« 雑誌記事:アクアの女性仕様車について聞く | トップページ | 新車心象風景:VW・ポロ »

新車心象風景:ボルボ・XC40

Photo_2XC40は、久々に感心してしまったスタイルなんである。

コンセプトカーとして「40.1」と「40.2」が発表されたときに、このブログで「これは期待できる」と書いた記憶があるけれど、ほぼそのままの姿で出てきたわけだから、感心するのは当然ということかと。

ボルボスタイルを統括する新しいデザイントップが元VWグループ、とりわけシュコダで腕を振るっていたと聞けば、なるほど新90シリーズ以降のシンプル路線も腑に落ちる。もともと堅実なデザインを貫いていたボルボだけど、そこに磨きをかけ、さらにVWとは異なる種類の上質感を与えたのが上手い。

勘違いをして欲しくないのは、XC40が昨今珍しい、懐かしの直線基調だからいい、という話じゃないことだ。直線、曲線の話じゃなく、あくまでもまとまりの問題なんである。デザインのテーマが全身に行き渡っていて、破綻がないのはもちろん、表現したかったであろう意図が瞬時に理解できる。そのアプローチには無駄がない。

先のコラムで、新しいトヨタのRAV4やスバルのフォレスターのことを散々に書いたけれど、あれもこれもと盛ったり、おかしなラインを引いてテーマがボケまくっているところで、「これが当社のデザインフィロソフィだ」と声高にアピールすることが、いかに稚拙かということがよく分かるだろう。

さらに上手いのが、90、60、40と、単に大きさだけを変えるのではなく、それぞれに違ったテーマを持ち、その上で共通のイメージを持たせているところだろう。カジュアルなスニーカーをイメージするXC40は軽やかだけど、トータルなシルエットはXC60に極めて近い。近いけれど別の個性がある。

その点では、たとえばドイツプレミアムやフランス勢も、しっかり丁寧に作り込んではいるものの、いまひとつ明快な個性が打ち出せていない中、XC40のインパクトは大きかったと思う。だから、欧州イヤーカー受賞も順当なところだ。

個人的には、「40.2」ことS40(仮)により興味がある。流行のコンパクトSUVが各メーカーで個性を競い合っている中、いまセダンには新しい提案はほとんど見られない。そこにXC40級の風が吹くとしたら、間違いなく面白い展開になるだろうから。

|

« 雑誌記事:アクアの女性仕様車について聞く | トップページ | 新車心象風景:VW・ポロ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

初めまして
いつも楽しく拝見させて頂いております。

ディーラーでXC40の実車の見てきましたが、素直にカッコよかったですね。
ボルボの最近の勢いはすごいですね。
ブランドイメージも急激に上がっている感じですね。
マツダがやりたがってることを全部やられてる気がして、マツダユーザーとしては残念です。
http://kunisawa.net/diary/マツダ車、販売現場では値引き始まる。cx-5、30万円/

投稿: ぽん太 | 2018年5月 4日 (金) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/73423778

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ボルボ・XC40:

« 雑誌記事:アクアの女性仕様車について聞く | トップページ | 新車心象風景:VW・ポロ »