« 雑誌記事:デザイナー・インタビュー掲載です | トップページ | クルマ散策:旧車イベントへ出掛ける »

新車心象風景:トヨタ・カローラスポーツ

Photo表現が難しいけれど、たぶん何も響かないクルマなんである。

高齢化したユーザーに対し、若い人に振り向いてもらおうというのはクラウンと同じ話かもしれない。そもそも、超高齢化社会の先頭を切るニッポンで、中心ユーザーが60歳代で何か悪い?というのがあるけれど、それを横に置いてもこれはどうなんだろうと。

だいたい、若者狙いの商品という発想が間違いだ。おそらく、若い社長にはかつてのハチロクが頭から離れないのだろうけど、あの若者人気はごく一部の走り屋に限った話で、大半の「若者」にとっては関係のない話だった。それは、新しい86の空振りで分かった筈じゃないか。

しかも、ビシバシと尖ったカタチにすれば若者向けになるという、二重の勘違いが残念だ。たとえば、FFファミリアやワンダーシビック、流面型セリカ、アートフォースシルビアにR32スカイラインなど、若者にウケたというクルマは、尖っているどころか端正で美しいクルマばかりだった。

さらに言えば、それは「若者だけ」にウケたのではなく「若者にも」ウケたのであって、実際には幅広い層に評価されたいわば成功作だ。つまり、本当に優れた商品を作れば、年齢に関係なく一様にヒットするんである。それを、妙に派手な意匠を前面に出してスポーティだの若者だのと謳うのは実に滑稽だと。

もうひとつ、評論関係も残念だ。ご存知のとおり、これは新型オーリスなんであって、カローラ名は国内市場の都合に過ぎない。キーンルックの権化みたいなカタチは欧州での統一デザイン故だ。だから、媒体で踊る「これがあのカローラなのか?」「カローラが大変身!」みたいな記事は本当に興醒めなんである。提灯記事であるばかりか、そもそも一部の読者にとっては誤解を与える内容にもなる。

そして、新型が出る度にゴルフを引っ張り出して「今度は追いついた」「一部は追い越した!」みたいなお約束記事も虚しい。あまりに「ガキっぽい」コンセプトが、「大人」のゴルフの前に毎回フェードアウトして行くのに、今回も学習されることなく繰り返されているのがまた滑稽だ。

カローラスポーツはずいぶんと派手に登場した。けれども、何かこう、どこにも引っかからない、何も響かないクルマなんである。

|

« 雑誌記事:デザイナー・インタビュー掲載です | トップページ | クルマ散策:旧車イベントへ出掛ける »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

5人乗りでNAエンジンで良いから手頃な値段で格好悪くない
普通のエントリークラスの車が存在しないので
独身で通勤にも困らなければ普通の若者が車を買う必要は無いですよね

投稿: muku | 2018年8月 2日 (木) 18時43分

ずいぶん昔の話ですが、昭和47年に大学生になり、サークルに入りました。同じサークルに入ってきた友人が初代カローラに乗ってました。18歳になってすぐの夏休みに免許を取り、地元の国立大学に入るからと約束して(当時は国立大学の授業料はとても安かったので)高三の秋に親に買わせた多分2~3年落ちの中古のカローラでした。自動車を持っているだけですごいと言われる時代だったかも知れませんが、当時のカローラは我々学生だけでなく誰もが欲しいと思える車だったように思います。この後すぐに登場したVWゴルフは多少の紆余曲折はあったものの王道を歩んでいまでも第一線の輝きを持っているように思いますが、(なくなった当時のライバルのサニーよりはあるだけいいかもしれませんが)今のカローラには機械としてもデザインにしても魅力をまったく感じません。初代カローラにあって今のカローラにないものは何なんでしょうか?

投稿: pottsy | 2018年8月 2日 (木) 20時47分

なぜ先日インタビューをしていたトヨタの沼本さんにここで書かれているお話しをしないのでしょうか?
すぎもとさんが本人に「おかしい」と指摘してあげないと永遠に分からないと思いますよ。

投稿: zrx | 2018年8月 2日 (木) 22時52分

デザインについては、クラウンのところで述べた通りなので、まぁカローラもスポーティ=若返りは、=じゃなくて、≒もしくは×ということで。
G-BookやT-コネクトに次ぐ、コネクティッドなる情報関連のシステムも、やはりすぎもとさんがクラウンのところで述べた通り、後付け感満載で、コネクティッド搭載を前提としたメーターディスプレイや、モニターのデザインをしていませんね。
専用オペレーターでやるなんて、前時代的ですね。若者対応なら、スマホとの連携をアップルカープレイや、アンドロイドオートで対応すればいいわけですし、ディーラーへの入庫とか、案内なんてスマホの専用アプリで対応すればすみそうですが。スマホが使いやすいように、車両側に通信機器を載せて、Wi-Fi使い放題にさせてくれれば十分じゃないでしょうか?

>初代カローラにあって今のカローラにないものは何なんでしょうか?
憧れでしょうか?初代は、まだクルマを持てなかった時代で憧れがあった。いまはクルマになかなか振り向いてくれない時代。

投稿: アクシオム | 2018年8月 2日 (木) 23時25分

こんばんは。

うーん、単純に好みの問題じゃないですかね?
早速クラウンもカローラも見掛けますし、販売は良好なようです。

私もこのフロント回りは苦手ですが(クラウンは割りと好き)、
全体として見ればそこそこ塊感もまとまりもあるように感じます。

安全性にも手抜かりなく、足回りもしっかりして、かつてのコストダウン一辺倒な感じから決別し、
良いものを作ろうという気概のようなものを私は感じます。

いや、好き嫌いはあって然るべきではあるのですがね。

投稿: 某改め某 | 2018年8月 3日 (金) 21時18分

デザインについては、杉本さんと同意見です。つまらない、ださい、につきます。自動車デザインに対する新鮮なて提案などない。あるのは「これまでとは違う」というようなトヨタ関係者の自己満足。では、海外の車のような独自の美学があるかといえば、表に出てくるのは「尖ってる」「若々しい」など、美学にはほど遠い感覚的表現。「かわいい」「ちょううけうる〜」とか言っている連中と、仕事でデザインしている人が同レベルの表現では話を聞く気にもならない。新鮮さも美学もないのでは、なにを評価すれば良いのか?もっともトヨタは、ことデザインについては評価される車造りなど目指してなくて、感覚的にそこそこ満足してもらえる普通の方を相手に商売されているので、商売的にうまみがない本当の新しさや美学など必要ではないのだろう。

投稿: usda | 2018年8月 4日 (土) 08時41分

mukuさん

そうですね、エントリークラスに「普通に」魅力的なクルマが見当たらないです。80年代にはいっぱいあった・・・というのは単に懐古趣味じゃないと思いますが。

pottsyさん

ゴルフはトヨタ同様大衆車メーカーのクルマですから、カローラが同じように「ちゃんと」継続、成長することは難しくなかった筈ですね。たしかに名前が残っているのは素晴らしいですが。初代から80年代くらいまでは一貫性がありましたね。いまアクアがヒットしているのですが、あれを見ればカローラの成長のやり方のヒントがあったかと思います。

zrxさん

デザインに関する具体的な疑問はちゃんと投げていますよ。全体の在り方は主査へのインタビューがあればできるでしょうね。

アクシオムさん

僕はそもそもコネクティッドという発想に疑問があります。クルマが交信といいますが、正確には車に積んだ端末が交信・・・なので、クルマがコネクトというのは違和感があります。そんなにつながりたいなら「トヨタフォン」を開発して一般に売ればもっと影響力があるのにと思います。

某改め某さん

好き嫌いは何にでもありますよね。クラウンにもカローラにもN-BOXにも。僕は少なくとも仕事としては好き嫌いの範疇では書きません。意味がないですもんね。

usdaさん

美学とはなかなか難しい表現ですが、少なくともメーカーとしての一貫した美学的なものはないですね。キーンルックというおかしな「決め事」はありますが。仰るとおり、トヨタは日本人の大多数を占める無自覚層?を熟知していて、そこをしっかっり抑えることが抜群にうまいです。いまの政権にちょっと似てますが、そこに「本物」は要らないんですよね。表面的で上滑りな、でもわかりやす言葉があればいい。そういうクルマ作りが実に巧みです。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年8月 4日 (土) 14時35分

新型カローラ、クラウンに限らずトヨタへは言いたいことはいろいろあります。
元TBSアナウンサー安東弘樹さんがGazooのコラムに書いていた内容を一部を紹介させて頂きます。

「若い人向け」と言えばむしろ中高年が買ってくれるという意見も聞きますが(シニアの方へ、等とアピールするとシニアが避けるらしいです)、もしメーカー、インポーターが本当に、そういう目論見で「若い人に乗って欲しい」と言っているのであれば、何とも残念です。

投稿: sugawara | 2018年8月 4日 (土) 16時04分

そもそも手にするのは一般人、デザインに素人の方がほとんどです。
その方々がそこそこいいと感じるのであれば、なにか問題があるとは思えませんが。

デザインにうるさい方々には、他にも沢山選択肢があるわけですし。

投稿: 某改め某 | 2018年8月 4日 (土) 18時45分

そうですね、メーカーの都合の押しつけです。 全幅1790mmのカローラは、いらない。
「日本向けに別ボディを作るのは、めんどくさいから、合理化しよう」・・・が本音でしょう。
コネクティッドも、いらない、オプションにしてほしい。 まるで押し売りです。
「スポーツ」と言うわりには、ボテッと重そうに見えます。
今度は「シャア専用カローラ」が出るのでしょうか。

「認めたくないものだな・・・」

投稿: Per | 2018年8月 5日 (日) 15時17分

『評論関係が残念』と言うのは全くその通りと思います。
カローラスポーツはオーリスの後継であり、カローラランクスやカローラFXの後継と言うならまだしもですが、セダン(アクシオ)とは別物です。
以前であれば、売る方も買う方も評論家もセダンとハッチバックは別の車として扱っていたのに、今の評論家はトヨタに忖度してカローラが変わった!と騒いで、消費者に誤解を与えています。
本当に変わったのかは新型のセダンを見るまで分からないでしょう。
カローラスポーツはオーリスに比べて大して変わったように見えません。オーリスのオーナーがカローラスポーツに代替えしたいとも思わないでしょうね。
コネクトも、それよりスマホのスタンドを標準で付けたほうが実用的だと思います。
キーンルックは早々に止めたほうがいいとは思いますが、それはともかく、若者に向けた車ならアルトワークスのようなのをトヨタ主導で作って欲しいですね。
乱文でまとまらなくて失礼しました。

投稿: 高橋直栄 | 2018年8月 5日 (日) 16時40分

sugawaraさん

安東さんは最近クルマメディアで重宝されていますね。とても素直な意見が印象的ですが、彼が目立っているようでは本来いけないんですけどね。僕は好きですが。

某改め某さん

そういう考え方もあるのではないでしょうか。

Perさん

ははは。シャア専用はウケました! そんなのもありましたねえ。まあ、オーリスが結局根付かなかったから、じゃあカローラ名にしてサクッと売っちゃおうか、なんて感じでしょうか。ラグビボールのようなカタマリ感・・・というのは分かるんですけど、変に重いんですよね。

高橋直栄さん

メディア界でトヨタへの忖度は絶対らしいですよ。何も言えないのはボクシング連盟と一緒ということでしょうか? セダンの情報はないですけど、この感じだとミニカムリみたいな出っ歯の4ドアが出そうですね。若者向けということで・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年8月 5日 (日) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/73963716

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・カローラスポーツ:

« 雑誌記事:デザイナー・インタビュー掲載です | トップページ | クルマ散策:旧車イベントへ出掛ける »