« 雑誌記事:クラウンデザインコラムです | トップページ | 雑誌記事:三菱デリカD:5のデザイナーインタビューです »

新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ

Photo
まあ、売れるんだから仕方がないって話かとは思う。

登場時点で、そのスタイルの酷さと安普請な作りについてはここに書いたとおり。コペンやトール、ヴィッツといった残念なコンパクトが続くダイハツとトヨタの中にあって、もう群を抜いた劣等ぶりだった。

太鼓持ちの評論家もこのクルマについては珍しく辛口で、とくに走行性能への指摘はずいぶんなモノ。彼らが口を合わせたように書くんだから、そりゃもうどうにもならない出来だったのかもしれない。

そういうわけで、早くもメディアから消えたブーン/パッソがとった対応策のひとつが、マイナーチェンジでの強引な「オシャレ化」なんである。恐ろしく退屈なボディにトラフグが大口を開けたようなグリルを設け、女子のピンクだの大人のブラウンだのと、およそ躯に似合わない色を塗って「はい、オシャレさん一丁上がり」といった具合。

この新しいブーン/パッソ自体については、だからあれこれいう価値もない。言っておきたいのは、まずメーカーの姿勢だ。

トヨタは社長の口癖である「もっといいクルマ作り」を実現すべく、カンパニー制なんて大がかりなことを進めているわけだけど、じゃあこれは何だと。もちろん、企画に関わっている以上「OEMだから」なんていうのは通用しない。ダイハツだって「Light you up」なんてグループスローガンを掲げ、自社の強みだのモノ作りだのを訴え始めたけれど、だったらこれは?

「いや、エントリーカーだからさ」も通じない。入門車だからこそメーカーの理念が見えるとも言えるわけだし。極端な例だけど、アウディが「A3以上はちゃんと作っているけどA1はこれでヨロシク」などとピンクのブーンを売るなんてことはない。けれども、トヨタはそれを平気でやっているんである。ま、やるなとは言わないけど、だったら「いいクルマ」なんて口にするべきじゃない。

さてさて、僕がこんなことを書いたところで、冒頭のとおりブーン/パッソは売れていて、それも結構いいランキングだったりする。もしかしたら、これから篠原涼子の色気でもっと売れるかもしれない。

もちろん、そこそこ広くて軽より安いという条件はある。けれども、救いようのないスタイルと安普請な走りのクルマを買う僕らユーザーには、相変わらずセンスのカケラもないと言わざるを得ない。

この手の話をすると「誰もがクルマに興味があるわけじゃない」という声があるんだけど、これはクルマへの興味の問題じゃない。よいモノとそうじゃないモノを見極める力、感覚の話だ。僕ら消費者にはそれが猛烈に欠けている。

で、少なくともトヨタは、そんな日本のユーザーを知り尽くしているんである。だからこそ「はい、コレ安くて可愛くていいでしょう?」と。

|

« 雑誌記事:クラウンデザインコラムです | トップページ | 雑誌記事:三菱デリカD:5のデザイナーインタビューです »

新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ネコさん

そうですね。ただ、本文にも書きましたけどそれでマンマと騙される日本のユーザーの「レベル」を知り尽くしているということだと思います。べつに、トヨタも本当にそれでいいとは思っていないのでしょうけど、お手軽で済むなら楽して儲かる方がいいわけで。まあ、ダイハツはそれでいいのか、とは思いますけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2019年1月 1日 (火) 22時46分

トヨタの罪深さってお金を出す人には『それなり』の車作るけど、お金を出さない人にはあからさまに『手を抜く』ことですね。
他のメーカーは「低価格でもいい車」作ろうとして結局価格競争に敗れてきた。試乗会でジャーナリストが開発者に問題点を伝えても「初心者や高齢者、女性の乗る車ですから・・」で誤魔化すという話もよく聞くし。「トヨタのブランドとディーラー網ついてくるんだから、車のデキはこれでいいでしょ」って本末転倒だよなぁ。

投稿: ネコ | 2018年12月31日 (月) 16時33分

高橋直栄さん

ああ、そうですね、500みたいなのを作ってから言って欲しいですね。まあ、社長がコンパクトFFハッチなんて興味がないんでしょうけど・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年12月25日 (火) 17時17分

こんな車を出すから、「もっといい車作り」とか言ってもトヨタは信用できないんですよ。
最初に出たときからMINIの「パチもん」にしか見えなかったし。
VWもプジョーもルノーもフィアットも、エントリーカーから、ちゃんとした、走らせる楽しさを感じられる車を作っているのに。
こんな車を最初に乗ったら、車好き、ドライブ好きにはならないでしょう。
それで「若者の車離れ」なんて言っても、じゃあ若者の乗りたくなるような車を作っているのか?
フィアット500みたいな車を作ってから言ってほしい。
ちょっと前の中国車は、形だけ日本車の真似で中身はお粗末なシロモノでしたが、現在の中国車はちゃんとしています。
それなのに、日本のトップの、世界でもトップクラスのトヨタが未だにこんな車を出すなんて恥ずかしいです。

投稿: 高橋直栄 | 2018年12月23日 (日) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ:

« 雑誌記事:クラウンデザインコラムです | トップページ | 雑誌記事:三菱デリカD:5のデザイナーインタビューです »