« 新車心象風景:ホンダ/N-VAN | トップページ | 雑誌記事:新型センチュリーのインタビュー記事です »

新車心象風景:ホンダ N-VAN

Nvan

ホンダらしさって何だろう、と考えたんである。

アクティやバモスがあったとはいえ、いよいよ本格的に商用市場に切り込むんだという強い意志は、ヒットブランドの「N」シリーズとしたことでも十分伝わるところだ。

とにかく、スタッフの熱が高い。デザインコラムのための取材でも、カタチの前に、このクルマの開発がどんな経緯で進んだのかの説明が、詳細な資料映像とともに延々と続く。

当初のパッケージング検証が非常に甘かったこと、そこから現場重視の姿勢に軌道修正したこと、ユーザーへの徹底したヒアリングを行ったこと、そしてその声をいかに取り込んだのか、等々。

デザイン部門でさえこれだから、エンジニアリング部門などえらいことになっているんだろうなと思う。ユーザー、たとえば職人さんの声は極めて具体的な要望であり指摘でもある。それはつまり「機能」として、聞けば聞くほどやることが見えてくる。

たぶん、スタッフ皆が同じ方向を向くことになって、いい流れができたんだと思う。で、やればやっただけ「自負」も生まれてくる。ここまでやり切ったゾ、というような。勢い、取材では「まずこの経緯を聞いてくれ」となる。これを聞いてもらわにゃ話にならないんだ、と。

使う人の立場にたった開発はホンダの源泉。その意味でN-VANはとてもホンダっぽい。けれども、だ。デザイン取材に出向いた僕としてはこうも思う。「何でこんなにN-BOXに似てるんだろう」「このエクステリア、そんなに機能を感じる?」「ぶっちゃけ、このカタチって新しい?」

ホンダには、常にパッケージからカタチを発想するという伝統があるらしい。ただ、それは「機能が高ければカタチは二の次」という意味じゃないだろう。実際、シビックやビート、ステップワゴンなど、かつての名車は優れたパッケージをより優れたスタイルで包み込んでいた。

N-VANは「スクエア」「しっかり」「フレンドリー」をデザインのキーワードに掲げた。ここに「新しさ」「斬新さ」はないけれど、もちろんそれは大前提での話ということじゃなかったか?

「我々はN-BOXに似ているとは思っていません」という回答の意図は理解できる。けれども、いや、だからこそN-VANには、ホンダらしいと手放しで評価できない少しの物足りなさを感じるんである。

|

« 新車心象風景:ホンダ/N-VAN | トップページ | 雑誌記事:新型センチュリーのインタビュー記事です »

新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

高橋直栄さん

ひと昔前のワンボックス風ですか、なるほど。いちばん割り切っているようで、実はN-BOXの方がそう思えるっていうのは面白いですね。もちろん、商用車としてのいい意味での軽さみたいなものはありますが、たとえば道具感は先代N-BOXの方が感じるとか。面白いですね。

Ueda meijiさん

すごい深い言葉ですね。ホンダのこれまでの名車はその辺ができていたんですけど、このN-VANはあまりにのめり込み過ぎて何かを見失った気がします。もちろん、レジャー用途を考えてのこともありますし、落としどころを完全に間違えた・・・とまでは言いませんが。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年10月 3日 (水) 13時21分

建築家ミース・ファンデル・ローエが、ビデオで自身の機能的建築を説明して、構造や機能などは真実なので表現することはできない。だから構造や機能の真実を表現するために不要なパーツを付けるんだ、と。構造や機能を追求するのは道具として当然だけど、その意味をどう表現するかがデザイナーには問われている。ホンダのデザイナーは、それが分かっているのか、どうか?

投稿: Ueda meiji | 2018年10月 2日 (火) 20時04分

ミニバンの黎明期には日産のラルゴ、セレナ、トヨタのグランビアとかの、Aピラーから後ろは昔のワンボックスカー、そこにちょこっと乗用車風のボンネットを付けた車が多くありました。
N-VANにもそんな匂いがします。
中途半端感、一昔前のワンボックス風に感じたのは、その辺りかと思います。
N-BOXはその辺り開き直って、BOXで行くんだという決意が感じられます。
N-VANはスクエアと言いつつ、乗用車風にしたいという欲が感じられます。

投稿: 高橋直栄 | 2018年9月28日 (金) 12時15分

高橋直栄さん

機能性を前面に出したカタチ=つまらない、ということはないのですが、このクルマにはどことなくそんなことを感じてしまうんですよね。もちろんデザイナーにそんな気はないのでしょうけど、じゃあ徹底的に追い込んだのか?というとそうは思えない。その点N-BOXはしっかりやり切っているます。バンとしての仕事感と、遊びので乗用車感を足した・・・ということなんでしょうけど。

KATSUさん

初代フィットはそれなりにまとまっていてイヤみのないデザインだったと思いますが、ホンダらしいかと言われるとちょっと違いますね。だからといって現行型がイイというわじぇないですが。この辺、もう当時から大企業病は始まっていたということでしょうか。まだまだ最近ほどではないにしろ、無難路線の始まりというか・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年9月27日 (木) 13時36分

すぎもとさんがN-VANに感じたこと、初代フィットにも感じました。センタータンクレイアウトを採用して、コンパクトなクラスで4人キチンと乗れて、燃費も良くて、走りも過不足なし、あのクラスで家族のファーストカーとしても恥ずかしくない初めての車だったと思うのですが、初代シティとかのようなワクワク感がないんですよね。つまらない。優等生だけどつまらない。面白味が無い。このN-VANもスタイリングにワクワク感がないんですよね。インパネもコンセプトは分かるけど、結果的にとっ散らかってるように思えるし。

投稿: KATSU | 2018年9月25日 (火) 11時42分

率直に言うとガッカリしたんですよ。
いや、商用車としての機能と言うか、たくさん荷物が積めるとか、左から積み降ろししやすいとか、頑張ったんだと思います。
軽バンに乗って仕事をする人にはいいと思いますよ。乗り心地が格段に良くなって。
でも、仕事と関係無い、ホンダが想定していない第三者的な立場から言わせてもらうと、軽自動車はセカンドカーとしてしか考えていないので。
4ナンバーは維持費が安いし、どうせ二人しか乗らないからリヤシートは狭くても構わないし。
NBOXの4ナンバーが出たら欲しいなと。
でも、この助手席を見たら、これは駄目だと、これにかみさんを乗せたら2度と乗りたくないと言うだろうから、一気にセカンドカーに欲しいな、という気が無くなりました。
他の人にも薦められません。
で、発表されて、デザインを見たら、あれ?と思ったんですよ。
NBOXって、こんなカッコ悪かったっけって。
見比べると、ボンネットが前下がりになっているし、Aピラーが半端に寝かされているし、一昔前のワンボックスカーみたい。中途半端なんですよ。2BOXでもないし、1モーションでもないし。
NBOXの堂々としたボンネットが良かったのに。
タイヤも小さくなって見えるし、ホイールハウスの丸いラインも無くなって、ホイールが四隅で踏ん張っているどっしり感が無く、頭でっかちな不安定感があります。
何でワザワザお金かけてカッコ悪くするのかな?
というのが、ホンダがユーザーとして想定していないだろう第三者の感想です。

投稿: 高橋直栄 | 2018年9月24日 (月) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ N-VAN:

« 新車心象風景:ホンダ/N-VAN | トップページ | 雑誌記事:新型センチュリーのインタビュー記事です »