« 雑誌記事:カローラスポーツのデザインインタビューです | トップページ | 雑誌記事:デザイナー・インタビュー掲載です »

新車心象風景:トヨタ・クラウン

2何となく、中途半端だったのかもしれない。

新しいクラウンについては、評論家諸氏の寸評で若干の疑問が呈されている。すなわち、クーペルックにし、かつニュルで鍛え上げるようなことをするなら、ニッポンのクラウンとしての特徴は何なんだ?と。

これは正論だと思う。自慢のTNGAもいいけれど、流麗なスタイルだの走りだのというなら、じゃあメルセデスやBMWでいいじゃん。わざわざクラウンにする必要はないよね、という。

なるほどと思いつつ、僕はちょっと違う感想を持った。たとえばこのコラムらしくデザインの話で言えば、欧州勢と比較するほど「やり切っている」とは到底思えないんである。

たしかに6ライト化は大胆な変化だ。王冠エンブレムをリアピラーから外したのは、社内的にも大変だったんじゃないか。けれども、じゃあその伸びやかなサイドグラフィックはそんなに美しいだろうか? 僕にはそう思えない。伸びやかではあるけれど、キレや質感がまったく足りていない。

サイドパネルも、上部に寄せた2本のラインが少々煩雑な一方、ドアパネルは退屈でマークXみたいだ。個人的には、最近のメルセデスやBMWが引く安易なキャラクターラインもどうかと思うけれど、質感の出し方においては巧さが段違いだ。

フロントフェイスも、ここまで先代のイメージを引きずる必要はなかった。どんなに大きな変化をしても、最終的な「クラウンらしさ」は全体で感じさせればいいのであって、こんなに具体的に残してしまってはダメだ。リアも、流麗さが弱さに繋がってしまい、普通のミドルセダンみたいだし。

グローバル化を本気で志向するのであれば、デザインについても、もっと徹底的に追い込むべきだったと思う。サイドグラフィックひとつにしても、もっと明快なラインを引いて質感を大幅に上げることができた筈だ。メルセデスなど足下にも及ばない、世界一美しいセダンをなぜ狙わなかったのか?

もちろん、新型センチュリーのように国内専用を極めるのであればそれでもいい。止まっていてもっとも美しく快適なクルマが絶対的に悪いワケじゃないし、それはそれで突き詰めることができる。つまりは中途半端なんである。

まあ、最近のトヨタの「もっといいクルマを!」の中身がこういうことなんだろうとは思う。つまり、各々本物を目指すというより、社長が運転して「ワオ!」と感じる程度のスポーティなクルマという。

|

« 雑誌記事:カローラスポーツのデザインインタビューです | トップページ | 雑誌記事:デザイナー・インタビュー掲載です »

コメント

ホイールベースを伸ばしたから、中国市場にも向けたクラウンにしたのかと思ったんですが、中国での販売は止めるようですね。
コンビニで見かける20代のあんちゃんが乗るクラウンって、30年前のものなんですよね。若者は、クラウンにスポーティーさだとか求めていないような気がします。それは60代のおじさんが求めていることであって、決してスポーティーにすれば若返りしたことにはならない気がします。
オリジンみたいに初代クラウンをモチーフにするなんて、いまのトヨタでは許されないでしょうね。でもその方がインパクトがあるような気がしますね。センチュリーが核を極めているのであれば、それに倣ったクラウンの方がワタクシにはグッときます。

投稿: アクシオム | 2018年7月30日 (月) 23時27分

アクシオムさん

そうなんですよね、スポーティ=若者っていうのも違うし、そもそもそのスポーティ感も間違えている。一方センチュリーは、まあ一般のユーザーには関係ないので記事も少ないですが、評価としては高いものがあります。つまらない話ですが、要はセンチュリーとしてちゃんと作ってあるってことですよね。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年7月31日 (火) 18時45分

そうですね、Cピラーまわりの処理が、「コロナLB」ぐらいの質感しかない。
フロントを隠して、ボディだけを見たとき、もう何のクルマなのか、わからなくなってしまう。 全体からのオーラが不足している。
顔だけ、取って付けた感がして、どうもバランスが悪い。 一体感が無い。

センチュリーは、最近のトヨタとしては、すごく良いです。 オーラがあります。 ブレないですね。

投稿: Per | 2018年8月 5日 (日) 18時16分

Perさん

そうそう、オーラが不足しているんです。僕は6ライトでもいいと思いますが、じゃあクーペルックで誰にも負けない美しいクルマを作れと言いたい。その点本気じゃないんですよね。どこかに、まあ国産車だしなあという詰めの甘さがある。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年8月 5日 (日) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/73946732

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・クラウン:

« 雑誌記事:カローラスポーツのデザインインタビューです | トップページ | 雑誌記事:デザイナー・インタビュー掲載です »