« Drive My Car:ちょっと入院しました | トップページ | クルマ散策:銀座の日産ギャラリーを覗く »

新車心象風景:VW up! GTI

Img何かこう、ちゃんとやってるなあと思うんである。

今回は、ゴルフ、ポロとの”GTI・3兄弟”同時デビューというかたち。up!だけでもそれなりに商品性はあるものの、とくに新しいポロと合わせ技とすることで、購入意欲の喚起を段違いにしようかと。

それにしても、3兄弟として並べることにほとんど違和感がないのは大したもんだと思う。年々サイズが大きくなったり、ルポからup!へ名前が変わったりしているものの、それぞれの位置づけに変わりがないことが効いている。

だから、up!のGTIに対して「あんなのはGTIを名乗る資格がない」とか「ルポの後継とは認められない」なんて声はほとんど聞こえてこない。グリルの赤いラインやチェックのシートを用意しても「こんなの無理矢理だ」なんてことにはならない。いや、それどころか「初代ゴルフGTIの再来」という位置づけにも特段反論はない。

ひとつの車種をずっと作り続けることはもちろん、名前が変わってもVWとしてのDNAを意識させるなど、丁寧なクルマ作りによって「定番」を生むことができる。さらに、クルマだけでなくGTIというシリーズまでも継続できるんである。

たとえば、4代目のカローラに設定されたGTは「羊の皮を被った」的な人気を集めたけれど、ご存知のようにいつの間にかフェードアウトしてしまった。これはGTグレードへのこだわりはもちろん、クルマ作り自体もブレまくったが故の結果だろう。

仮に、新しいカローラスポーツのセダン版にGTの名前が復活しても、「あのGTが!」などと騒ぐのは一部のマニアだけで、フツーのユーザーにはほとんど響かないと思う。新型カムリの登場で、強引に80年代を持ち出して空振りしたのと一緒だ。

さて、up! GTI。初代ゴルフへのリスペクトと、210万円台という価格を実現するために3ドアのみとした戦略は見事に成功した。まあそれはいいとして、もし今後本国で用意されるようなら、より実用的な5ドアを期待したいところ。

それと、ボディカラー。この手のスポーツモデルは白・黒・赤と相場が決まっているんだけど、そういう固定概念は捨てて、それなりに待てばオプション数色を選べるといった対応が欲しい。そもそもup!は、ポップなボディーカラーが魅力のクルマなわけだし。

|

« Drive My Car:ちょっと入院しました | トップページ | クルマ散策:銀座の日産ギャラリーを覗く »

新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

高橋直栄さん

VWは大衆車路線としてシンプルデザインを進めているのだと思いますが、途中から精緻を極める感じになって半ばプレミアム狙いになってしまいましたね。べつに質感が上がるのはいいと思いますけど、それでギラギラしてしまっては元も子もないかと。難しいものですね。

Perさん

タイヤはオーバーサイズですよね。でも日本ではそれが好まれるってことなんでしょうね、残念ながら。タイヤは大きく、マフラーは太く、車高は低くという価値観はどこから来たのでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年8月18日 (土) 12時06分

195/40R17タイヤは、薄すぎて下品に感じます。  ポロGTIと同じ17インチは無理があると思います。

投稿: Per | 2018年8月18日 (土) 00時20分

車はいいのかも知れませんが、残念ながらデザインが好きじゃ無いんですよね。特にバンパー周りが。
て言うか、ゴルフⅥ以降のVWのデザインが好きじゃない。
それまでのゴルフ、ポロ、ルポの丸っこいライトが好きでした。温かみがあって。
今のデザインは流行りかも知れないけど、ツンケンして温かみに欠けていると感じます。
ゴルフもポロも、どんどん大きくなってプレミアム路線になってますが、VWはあくまでも大衆車だと思うんですよ。
ゴルフは売れてるけど、それより上のクラスの車は売れないですよね。メルセデスやBMWと競合したらやはり負けちゃう。
VWはやはり大衆車路線を貫いてほしいです。
UP!はデザイン以外はいいけど、やっぱり200万円以上出したくはないです。

投稿: 高橋直栄 | 2018年8月17日 (金) 22時30分

アクシオムさん

ポロの内装はおっしゃるとおりですね。あの赤いパネルは「あれ?」という感じですし、形状はともかく、質感が落ちている感じもあります。次のゴルフはアルテオンやポロなどの平たいカッチリ系になるんでしょうかね。妙な高級路線はキケンな感じがしますが・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年8月17日 (金) 19時55分

継続性の問題ですね。昨年のフランクフルトショウでは、発表されたばかりのポロにGTIがさっそく登場し、up!GTTIとともに初代ゴルフGTIと並んで展示されていたのにはさすがと思いましたね。
でも、ゴルフって相当肥大化した割に、未だにこのクラスのスタンダートであり続けているのは偉大ではありますね。
その点、新型ポロGTIはちょっとインテリアのパネルデザインが惜しいですね。パネルのレッドが下手過ぎて・・・
新型ポロのデザイン全体もややビジーでゴルフに比べると落ちるし、アルテオンなんかもサイドグラフィックの処理が緩くて、バランスを欠いているので、今後のVWデザインが気がかりですね。来年登場の次期ゴルフがどうなるか?

投稿: アクシオム | 2018年8月16日 (木) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:VW up! GTI:

« Drive My Car:ちょっと入院しました | トップページ | クルマ散策:銀座の日産ギャラリーを覗く »