« クルマ散策:今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 雑誌記事:旧車デザインコラムの24回目です »

クルマ散策:カー・オブ・ザ・イヤー雑感

Photo_2なにも残念なのは、東京モーターショーだけじゃない。

2017-2018のカー・オブ・ザ・イヤー=COTYがボルボXC60となって、巷の媒体では選考委員が本音を出した云々が語られているけれど、まあ何を言っているのかなあと。

昨年も書いたけれど、第1次選考の「10ベストカー」が各メーカーからご丁寧に1台ずつ選ばれるという規定に、委員から異議が出されない時点でこの賞は終わっている。

たとえば、TVK系列で放送中の「クルマで行こう」のCOTY特集では、「選考は、この1年に発売されたクルマの中から、60名の委員の投票で上位10台を決める」という図入りの解説が流された。

10ベストカーの「忖度」は世間の常識じゃないから、その仕組みを省いた解説は明らかに視聴者へ間違った認識を与えてしまう。そんなことは司会のジャーナリストは元より、スタッフだって理解している筈なのに。

いや、それどころか、出演者ふたりの個人的オススメ3車の中に、カムリの煽りで外れたトヨタのCーHRが挙がっていたのは、もはや冗談としか思えない感じだ。もう、無意味の無限ループなんである。

さらに、日産とスバルが辞退した今回は、なおのこと意義が霞んだ方向だ。不正検査自体の問題点はともかく、辞退を選択するメーカーが同時に2社もあったのなら、僕は今年のCOTYを見送るべきだったとすら思う。

だから、いつになく狭められた候補から外国車が選ばれたからといって、評論家の本音云々を言われてピンとくる筈もない。もちろん、何でこの10台が候補?という現状は、ジワジワと賞の存在をユーザーから引き離す。

権威というのは、見る側の想定を大きく上回る内容が、かつ客観的に展開されて初めて生まれるもの。そう思えば、いまのCOTYは見事に真逆な存在じゃないか。

来場者数が減っているのに、「そうは思わない。自分が行ったときは若者で賑わっていた」などとワケの分からないコメントを評論家が書く。そういう東京ショーが傾くのが当然なのと、どこか似た話だと僕には思える。

つまり、専門家が寄ってたかってダメにしているという点で。

|

« クルマ散策:今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 雑誌記事:旧車デザインコラムの24回目です »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

カーオブザイヤー…受賞してもホントに販売に影響があるのかわからないというか、はっきり言って市民権を得ない賞ですね。
日産が工場検査の問題で辞退したとはいえ、最近のメディアへの塩対応を見ていると、新型リーフがデザインが良くなって、航続距離が伸びて、自動運転化技術が付いたところで、賞を獲れたかと言えば無理でしょうね。初代リーフがカーオブザイヤーを受賞した時にCOOだった志賀さんの方が熱意があったし、雰囲気もよかったですが、ゴーンさんの次にCEOになった西川社長って、なんだか会社のトップなのか、ゴーンさんに忖度する太鼓持ちなのかよくわかりませんね。当然熱意も感じないんですよね。
それにしてもクルマを審査するジャーナリストさんって、ボクはそれなりに実績や資格があって、厳選すべきなのに、資格どころか実績もどうなのかよくわかりませんよね。まぁそれなりにメディアで名前を見る方はわかりますが、それ以外の人ってどういう基準でクルマを審査しているのか?某F木さんは、カーオブザイヤーは一年のお祭りだと言われていますが、それだったら一般客や読者の人気投票でいいんですよね。ジャーナリストっていう専門家が選ぶんだから、お祭りじゃまずいでしょう。それこそ役人じゃないから正々堂々と接待受けてお祭りやりたい放題を公認しているようなものですね。
東京モーターショウも同じで、ジャーナリストが自工会と共謀しているところがありますよね。それに最近は、海外ショウに行かない人も多いですし、ちゃんと世界の動向を見ていないですよね。だから、海外からジャーナリストも観客も来ないんですよ。まぁ東京モーターショウは正式な国際ショウじゃないですから、あくまでも日本国内で最大のローカルショウでいいんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2018年1月 3日 (水) 20時18分

COTY公式の授賞理由が「扱いやすい手頃なサイズのボディ・・・」だそうです。
全幅が1900mmもあるのに、「扱いやすい」と言いきっている所が、トンチンカンだと。
いや、本気で、そう思っているのなら、COTYなんか、やめちまえと。
ユーザー意識と、ズレまくっている。 なんの参考にもならない。
リーフの授賞は、私も無理だったと思います。 あんなのは、ビッグマイナーチェンジにすぎない。 ドアの内装は、旧型と同じだし。

投稿: Per | 2018年1月 4日 (木) 02時33分

アクシオムさん

リーフは・・・どうでしょうね。もし出ていたら、いまどきの時流には乗っていますからねえ。COTY審査員はまあなかなか疑問ですね。クルマ好きから広くということなんでしょうけど、何でこの人が・・・とは思います。これはそのままアクシオムさんの指摘される東京ショーにつながりますね。トークショーのメンツとか、すごく残念な感じ。「お祭り」というのは図らずも会の中身を反映しているのでは??そんな気分の賞ということなのかと。

Perさん

そんなこと書いてありましたか・・・。いやあ、いかにも後付け的な内容ですね。もう何年も賞の存在感は感じられませんが、昨年はとくに残念というか、意識から離れるという前に、そもそもユーザーの多くは受賞内容を知らないのでは??と感じてしまいます。もちろんインポーターはありがたいのでしょけど、効果の程は?

投稿: すぎもとたかよし | 2018年1月 4日 (木) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/72587519

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:カー・オブ・ザ・イヤー雑感:

« クルマ散策:今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 雑誌記事:旧車デザインコラムの24回目です »