« 雑誌記事:旧車コラムの掲載です | トップページ | 雑誌記事:旧車デザイン記事の掲載です »

クルマの他:高畑勲氏を偲ぶ会に行く

Photo何年ぶりかの「クルマの他」です。クルマの話じゃないので、興味のない方は飛ばしてください。

アニメーション監督、高畑勲氏を偲ぶ会に行ってきました。といっても、宮崎駿氏が挨拶をしていたジブリ主催の”正規版”ではなく、現場の仲間たちが開催した、いわば手作りの会です。

出掛けたのは、もちろん氏のファンだったから。小学生の頃、映画「太陽の王子ホルスの冒険」に感銘、第一シリーズの「ルパン三世」にも同じ空気を感じ、そのまま「アルプスの少女ハイジ」のクオリティに驚き。どうも一連の質の高い作品には、高畑とか宮崎なんてクレジットがいつも入る。その勘は「母を訪ねて三千里」で確定的となり、「赤毛のアン」ではすっかり知識として踏まえた上で観ていました。

森やすじ氏以降の愛らしいキャラクターを使いながら、しかし大人の都合や社会の現実を隠すことなく描く作品群は、同じ制作会社でも別スタッフによる”甘い”番組と明らかに一線を画すものでした。宮崎氏のように、アニメーターからの演出組ではなく、東大卒業後に当初から演出志望で業界に入った氏の構成・表現力は、自身で絵を描かないからこその漫画映画然としていないところが魅力。

会は、懐かしい作品や当時の貴重な記録映像とともに、現場をともにしたアニメーターの才田俊次氏、小田部羊一氏、昨年「この世界の片隅に」がヒットした片渕須直氏らがゲストトークを。東映、Aプロ、OHプロ、日本アニメーションなど、制作会社名とともにクレジットされた作画陣の生の声を、40~45年を跳び越えていま目や耳にするというのは、実に不思議な感覚でした。

出演者は仕事としての当時を語りますが、僕はいち視聴者として当時の記憶を思い起こすことになります。それは単なる映画やTV番組ではありますが、自分自身の相当な部分、大げさに言えば「価値観」を形成したとも言えます。会に参加して、いま一度それを認識したというか、当時の感覚を改めて肯定することができました。まあ、最近仕事に疲れていたこともありますが、実に貴重な時間を過ごしたのは間違いないようです。

ジブリ以降、氏の作品はある種の思想が強く反映され、あるいは相当に実験的なアプローチをとりました。僕には敷居の高かったそれらの作品が、フランスをはじめとした諸外国で評価されたのは興味深いところです。

|

« 雑誌記事:旧車コラムの掲載です | トップページ | 雑誌記事:旧車デザイン記事の掲載です »

「クルマの他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/73581573

この記事へのトラックバック一覧です: クルマの他:高畑勲氏を偲ぶ会に行く:

« 雑誌記事:旧車コラムの掲載です | トップページ | 雑誌記事:旧車デザイン記事の掲載です »