« 雑誌記事:デザインインタビュー記事の掲載です | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・クラウン »

雑誌記事:カローラスポーツのデザインインタビューです

Photoクラウンに続き、トヨタのカローラスポーツのデザイナーインタビューが掲載になりました。

デザイナーさんへの取材は通常試乗会会場で行っているのですが、今回は何とクラウンとカローラスポーツの試乗会が同時並行開催だったんですね。トヨタのビッグネームふたつが一緒に開催というのは結構意外なところです。

このカローラスポーツについても、全体の心象についてはまた後日ここで書きたいと思います。まずはデザイナーさんの声をお聞きください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2018/07/18/609490/

|

« 雑誌記事:デザインインタビュー記事の掲載です | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・クラウン »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

カローラとクラウンの同時発表はコネクティッドのためのようですが、今回のデザイナーインタビューはそのコネクティッドに関することはないですね。インテリアの領域になりますが、これからはますます外観以上に内装、とくにメーターやモニター類のデザインは重要になりますから。
すでに2車連続で試乗しましたが、せっかくのコネクティッドがなんなのかよくわからなかったですし、メーター、モニター類のデザインは従来とは違い進化はしていますが、正直、古臭い。フランクフルトショウなんかで、ドイツ車はおろか、中国車なんか見ているとメーターはフルデジタルで、グラフィックもそこそこ凄いし、画面の切り替えもVWやアウディ、ジャガーあたりとそんなに遜色ないです。
日本車の旧態然としたメーター、モニターデザインはスマホ全盛の中なんとかしないと行けませんね。いっそ、コネクティッドなんか独自にやるよりも、アンドロイドオートや、アップルカープレイを導入して、車両側に通信機器を備えて、wi-fiでスマホの情報をモニターで表示、曽佐出来るようにしてやった方が身軽でいいと思いますね。

投稿: アクシオム | 2018年7月19日 (木) 22時33分

アクシオムさん

コネクティッドについては、個人的には「後付け」と認識しています。車載の端末との相互交信はすでに各社進んでいるわけで珍しくはない。トヨタはあたかも何かまったく新しいことを始めました、みたいなことをぶち上げて、経済ニュースや広い層に訴えているだけかと。まあ、そういうので簡単にコロッといっちゃう国民性を熟知してますからね。
内装は技術というより、発想とセンスの問題かと・・・。それからエクステリアに比べると各車でのデザインがバラバラですね。

投稿: すぎもとたかよし「 | 2018年7月31日 (火) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/73885851

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:カローラスポーツのデザインインタビューです:

« 雑誌記事:デザインインタビュー記事の掲載です | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・クラウン »