« クルマ散策:オートサロン2018雑感 | トップページ | 雑誌記事:デザイン・インタビュー記事の掲載です »

雑誌記事:旧車デザインコラム、26回目です

Photoクリッカーでのネオ・クラシックカー、デザイン記事が掲載されました。

26回目の今回は、いすゞの初代FFジェミニです。

このクルマはもっと早く書きたかったんですけど、何せ自分の愛車ということもあり、26回目のここまで引っ張ってしまいました。

ただ、いざ書こうと思うと、ヒット車のわりには資料が少なく結構苦労しましたね。それと、このクルマに限ったことではないですが、やっぱり車両の写真画像があまり残っていない。色も選べないし、今回はリアビューもありませんでした。

イルムシャーなど特別グレードや後期タイプになるとそれなりにあるんですけど、初期型はなかなか厳しいみたいです。まあ、何となくわかりますけど。

このジェミニ、一般的にはTVCMがあまりにも有名ですけど、果たしてグッドデザインとしてはどこまで認識されていたのでしょうか? 反応が楽しみです。

それでは、下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2018/01/18/551484/

|

« クルマ散策:オートサロン2018雑感 | トップページ | 雑誌記事:デザイン・インタビュー記事の掲載です »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

フェラーリが曜変天目茶碗なら、ジェミニは備前焼とでも言うか。
高価で好事家のみが愛でることを許された物ではなく、庶民の日常生活を楽しく彩るパートナーというかんじがします。
もちろん安かろう悪かろうではなく、リーズナブルでしっかりと作られたものであることは条件として言うまでもありませんが。
そういうクルマこそが、ある意味モータリゼーションの底流を支えてきた主役と言えると思います。

投稿: yeahyeahboys | 2018年1月23日 (火) 17時12分

yeahyeahboysさん

備前焼とは面白い例えですね! デザインや作りに関するセンスや情熱は高級車だろうが軽だろうが違いはない筈ですね。あるとすれば作り手の意識の低さです。いまはハウスデザインが主流ですが、何でも自前で作れるから大丈夫・・・という考えの中にも社内事情といったユーザーには関係のない都合が入っている気がします。その結果がいまの煩雑で品のないデザインの氾濫を招いているのではないでしょうか。やっぱり切磋琢磨が大切かと。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年1月23日 (火) 22時31分

初代のジェミニというと、ベレットから切り替わったオペル風のものがすぐ頭に浮かびます。
その印象は強烈で、僕にとってのジェミニはそれなんですねえ。
そのころかなり欲しかったのを憶えています。
でも、それはベレットジェミニという名前だったような・・・。
それで初代にはしないのですかね。

投稿: kenken | 2018年2月10日 (土) 22時52分

kenkenさん

FRジェミニのファンは多いというか、根強いですね。ある意味FFより状態のいいものが残っているのでは?と思わせるほどです。80年代のクルマは変に手を入れた改造車が多く、使い倒して廃車・・・が多いようです。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年2月28日 (水) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/72720057

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:旧車デザインコラム、26回目です:

« クルマ散策:オートサロン2018雑感 | トップページ | 雑誌記事:デザイン・インタビュー記事の掲載です »