« 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の29回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事掲載です »

雑誌記事:旧車デザインコラム、30回目です

Photoネオクラシックカー、グッドデザインコラムが掲載されました。

30回目の今回は、日産マキシマの3代目です。

以前にも書きましたが、この時期の日産は秀作揃い。あまり同じメーカーのクルマばかりを選んでしまってはどうかと思うのですが、やっぱりいいものは取り上げたいなと。

ただ、このマキシマ、何といっても不人気車の代名詞みたいなクルマでしたから、賛同を得られるかは微妙です。とにかく印象が薄い、といった反応が多そうですね。

ご存知の方も多いと思いますが、このクルマはプリメーラやZ32フェアレディなどを担当した前澤義雄氏がまとめたものです。この時期に秀作が集中した理由のひとつには、氏の担当車が多かったことは間違いなくあると思います。

それにしても、日本車初の3ナンバー専用ボディでこれをやったのはスゴイですね。もちろん、北米などの展開が前提でしょうけど、当時としてはかなり画期的だったのを記憶しています。

それでは、お時間がありまいたら下記サイトにて。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2018/02/28/563287/?post_date=20180228113905

|

« 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の29回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事掲載です »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

バブル期の日産車はずば抜けていますね。デザインと技術がピタッとマッチしていましたね。
ARC-XとプリメーラXが日産セダンのアーチウィンドウに特徴を持ったコンセプトカーとして登場し、市販車にうまく活かされていましたね。
そしてデザインがシンプルできれいなんですが、パッケージが秀逸でしたね。残念なのは、コクピットの造形で、80年代の絶壁デザインから脱却したとはいえ、少々貧弱でしたね。
前澤さんのデザイン監修もよかったですが、プリメーラのパッケージを担当した水野さんの設計も凄かったですね。
でも90年代に入って、マキシマはセフィーロと統合され、プリメーラはブルーバードと統合され惨憺たる合理化の波にさらされましたね。

投稿: アクシオム | 2018年2月28日 (水) 22時19分

2000年代に入ってからマキシマとゴーン体制になってからの日産車を乗り比べました。
マキシマに乗って感じたのは「武器!」というもので、男らしいインパネ・操作感、車両感覚のつかみやすさ等々。
一方、ゴーン体制になってからの日産車は、人間の触れる部分があまりに軽薄、コストダウンが進みすぎて逆に「ポップ!」な印象すら持ちました。
「マキシマみたいに、車好きのツボをつきまくった車つくったら会社傾くよなぁ」と率直に思いました。(実際そうなっていたわけですが)

トヨタの「世の中に車好きは1割しかいない、残り9割は必要に迫られて車買ってる人だ」という主張は販売結果が示す通り正しいのかもしれない。
でも私はマキシマ派でいたいなぁ。

投稿: ネコ | 2018年3月 3日 (土) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/73015063

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:旧車デザインコラム、30回目です:

« 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の29回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事掲載です »