« 雑誌記事:旧車デザインコラム、19回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の20回目です »

雑誌ナナメ読み:マツダはやり過ぎなのか?

Photoうーん、ちょっと情けないなあと思うんである。

雑誌『ベストカー』の連載「エンスー解放戦線」で、東京モーターショー、マツダ出展のコンセプトカー「魁」がお題になっていた。

論調としてはマツダのデザインはやり過ぎ、プロダクトというよりアートになっている、考え方がもはや宗教的、といったもの。この「魁」についても、量販コンパクトにこんな表現はそぐわないと。

言いたいことはよくわかる。あまりに同じような表現が続く「魂動」に不安を感じていたところ、第2章を象徴する「VISION COUPE」はさらに突き詰めた表現となり、「日本人の美学だ、光のコントロールだ」などとデザイナーが語るのはもはや洗脳的。

僕も最近のマツダ車を取材していて、チーフデザイナー達があまりに同じようなことを話すのに驚いたし、誰に会ってもみんな似たような黒い服を着て同じような髪型?をしているのにオヤ、と思ったりしているけれど(笑)

けれども、だ。あえて言うけれど、たかだか「これしきのこと」じゃないか。

魂動というネーミングこそ派手だけど、わずかシェア数パーセントの中堅メーカーが、少ないラインナップのイメージを統一しようと考え、それを着実に進行させているだけだ。見方を変えれば、他のメーカーが頓珍漢な仕事している中で、その着実さが目立っているだけだろう。

そもそも、日本車の歴史の中で一向に成長しないデザインに対し、心ある評論家は「メーカーの一貫性を示せ」「モデルチェンジの度にコロコロ変えるな」とずっと訴えて来たじゃないか。

さらに同連載では、新規展開の「黒い販売店」は敷居が高くて入りにくいなんて話もあったけれど、べつにブランド品を着てなきゃ入れないとか、ゴールドカードを持ってないと商談しないってわけじゃない。

これだって、国産車ディーラーはセンスのかけらもないノボリやポスターが残念なんて話がずっとあったわけだし、あの程度の「コーディネイト」にたじろぐのは、逆に客側が情けないという話だろう。

もちろん、すべてのメーカーが似たようなことを言い始めたら「気持ち悪い」とは思うけれど、たかだか1社の話だ。しかも、特段珍しいことをやっているワケでもない。

ごく個人的な話をすれば、僕はいまのマツダデザインはあまりピンと来ない。好みじゃないと言ってもいい。けれども、デザインに対する姿勢は本来あるべき姿だし、仕事の内容も十分評価できるものだ。

そんな「真っ当な」仕事を数年継続したくらいでアレコレ言うのは、ちょっと残念に思える。あまりにきれいな水より濁り水の方が心地よい、なんて文句はたしかに言いやすいんだけど。

|

« 雑誌記事:旧車デザインコラム、19回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の20回目です »

雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

好き嫌いは当然あって然るべきでありますが、そこであちこちの意見を取り入れまくると、
当初の理念もぼやけ、なにがやりたかったのかが不明瞭になって行きます。

しかし、MAZDAはこれだけ明確にテーマを掲げ、ぶれずに確実に深化、昇華させて来ている。
これはよほどの信念と覚悟、会社全体が一丸とならないと不可能だと感じております。

コンセプトカーにしても、ただただその理念を具現化し、提示しているに過ぎません。
「これこそが正しく、これ以外は邪道である」
とか言い出したら危ないですが、そうではない。

それに対し、洗脳だとか言い出したら、メーカーとしたらなにもやれなくなると思います。

投稿: 某改め某 | 2017年12月 4日 (月) 04時11分

自動車好きさん

レクサスは・・・またちょっと別の意味でキツイですが。

Uedaさん

そうそう、狼狽し過ぎですね。目立ったこととうか、ちゃんとしたことに対する安易なアンチ意見ですね。一見カッコイイ意見のように感じますので厄介です。

アクシオムさん

同感です。記事のように僕も好みではないですし。まあ、その点も含めてシェア数パーセントが賛同してくれればという姿勢なんでしょうけど。

某改め某

具体的な、あるいは建設的な意見が出ないのは以前からずっとですね。出さないというか、出せないのだと思いますが。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年12月 3日 (日) 12時05分

こんにちは。

国産メーカーはガラパゴスだ、ヤンキーだといいながら、ブランディングをしようとすれば洗脳だ、やりすぎだという。

じゃあどうすればいいのか?
と問えば、別段有意義な提案が出る訳でもなく。

まぁ、なにかやろうとすれば、否定的な意見が出る事もまた必然で避けられない事。
MAZDAには引き続き世論に左右される事なく、現状を貫き昇華させて行って欲しいと願っております。

投稿: 某改め某 | 2017年12月 3日 (日) 11時21分

逆にいまのマツダに色々と意見をすると、別にパッシングをしているわけじゃないのに「お前はCX-5に乗っているくせして、文句を言うのか?」みたいな受け取られ方をするんですよね。そういう同調圧力もいかがなものかと・・・愚直にやっていることもわかるし、洗脳的でもブランディングを懸命にやっていることもわかるんです。でも最終的に、そういう活動を通して理解はしても、感性的にそれがいいかは別なんですよね。色々な意見があって、多様な声に対して受け入れる許容があるかどうか?

投稿: アクシオム | 2017年12月 1日 (金) 16時13分

同意見です。これがベストだとは、前田さんも言っていない。なんとか日本の美学を車に表現したかったと言ってるだけ。それに対して、いや侘び寂びならこうじゃないとか、日本には金閣や東照宮もあるのだからトヨタもOKとか?言うならまだしも、宗教的とか何とか、狼狽すぎ。目立った意見があるとバッシングする村の風土が、インターナショナルな自動車工業の世界で発信されるのは恥ずかしくなる。

投稿: Ueda | 2017年12月 1日 (金) 12時57分

レクサスも同じですね。

投稿: 自動車好き | 2017年12月 1日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:マツダはやり過ぎなのか?:

« 雑誌記事:旧車デザインコラム、19回目です | トップページ | 雑誌記事:ネオクラシックカー・デザイン記事の20回目です »