっくりきますね。これをニューヨークで新型セントラとして見たかったですね。日産も悲しいかな?完全に大中小相似形デザインにはまっているので、歴代シルフィやティアナが築いたモダンデザインをつなげることができませんでしたね。僕はエクステリア以上にインテリアくらい初代ティアナが提案していたモダンリビングの思想が、自動運転や電動化を進めるうえで継続すべきだったと思います。運転することも大切ですが、移動空間としてくつろげることこそ日産のこれからのアドバンテージなのに。

投稿: アクシオム | 2019年4月29日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その1) | トップページ | 雑誌記事:ビジネスマン向けWebサイト記事の掲載です »