« クルマ散策:オートモビル・カウンシル会場を歩いてみて | トップページ | クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その2) »

クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その1)

Photo_9

海外モーターショーが花盛り。ということで、その中から国産メーカー出展車のデザインチェック。まずは、ニューヨークモーターショー2019から。

まず最初は、スバル「アウトバック」。先のシカゴショーでのレガシィ発表時にここで残念な感じであることを書いたけれど、これをベースとするSUV風ボディも、当然それなりに残念なんである。

長いオーバーハングによるボリューム過多のフロントセクションは相変わらずで、しかも既視感満載の切れのないフロントフェイスによって新型感も欠ける。一方、例の「ダイナミック&ソリッド」によるカーブしたキャラクターラインが走るボディは、必要以上に痩せて見えてしまってフロントの重さを受け止められていない。

リアに向けて絞られるサイドグラフィックは、そのボディの中での居場所がボンヤリしていて、SUVとしてしっかり感を出したいのか、シャープにスポーティさを狙っているのかが何とも曖昧。

また、コンセプトカーではシャープに表現される「コの字」型ランプは、どういうワケか量産ではボテッとしていて重たい。とくにリアランプはSUVらしい力強さを加味した・・・ということなのかもしれないけど、実に野暮ったい。

2019

新型のハイランダーは、かつてのクルーガーの後継。最近のトヨタデザインはなかなか難儀だけど、いやこれはまたスゴいことになっているなあと。

切れ長の目と、エンブレムが妙に上に付いたスバルみたいなグリルの組み合わせがまず変だけど、その下で左右に広がるエアインテークがプレデターの顔みたいにグニャっとして実に気持ち悪い。

サイドでは、リアフェンダーの大きな張り出しがアウトドア的な表現なんだろうけど、一方で、Aピラーをブラックアウトし、まるでスポーツセダンのように伸びかにしたグラフィックと、どうにもアンマッチングだ。

ミッドサイズSUVと思いきや、リアランプはカムリみたいというのも同じで、もしかしたらその融合がコンセプトなのしれないけど、とにかく分かりにくい。クルーガーはもっと明快だったと思うんだけど。

Photo_10

ニューヨークショーに先立つ北米の音楽イベントで発表された日産ヴァーサは、ラティオに相当するコンパクトセダン。ご存知のように、現在の日産はデザイン要素として「Vモーショングリル」「ブーメランランプ」「キックアップウエストライン」「フローティングルーフ」を掲げている。

これらをコンパクトなセダンに落とし込んだのがヴァーサなんだけど、なんて言えばいいのか、それが手段というより目的になってしまっているように見えて仕方がないんである。

シュッとしたクーペ調ボディに各種の要素を「全部盛り」にしたボディは、たしかにいまの日産っぽいんだけど、じゃあそれは個性的であり美しいクルマなのか?

たとえば、そうしたデザイン言語がなかった初代のティーダラティオは、何かがひどく物足りないとか、あるいは安っぽかったかと言えば、そんなことはまったくなかった。むしろ、全体のまとまり感は遙かに優れていたと思う。

ニューヨークショーなど、3台は北米市場を強く意識した商品開発なんだろうとは思う。だから「そこは意図的なんだ!」という声もありそうだけど、まあそれにしても個人的には残念な感じだ。

|

« クルマ散策:オートモビル・カウンシル会場を歩いてみて | トップページ | クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その2) »

クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

元スバリストとしてBP9がとても懐かしく思えます。一部にはこの新型がそのBPを思い起こさせるなどという声もあるようですが、どうでしょうか。
これまでレガシィやアウトバックがモデルチェンジされた際は毎回新しい提案があって、それは楽しみでもありましたが(但しBRのデザインはト○タがデザインしたのかと思えるほど酷いものでしたが)今回の新型はどう見ても現行BSの焼き直しにしか見えません。折角SGPを採用したというのに、この決断力のなさは一体どうした事でしょうか。
個人的にはまだセダンのほうが救いがあるように思えますが、果たして国内デビューは実現するのかも気になります。
但しインテリアは今までに比べて格段に進化したようですので、そこは評価したいです。
またリヤデフを強化するなどメカニズムもテコ入れされたとの事なので多少見た目が悪くても(笑)車としての完成度は向上している筈なので見た目さえ気にしなければ決して悪い車ではないかもしれません。(多分そのうち見慣れますでしょうし)
ともあれメーカーに媚びるモータージャーナリストが多いなか、すぎもとさんのような方は本当に貴重です。
微力ながら応援しておりますのでこれからもメーカーを「甘やかさないよう」頑張って下さい。

投稿: にーの | 2019年4月24日 (水) 20時57分

実は大型連休前にちょっと突貫でニューヨーク行ってみてきました。(2泊3日、実質1日のみの視察)
ニューヨークショウは正直話題では上海に軍配があがりますが、面白いのは会場が3階と1階に分けて出展されていること。スバルはメインを3階で行い、そこにアウトバックが展示され、1階にもスバルのブースがあって、そこに新型レガシィセダンとなぜか新型アウトバックのターボ車が展示されていましたね。
余談はさておき・・・ではなく、詳しいレポートは後程ブログでお伝えしますが、ざっくりした3車の実車での感想を。

アウトバック
 デザイン面でのモデルチェンジのパターンは、フォレスターと同じで、基本的なデザインは先代からの流用で、それを最新のスバルデザインにリニューアルしたと思ってもらえばいいです。バランスはフォレスターよりいいと思いますが、新しいSGPというプラットフォームを採用した割にパッケージ的には先代と同じで、ホイールベースも同じせいか広くなった実感はないですね。

ハイランダー
 トヨタブースの後ろにビュイックがブースを出展していましたが、一見するとビュイックのSUVと同じで、随分ハイランダーが多く展示している!と錯覚するくらいにフロントマスクは似ていますね。あとスバルのフォレスター、マツダのCX-9とサイドグラフィックにても、テールランプにしても随所に同じようなデザインがまるでパズルのように組み合わさっています。先代の方がまだクセがあってハイランダーと認識できますが、新型のデジャブ(既視感)は相当なものでした。

ヴァーサ
 先代のラティオ/ヴァーサと比べると格段にクオリティが上がっていて、これで価格が先代同様リーズナブルであれば、引き続き北米でヒットしそうですね。
 おそらくメキシコで生産され、同じ工場で生産されているSUV キックスのかなりの部分共用しているので、出来はわるくなかったですね。
 しかし、日産は完全に相似形デザインにはまっていて、昨年フルモデルチェンジしたアルティマ、上海でモデルチェンジを発表したシルフィを横一列に並べれば完全に大中小のアルティマが3台あるといった印象です。

投稿: アクシオム | 2019年4月23日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クルマ散策:オートモビル・カウンシル会場を歩いてみて | トップページ | クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その2) »