« 雑誌記事:ジュネーブショーデザイン短評2回目です | トップページ | Drive My Car:オーディオを交換しました »

雑誌記事:ジュネーブデザイン短評、3回目です

Imq
ジュネーブショーでの日本車デザイン短評の3回目が掲載になりました。

今回は日産とトヨタです。

日産は例のインテリジェント・モビリティシリーズである「IMQ」。本文のとおりですけど、カッコいいか否かと言えばカッコいいのですが、どこかで見たことがあるような既視感ドップリな感じです。何で日産はこういうコンセプトカーを出し続けるのか?

トヨタはカローラのツーリングですね。これまた本文のとおりですが、ここ最近のトヨタデザイン全開のスタイルはどうもピンと来ません。シュッとしているけれど、だから何?という。こういう国際ショーを市販車で見せること自体はとてもいいことなんですけどね。

それでは下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2019/03/11/717274/

|

« 雑誌記事:ジュネーブショーデザイン短評2回目です | トップページ | Drive My Car:オーディオを交換しました »

雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

すぎもとさん
 日産のIMシリーズはそれなりに将来出すためのティザー広告的なものだと思いますよ。あと中村史郎さんの後任であるアルフォンソさんがデザイントップになって、こういうデザインにするという将来像を明確に示したと思いますね。その点は、混とんとするトヨタデザインよりもクリアだと思いますね。
 日産はゴーンさん追放したところで、簡単に日本や海外を含めそんなに新車を出せるものじゃないでしょう。もう出す時に出せないんですから、ある意味手遅れかも知れませんね。国内市場は、せいぜい古くなったクルマを終了させて、今売れているものと海外で売っているものがたまたまうまく国内市場に合致すれば売るかもしれない程度になるかも知れませんね。
 トヨタは、国内販社を整理するついでに、もうちょっとデザインのマトリックス化を図ってトヨタブランドすべてを統一するよりも、ジャンル、カテゴリー、市場に合わせてデザインを整理する方がいいと思われます。その中で、機能性を追求するもの、エモーショナルを追求するものを分ければいいでしょう。

投稿: アクシオム | 2019年3月17日 (日) 22時04分

アクシオムさん

日産はどういうつもりでこのIMシリーズを出し続けているのか? 要は意味深なコンセプトカーを1台作って、単純に話題だけ「稼ごう」という気配が感じられてしまうのですが。最小の投資で最大の広告効果を上げるというスタイルが目につきます。大坂さんとか。
トヨタは、先日公式サイトをじっくり見たのですが、例の本部長さんが「機能とエモーショナルを両立させたい」などと、ちょっと信じられないことを語っていました。そりゃあ、こういうデザインになるわなあ・・・という感じです。

投稿: すぎもとたかよし | 2019年3月17日 (日) 20時53分

日産は昨年秋のお家騒動で、新車投入能力がないことが明らかになったので仕方ないですよね。本来ならIMQなんてコンセプトカー出すより、新型ジュークを出すべきでした。次期ジュークと思われるGRIPZなるコンセプトカーを出してから今年で4年も経つのに・・・おそらくGRIPZを基に新型ジュークを出すと、現行ジュークのデザインが評判の欧州市場でダメだったんでしょうね。先月末にスクープされた次期ジュークを見てがっかりでした。IMQはQ=次期キャシュカイを示しているかもしれません。次世代のデザインランゲージはそれなりに期待できますが、せいぜいコンセプトカーVモーション2.0から新型アルティマが市販したくらいのスピードで投入できるといいのですが・・・
カローラツーリングスポーツは、欧州ではオーリスツーリングの後継だけでなく、アヴェンシスワゴンの後継も担っているようなので、このクルマそのものがカローラフィールダーの後継として投入されることはないでしょう。このまま出されても図体はでかくても、リアウィンドウが見た目以上に寝すぎていて、リアラゲッジルームの積載性が悪いので、フィールダーのように営業車として使うのには向いていませんね。トレックはボルボのクロスカントリーみたいなライトクロスオーバーを狙ったんでしょうが、クロスオーバーのデコレーションもさじ加減が重要ですから、このトレックはセンスはいいけど、ちょっと押しが弱いですね。
TNGAにしてもスカイアクティブアーキテキチャーにしても、低重心をねらったプラットフォームというか、コンポーネンツなんですが、なんだかデザイン的な低重心=かっこいいという強迫概念にとらわれ過ぎて、ホントにかっこいいだけでいいのか疑問に思いますね。ホントは運転手だけなく助手席、後席に乗る人にとってもう少し余裕のあるパッケージを生み出して欲しいのですが。

ジュネーブショウの動画レポートまとめましたので、ご覧ください。そのままどうぞ!
https://minkara.carview.co.jp/userid/174658/blog/42600970/

投稿: アクシオム | 2019年3月13日 (水) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:ジュネーブデザイン短評、3回目です:

« 雑誌記事:ジュネーブショーデザイン短評2回目です | トップページ | Drive My Car:オーディオを交換しました »