« 雑誌記事:旧車デザイン記事の28回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の29回目です »

新車心象風景:40年ぶりのモデルチェンジって?

PhotoアルピーヌA110とメルセデス・ベンツGクラス。もちろん、写真を見てのスタイル雑感だけど、両者約40年ぶりのモデルチェンジが対照的で興味深いんである。

マツダ、ルノーと経験を積んだ日本人デザイナーによる新型A110は、特徴的なフロント4灯と鮮やかなブルーのボディを筆頭に、初代のイメージが色濃く継承されたスタイルだ。ただし、そういうアイコンを除けば、新型はいかにもイマドキのスポーティクーペな佇まいでもある。

一方のGクラスは、事前に異例のキープスタイリングという話は聞いていたけれど、ディテールも含めて想像以上に「そのまま」の格好となった。たとえば、Aピラー下の分割ラインやサイドモールなど、そこまでやるか?の徹底ぶりだ。

で、今回のモデルチェンジについて言えば、個人的にGクラスの方がすんなり飲み込めた。それは、単にどっちが先代に近いかといった話じゃなく、スタイリングへの取り組み方の問題として。

端的に言って、アルピーヌの新型は中途半端に見えてしまう。もちろん、初代を強く意識すること自体はいいとして、しかし、それを越える「新しさ」が見当たらない。

Gデザイナー以下スタッフは、「復活」ではなく、A110がそのまま継続されていたらと考えたらしいけれど、だとしたら、これはかなり漫然としたモデルチェンジだとしか思えないんである。

たとえば、リア下がりのボディは初代の特徴とはいえ、40年もの時の流れの中で、そのまま「なぞる」必要が本当にあったのか。逆に、ロアグリルやリアランプなどの細部は、安易にイマ風な表現に走っていないか?

復活だろうが継続だろうが、新型である以上先代を越えた「何か」があって然るべきで、偉大な初代に向かうのであればなおのことだろう。仮に、基本スタイルを変えても、美しさや新しさが備わっていれば、新時代のA110としての説得力を持つ筈だ。

分かりやすい話、この新型が40年後に初代のような魅力を放っているのか? 少なくとも僕は懐疑的だ。そこまで追い込んで考えたというより、初代をアップデートする快感に走ってしまった気がする。

その点、Gクラスは「変えない」という判断がシンプルだ。もちろん、新型としてパネルの面質に磨きをかけるなどの進化はあるし、一方で、常に目や手に触れる内装は完全リニューアルし、新世代感を出したのも巧い。つまり、この判断は決して「後ろ向き」じゃないと。

A4判系雑誌では、アルファの新型同様例によってA110も絶賛で、中には「新たな伝説が生まれる!」なんていうのもあったりする。マニアらしい高揚感は理解できるけど、だから僕にはまったく賛同できないんである。

|

« 雑誌記事:旧車デザイン記事の28回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の29回目です »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

私もA110にはピンと来ませんが、Gクラスのオリジナルからの変容のなさと比較するのは気の毒な気がします。というのもA110のオリジナルはGクラスのオリジナルであるゲレンデヴァーゲンよりも更に16年も前に誕生したクラシックモデルであること。さらに安全面その他の現代の法規制に対応しながらもオリジナルモデルの雰囲気の演出の難しさは、本格クロカンのGクラスよりもライトウェイトスポーツでもあるA110の方が圧倒的に高いと思うので。

投稿: KATSU | 2018年2月22日 (木) 00時14分

ワタクシはすぎもとさんとまったく逆で、アルピーヌの方が明確でうまく現代のA110としてなぞらえができている。実車を見られると違うと思います。年のジュネーブショウで実車を見ると、事前の画像とは違った温かみというか好感度の高さがあるんですよね。
メルセデスのGクラスは、未だ実車を見ていないのでホントはアルピーヌと比べると公平じゃないですが、あまりにも旧型とまんま一緒で、このデザインでよく現代の安全基準や諸条件をクリアできたという点で関心はするけど、あまりにも現代のGクラスとしての提案というか、カタチを創り出していない気がしますね。インテリアはコクピットだけ進み過ぎていますね。それは新型Aクラスにも言えますが、デジタル化と自動運転化を前提にしたデザインですから、まぁこれはこれで仕方ないのかも・・・
あとこのアルピーヌを復活させたルノーを見ていると、メルセデスとも技術的にアライアンスを組んでいる日本の日産は、ホント不甲斐ないというかだらしないですよね。せっかく日産主体で開発したCMFによるプラットフォームはルノーの方が積極的に採用されているし、新型リーフは先代からのキャリーオーバーが見え見えで、EVなのにスピードメーターが超アナログデザインにがっかりですし。日産にはアルピーヌのコンポーネントを利用して、EVの後輪駆動でシルビアを復活させるくらいの気概がないんですかね。
そこへ行くと、ルノーとメルセデスとの技術的なアライアンスは、スマートとトゥインゴの共同開発を見ているとうらやましい限りです。

投稿: アクシオム | 2018年2月24日 (土) 22時47分

KATSUさん

本文にあるように僕はオリジナルに近ければいいとは思っていないんですよ。仰るようにクラシックカーとして雰囲気の再現が難しいのなら、やっぱり別のテーマを設けてもよかったんじゃないでしょうか? 焼き直しである必要はどこにもないんですよね。

アクシオムさん

実車をご覧になったアクシオムさんが仰るのは説得力がありますね。参考になります。スマートとトゥインゴは確かにうまいですね。トゥインゴの評判の理由には5ドアとうこともあるでしょうし、うまく活用しています。日産は・・・ノートが売れればそれでいいのかも?ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年2月28日 (水) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/72950489

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:40年ぶりのモデルチェンジって?:

« 雑誌記事:旧車デザイン記事の28回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の29回目です »