« 雑誌記事:オートモビル・カウンシルの取材記事、4回目です | トップページ | クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その1) »

クルマ散策:オートモビル・カウンシル会場を歩いてみて

Photo_8

「オートモビル カウンシル2019」では、国産各メーカーのブースを取材して記事を掲載した。そこで感じたのは、メーカーの自社商品もしくはクルマというもの自体についての認識の違いなんである。

これはオートサロンでも感じたことなんだけれど、近年でいちばんシックリ来るのはマツダのブースだ。今回はロードスターがテーマだったけれど、単に初代から現行型までを並べるだけじゃなく、そこにストーリーを持たせた展示になっている。

さらに、当時の開発者のトークショーを行うなど、そのストーリーをより立体的にする企画も準備されている。もっと言えば、展示された最新型はロードスターの30年周年仕様という念の入れようだ。つまり、このブースで何を訴えたいのかが明快なんである。

一方、6台もの80年代車を並べたトヨタは「デートカー」「ハイソカー」「スポーツカー」という括りで車種をチョイスしたという。けれども、じゃあそれで何が言いたいのか、いまの時代に何を伝えたいのかが分からない。単に「懐かしいネ」しかない。

日産はGT-RとフェアレディZの50周年をテーマとしたけれど、前者が1969年の3代目と現行型、後者が初代と89年のZ32の2台ずつを並べただけで、その意図は不明だった。もちろん、各々は名車だったかもしれないけど、じゃあその50年は何だったのかという仕掛けは見当たらない。

オートモビルカウンシルは、新旧のクルマの展示による自動車文化の創出を掲げている。であれば、80年代のクルマを並べた意味は何なのか、そこから何を発信したいのかを明確にしなければ目的には達しないだろう。

その点、たとえば80~90年代の自社商品をメーカー品質でレストアするボルボのクラシックガレージなどは、マツダとはまた違った視点での明快な文化の発信に思える。

トヨタの担当者は、いまどきの若者が80年代車に惹かれる不思議さを語っていたけれど、じゃあその魅力とは一体何なのか? 正解は難しいにしろ、少なくともメーカーなりの「回答」をテーマとして打ち出して欲しかったんである。 

 

 

|

« 雑誌記事:オートモビル・カウンシルの取材記事、4回目です | トップページ | クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その1) »

クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

オートモビルカウンシル自体、クラシックミーツモダンがテーマなんですけれど、次回からは開催年度ごとに具体的なテーマがあってもいいと思いましたね。
なんとなく平成元年である1989年がテーマではあったと思いますが・・・広報戦略的にマツダは市販車とそう変わらないブランドの訴求がありますが、他のメーカーは広報戦略とはまた別の感じがしますね。トヨタは新型スープラを復活するのなら、セリカXXから歴代スープラを並べてあげた方がよかったかと。トヨタの出展は80年代をテーマにしているんでしょうけど、ちょっと総花的ではありましたね。でもトヨタ博物館は各社に音頭を取っていたようなので、その点は評価すべきでしょうね。
しかし、出展するのに1台35万円はなかなかなお値段ですね。オーナーズクラブで出展するには厳しいですね。ちょっと考えたんですけど・・・

投稿: アクシオム | 2019年4月14日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌記事:オートモビル・カウンシルの取材記事、4回目です | トップページ | クルマ散策:海外ショー、デザイン雑感(その1) »