« 雑誌記事:歴代カローラデザインコラムの3回目です | トップページ | 雑誌記事:歴代クラウンのデザインコラム4回目です »

新車心象風景:トヨタ・シエンタ

20180911_01_02_s

意外に素直だったなあ、と思う。

シエンタについては発表時にここにも書いたけれど、当初から好感は持っていたんである。それは、久々にトヨタらしい佳作だったから。

つまり、とんでもなく革新的とか高級感があるとか、想像を超えた・・・みたいな話じゃなく、普通のユーザーのちょっとだけ先を行った「カッコよさ」と「先進性」を感じさせる巧みさがあったからなんである。

とくに、80年代から90年代初めにかけての商品展開はこの「巧さ」が光っていて、日産をはじめ他メーカーが右往左往する中、見事にニッポンのユーザーの中心部分を掴んだと。一方、カムリだクラウンだと抑制を欠いた攻撃スタイルに邁進する現在のトヨタの中にあって、シエンタのカジュアルさは肩の力の抜け具合が気持ちいい。

だから、マイナーチェンジではどうなっちゃうんだろうと若干心配だったんである。ヴィッツやカローラのマイナーチェンジのように、「これでもか」の大爆発方向だったら残念だなあと。ところが、これが意外にまともだった。

フロントランプから下るブラックパーツのラインは、もともと下端でグリルとつながっていたけど、ここを離したのが意外。初期型も他車のような無理やり感はまったくなく、逆にこれが
シエンタの特徴になっていたけれど、離してもそれ程のバランス欠如はなさそう。少なくとも、ここをもっと派手に、なんてことじゃなくてよかったと。

また、リアドア下のアクセントやリアパネルについては大きな変更はなく、そこもよかった。フロントの変更でそれなりの表情の変化は出せているので、無理にあちこちを変える必要はないので。

唯一「おや?」となったのが、ルーフとのツートンカラーだ。まあ、企画自体は流行だから仕方がないのかなと思うけれど、リアピラーで塗り分けをしたのはいかにも中途半端だ。2色であることをアピールしたいとか、あるいはピラーをブラックで伸びやかさを、なんて意向は分からなくもないけれど、ここはルーフ部分で収めるべきだったと思う。

とまあ、その程度の疑問というのは、最近のトヨタ車では本当に珍しいんである。よっぽど開発主査の狙いが明快なんだろうか?

|

« 雑誌記事:歴代カローラデザインコラムの3回目です | トップページ | 雑誌記事:歴代クラウンのデザインコラム4回目です »

新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

高橋直栄さん

黒のライン、僕は悪く思わないんですよ。それ自体は突飛ですが、これを前提としたトータルデザインになっているので、ヴィッツやカローラのマイナーチェエンジ版や、カムリなんかとは別なんですね。実に変わったモチーフを使ってまとめ上げるのはなかなかの手腕だと思っています。

pottsyさん

シエンタが性別を選ぶクルマだとは思わないですが、一方で女性の中に「これは男性のもの」という意見があったとしても不思議には思わないです。このあたりは個別の感覚・感性の範囲じゃないかと思います。スズキのラパンで「男性でも似合う」という意見に異論があるのと似てますね。つまり、いいデザインか否かの話じゃないということですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年9月17日 (月) 15時41分

先日、初代のシエンタに乗っていた長女が車を買い替えるので相談に乗りました。子供が二人なのであれぐらいのサイズがちょうど良いということでした。しかし今のシエンタは娘いわく「このデザインは無理、これは男の車だ?ママ友の間でも前のデザインが愛嬌があってよかったけど今のは無いね、という話になってるし....」私としてはトヨタで唯一買ってもいいデザインかなと思っていたのですが?結局ホンダに行って(乗って行ったシエンタをけっこういい値でしたどりしてくれたので)決めました。まあ娘が乗るんだし、私的にはシエンタありかなと思っていたので少し考えてしまいました。

投稿: pottsy | 2018年9月17日 (月) 08時57分

このシエンタ(マイナーチェンジ前の、二代目でしたっけ?)が出た時、「なんだこの歌舞伎の隈取りみたいなのは?カッコ悪い!」って思いました。
私の回りの人も皆同じようにカッコ悪いと言ってました。
恐らく、販売サイドからそういう意見があったのではないでしょうか?(想像ですけど)
だから少しだけ普通に戻したんだと。
ヘッドライトから下に下がる黒い縁はこのシエンタのアイデンティティーの部分なので、そこを変えたらデザイナーの完全敗北ですから、さすがに変えられなかったのでは?
デザイナーの初期の狙いを生かして改良するなら、黒い縁どりをヘッドライトの前からトヨタマークの所へつなげて、ぐるりと一週させた方が良かったと思います。
リヤゲートの黒い縁も上へ伸ばしてぐるりと一週させれば前後で一貫性も出るし、違和感無くなると思うんですけど。
ま、最初から黒い縁どりなんか無い方がスッキリしていいと思いますけどね。
(アルファードとかのメッキグリルギラギラ路線に行かなかっただけマシかな。)

投稿: 高橋直栄 | 2018年9月17日 (月) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・シエンタ:

« 雑誌記事:歴代カローラデザインコラムの3回目です | トップページ | 雑誌記事:歴代クラウンのデザインコラム4回目です »