« 雑誌記事:旧車コラム番外編の3回目です。 | トップページ | クルマ散策:阿蘇ミニドライブ »

新車心象風景:ダイハツ・トコット

Photoたぶん、これがクルマだと思うからいけないのかもしれない。

発表会では、若い女性開発チームの紹介がにぎやかに行われ、彼女たちの「本音」がしっかり落とし込まれていることが語られた。即ち、女性=カワイイという発想は男性目線による実に安易なものであり、私たちはそんな単純な感性を持っているワケじゃない。2018年を生きる若い女性は、もっとシンプルで自然体でいることを大切にしているのだと。

かつてミラ・ココアを手掛けたという男性チーフエンジニアは、最初は彼女たちの提案がなかなか理解できなかったけれど、丁寧な説明を聞くうちに最後には「なるほど」となったと嬉しそうに語った。

ウーン、何だろうそれは?

いや、その違いについては理解できる。チームがそうしたように、お洒落なセレクトショップだの流行のカフェに行けば「いま」の生活感や雰囲気がそこにある。それはミラ・ココアのぬいぐるみ的趣味じゃないことも分かるし、もっと言えば僕もそうした感覚は嫌いじゃない。

けれども、だからと言ってその程度の「違い」がクルマを作る動機やコンセプトになるのかと言えば、まったくそうは思わない。あえて言うけど、実にくだらない。

チーフデザイナー氏は、開発スタッフ間に「女性のための」という認識はなく、性差は意識しなかったと語った。つまり、今回は”初心者の若い女性”転じて、運転のしやすさや使いやすさという普遍的な基本性能を大切にしたのだと。

けれども、それは別段トコットに限定するような話じゃないし、今回優しいと自慢するパノラマモニターやUVカットガラス、シートヒーターやスマアシⅢなどはどの車種にも用意される既存の機能であって、逆の意味でトコットだけの話じゃない。

ま、どうこう言っても発表会では女性チームがズラッと並んで挨拶をしたんである。それで「若い女性のためじゃない」というのは無理がある。まずは若い女性にしっかりアピールし、誰にでも使いやすい云々はまあその次に加えておこうと。まる子ちゃんのTVCFがそうであるように。

その証拠か、自分らしさ云々を謳っておきながら、結局「スイートスタイル」だの「クールスタイル」だの、いかにもありがちな3パターンをメーカーが用意するのは、もはや悪い冗談とも言えるだろう。

で、個人的には、チームの女性たちに聞いてみたい。本格的に女性が企画に関わるとき、それがちょっと優しい色だのシンプルなカタチだの、あるいは便利な収納を備えた安普請のクルマでいいのか? あなたたちの感性やら主張というのは、「カワイイ」の中身のわずかな違いを訴える程度なのかと。

まあ、これがクルマではなく、それこそセレクトショップで売られる500円の雑貨ならいいのかもしれないけれど。

|

« 雑誌記事:旧車コラム番外編の3回目です。 | トップページ | クルマ散策:阿蘇ミニドライブ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

もう部分、部分で女性に任せるなんてことはしないで、デザインならちゃんとチーフデザイナー、商品企画なら主査、エンジニアならチーフエンジニアとして女性に任せればいいんですよ。都合よく、女性を使うなんて度量の小さいことせずに。
女性が求めているものは、なにも優しいものなんかだけじゃない。そこには、女性ならではの気づきだとか、生活の知恵だとかあるだろうし。
トコットのシンプルさはありですが、ディテール、特にリアのピラーだとか、サイドウィンドウの処理は残念ですね。アルトのキレの良さには敵いませんね。女性の方が案外、潔くデザインできるかも知れませんよ。意見を聞いているだけじゃもったいないと・・・

投稿: アクシオム | 2018年8月 8日 (水) 22時19分

車を移動のための道具として、壊れず、目立たず、邪魔にならない存在と考えれば、これでいいのかな?車に夢も憧れも所有欲も無い人ならそれも良しなのか。
けれども、企画に加わった女性たちは皆、都会の大企業に勤めている、ある種特殊な人たちですよね?
軽自動車を買う人の大多数は地方の庶民的な人たちです。受け入れられるのでしょうか?
今時は白物家電だってもっとお洒落なデザインですよ。
地方の庶民的な人たちは相手にしてないのかな?
でも、銀行とかの営業車にしか見えないな。
僕の感覚が古いのかなぁ?

投稿: 高橋直栄 | 2018年8月 9日 (木) 23時07分

私の住んでいる新潟の地方都市ですら、気の利いた若い女性はup!や先代ポロ、208なんかを乗ってますね。知り合いの女性は初代コペンだし。
雪国だから4WDはマストなんだけれど少雪化と除雪が普及したおかげで、前輪駆動車なら1年のうち1週間程度慎重に運転しれてば問題ない。
外国車へのハードルがすごく低くなってるし、そういった車に乗ってる女性はいい顔してるんだよなぁ。
トコットの開発にあたった彼女たちは軽自動車の消費地である地方でそういう変化が起きてることを知っていて、なおかつあのデザインを主張したのかなぁ。

投稿: ネコ | 2018年8月10日 (金) 05時29分

「シンプル、誰でも運転しやすい」という、企画、意図するところは、いいと思うんですが、 仕上がりが、ガッカリ。
トコットをカフェに置いて、眺めながら、お茶できるか?  だって、そういう事でしょう? そのレベルに達していない。
「シンプル」って、簡単そうで、ものすごく難解なテーマだと思います。  腕が問われる、ごまかしが効かない。 結果、全然できていない。
結局CMでは、従来通りの女性向けクルマとしか、アピールできていない。
名前からして、購入意欲をそがれる。  「ミラ クオーレ」を復活させたら、どうせ若い人は知らないだろうし。

投稿: Per | 2018年8月10日 (金) 17時37分

アクシオムさん

本当にそう思います。まあ、女性の主査とかチーフデザイナーとかは聞いたことがないので、まずは社内の「女性活用」「働き方改革」からでしょうか?もちろん、女性社員にその気があればですが。ガキっぽい男性に比べ、女性には「本物」を見極める感性があるのですから、ちゃんとした商品が見たいですね。

高橋直栄さん

金額がすべてではないですが、トコットのようにとにかく安くという前提ではどうにもならないところはありますね。本来女性の言うシンプルは「安い」ということではないですが、ここでは結果的に同義になっています。そもそも無理かある。それを女性スタッフがなぜ受け入れる?

ネコさん

僕が女性に期待するひとつの面はそちらですね。つまりミニやフィアット500、ポロなどにちゃんと対抗できる本物感のあるクルマ。初代のコペンは同じ軽でいい線いっていたんだから、そういう財産を生かしてほしいですね。企画ってそういうことかと思うんですけどね。

Perさん

トコットを置いてお茶できるのはマックかドトールくらいでしょうか? 先にも書きましたが、今回はシンプル=安いという関係になってしまっている。デザイン的にはなるべく機能に沿って単純化しようと頑張っているのですが、それでは限界もあるし。まあ、結局は「そんな感じ」でいいやという企画なんですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年8月10日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/74001050

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・トコット:

« 雑誌記事:旧車コラム番外編の3回目です。 | トップページ | クルマ散策:阿蘇ミニドライブ »