« 雑誌記事:旧車デザインコラムの25回目です | トップページ | 雑誌記事:旧車デザインコラム、26回目です »

クルマ散策:オートサロン2018雑感

Event_171222003メーカーがオートサロンに本格参加するようになって数年経ち、おおよその取り組み加減が見えてきた。

その方向がスポーティだったりレジャーだったりの違いはあっても、大半は市販車の「そこそこ」なカスタマイズに収まる。つまり、いつもよりちょっと凝ったオプション装着車という。

スズキの「スイフトスポーツ・オートサロンバージョン」は、マットな塗装が野性味を感じるけど基本的には化粧直しだし、スバルは「VIZIV パフォーマンス」というコンセプトカーをベースにした点が異なるものの、やっぱり化粧違いの範囲内だ。

ダイハツは懐かしいデトマソを「スポルツァ」名で復活させたけれど、何せベースがミラ・イースだのブーンなので、どう見ても横に置かれた昔のシャレードに目が行ってしまうのが残念。

Photoその点、マツダの「カスタムスタイル」シリーズは実にキレイにまとまっているものの、じゃあ、これをわざわざオートサロンに展示する意味がどれだけあるのか?は結構疑問だ。

セレナの「オーテックコンセプト」は期待のe-Powerを載せているけれど、そもそもニスモとの棲み分けが不明瞭。若干表現が違うのはわかるけれど、どちらも走り・スポーティ路線なのはどうなんだろう。

メーカーがこうしてオートサロンを市販車宣伝の場と位置づけるのは理解できるけれど、個人的には、メーカーだからこそ高い技術力を生かしたユニークなカスタムカーを期待したい。

たとえば、ホンダアクセスの「ReZ」がいい例だ。CR-Zベースはいかにも無理矢理感があるけれど、それでもメーカー系列らしいテーマはちゃんとあるし、作り込みもしっかりしている。

Img_4007_2各メーカーがそういう視点で新しいカスタムカーを提案すれば、オートサロンとしての独自性が一気に上がるし、もちろん見る側の満足度も高くなる。

ただ、そこにはメーカーとして相応のデザイン力は必須だ。少なくとも、トヨタの「GRスーパースポーツコンセプト」みたいな滅茶苦茶なスタイルでは、満足どころか逆効果になりかねないんである。

|

« 雑誌記事:旧車デザインコラムの25回目です | トップページ | 雑誌記事:旧車デザインコラム、26回目です »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

オートサロンは元来、アフターマーケットのメーカーが主役だったものですから、自動車メーカーとしても多少の遠慮はあるのではないでしょうか。結果として各メーカ―系列カスタマイズお披露目会になっちゃうと。

その上でやっぱりメーカーには、カスタムしがいのあるベース車をもっときちんと作ってくださいって思っちゃいますね。特に日産には。もっとも杉本さんと違って、オーテックバージョンは、スポーティーだけど上質で蔵人好みな方向性と、汗臭い体育会のニスモとは明確に差別化してきていると思いましたけどね。

初代社長が櫻井眞一郎さんの頃から、大人なスポーティーな感じのオーテックバージョン出されてましたし、方向性は悪くないと思いますよ。シートにでかでかとAutechのロゴの刺繍が入ってるのは興ざめでしたが、ティアナやシルフィといたセダンに内装は本革ラグジュアリーなのに、外装は客層を選ぶエンブレムなしのビレット風ギラギラメッキグリルにエアロみたいなチグハグなことやってた頃にくらべたらかなりマシになったと思います。

逆に私はいくら仕事が丁寧でも、ホンダアクセスの「ReZ」みたいな、どうやった整合性の取りようのない強引なことを大手がやってはダメだと思うんですよね。

それこそ日本自動車大学校の専門学生や、ミツオカをはじめとしたパロディカスタムが得意なアフターメーカーにやらせておけばよい話で。

トヨタの「GRスーパースポーツコンセプト」については「カウルなんていらないんですおまけです」ってのが本音じゃないでしょうかね。

投稿: KATSU | 2018年1月15日 (月) 16時09分

ダイハツもこんなのでお茶を濁してないで、本気でアヴァンツァートを復活欲しい!スズキはきっちりワークスを復活させましたし。そういう企業としての姿勢を示して欲しい!というのが元オーナーの気持ちです(笑)

投稿: としぴぃ | 2018年1月18日 (木) 22時16分

KATSUさん

作っているところが同じなので両者ともがスポーティ方向になっていまうのは何となく理解はできますが、僕はオーテックはもっと純粋な架装に特化するべきかと思います。走り方向ではなく、より上質とかファッショナブル、カジュアル等々です。いまも表現に違いがあるのは分かりますが、ベクトルが近すぎると。今回のZは確かに稚拙ですが、そういう意味では毎年のホンダアクセスの提案は結構いいと思っています。で、各メーカーがそういう広い視野でのカスタマイズをすればとても楽しい展示になると思います。

としぴぃさん

ダイハツは本当にデトマソを復活させていのなら、ベース車のカスタマイズから取り組んでほしかったですね。単に現行車のカラーリングを「それっぽく」するのでは残念過ぎます。そういうことをするから旧車の方が目立ってしまうと。モーターショーは毎回面白い提案があるんですけどね・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2018年1月23日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/72692025

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:オートサロン2018雑感:

« 雑誌記事:旧車デザインコラムの25回目です | トップページ | 雑誌記事:旧車デザインコラム、26回目です »