« 雑誌記事:旧車コラム番外編の2回目です | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・トコット »

雑誌記事:旧車コラム番外編の3回目です。

Photoオートモビル・カウンシル2018会場でのネオ・クラシック太鼓判番外編の3回目です。

今回はスバルと日産ブース。マツダやホンダに比べて対象車が少ないので2社まとめたかたちです。

スバルはSUVの進化と系譜を掲げましたが、主役の初代レオーネ以外の展示はちょっと意図不明でしたね。プレスカンファレンスも地味で、もったいなかったです。

日産はモータースポーツ60周年というのは面白いですが、やっぱり展示車が唐突でもったいない。座間のコレクションを考えれば、もっと興味をひける展示もできるのに、と。いずれも、このイベント自体に統一テーマがない故の温度差というか、考え方の相違ということでしょうか。

それではよろしければ下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2018/08/07/616397/

|

« 雑誌記事:旧車コラム番外編の2回目です | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・トコット »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

スバルは、新型フォレスターのフルモデルチェンジに合わせた企画のようなので、これはこれでいいと思います。
ちゃんとスバルのSUVの系譜がわかるパネルなんかもありましたし・・・なんでしたら、コンセプトカー「ストリーガ」から歴代フォレスターだけの展示でもよかった気がしますね。
日産は、とりあえず参加しています!的なもので、こういうのを塩対応っていうんでしょうね。フォーミュラーEも日本で開催するなら注目を引けたでしょうが。MID‐4Ⅱの展示はよかったですね。テーランプには、Z31の後期型を連想させるデザインですし、インテリアのメーターパネルやセンターコンソールには、Z32との関連性あるデザインであることが確認できますね。市販はかなり具体的になっていたんでしょうね。
実は今年、我がビークロスもコンセプトカー「ヴィークロス」の発表から25周年なんで、こういう場所で企画展示ができるといいとは考えましたが・・・肝心のヴィークロスがないと意味がないので、市販車25周年の時までオートモビルカウンシルが続いていれば、チャレンジしてみたいのですね。

投稿: アクシオム | 2018年8月 7日 (火) 21時29分

アクシオムさん

あのパネルを使ったプレスカンファレンスが結構地味というか、残念な感じだったんですよ。SUVがテーマなら仰る通りフォレスターに絞って歴代展示した方がよかったですね。MID4は最近レストアが完了したばかりだそうで見せたかったのもあるかも?ですね。内装までかなり手が入っていたようですから。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年8月 7日 (火) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/73992376

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:旧車コラム番外編の3回目です。:

« 雑誌記事:旧車コラム番外編の2回目です | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・トコット »