« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

雑誌ナナメ読み:マツダはやり過ぎなのか?

Photoうーん、ちょっと情けないなあと思うんである。

雑誌『ベストカー』の連載「エンスー解放戦線」で、東京モーターショー、マツダ出展のコンセプトカー「魁」がお題になっていた。

論調としてはマツダのデザインはやり過ぎ、プロダクトというよりアートになっている、考え方がもはや宗教的、といったもの。この「魁」についても、量販コンパクトにこんな表現はそぐわないと。

言いたいことはよくわかる。あまりに同じような表現が続く「魂動」に不安を感じていたところ、第2章を象徴する「VISION COUPE」はさらに突き詰めた表現となり、「日本人の美学だ、光のコントロールだ」などとデザイナーが語るのはもはや洗脳的。

僕も最近のマツダ車を取材していて、チーフデザイナー達があまりに同じようなことを話すのに驚いたし、誰に会ってもみんな似たような黒い服を着て同じような髪型?をしているのにオヤ、と思ったりしているけれど(笑)

けれども、だ。あえて言うけれど、たかだか「これしきのこと」じゃないか。

魂動というネーミングこそ派手だけど、わずかシェア数パーセントの中堅メーカーが、少ないラインナップのイメージを統一しようと考え、それを着実に進行させているだけだ。見方を変えれば、他のメーカーが頓珍漢な仕事している中で、その着実さが目立っているだけだろう。

そもそも、日本車の歴史の中で一向に成長しないデザインに対し、心ある評論家は「メーカーの一貫性を示せ」「モデルチェンジの度にコロコロ変えるな」とずっと訴えて来たじゃないか。

さらに同連載では、新規展開の「黒い販売店」は敷居が高くて入りにくいなんて話もあったけれど、べつにブランド品を着てなきゃ入れないとか、ゴールドカードを持ってないと商談しないってわけじゃない。

これだって、国産車ディーラーはセンスのかけらもないノボリやポスターが残念なんて話がずっとあったわけだし、あの程度の「コーディネイト」にたじろぐのは、逆に客側が情けないという話だろう。

もちろん、すべてのメーカーが似たようなことを言い始めたら「気持ち悪い」とは思うけれど、たかだか1社の話だ。しかも、特段珍しいことをやっているワケでもない。

ごく個人的な話をすれば、僕はいまのマツダデザインはあまりピンと来ない。好みじゃないと言ってもいい。けれども、デザインに対する姿勢は本来あるべき姿だし、仕事の内容も十分評価できるものだ。

そんな「真っ当な」仕事を数年継続したくらいでアレコレ言うのは、ちょっと残念に思える。あまりにきれいな水より濁り水の方が心地よい、なんて文句はたしかに言いやすいんだけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雑誌記事:旧車デザインコラム、19回目です

Photo自動車サイト「クリッカー」での連載、ネオクラシックカー・グッドデザイン太鼓判。

19回目の今回は、スズキの初代エスクードです。

大型クロカンがブームになっていた中で、1.6リッターのコンパクトクラスを狙ったこともユニークですが、極めてオリジナリティの高いデザインには当時ずいぶん驚いた記憶があります。

小さなボディにあれだけ大きなブリスターフェンダーを設けておきながら、それを違和感なくまとめるというのはスゴイですね。しかも、それ自体が個性につながっている。当時は外国人デザイナーの関与がウワサされていましたけど、真意はともかく、それも理解できます。

5ドアは後からの追加でしたけれど、これも間延びせず、ショートの特徴をかなり上手く取り込んでいたと思います。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/11/28/535267/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:アルファロメオ・ジュリア

Photoどうも、いまひとつピンとこないんである。

ジュリアの国内発表がメディアで取り上げられている。多少の違いはあれどその扱いはどこも熱く、とりわけA4判エンスー系雑誌ではご丁寧に「お待たせしました!」なんて表現もあったりする。

みなさん、そんなにアルファを待っていたとは。

前にも書いたことがあるけど、クルマ好き=ポルシェ好き、アルファ好きという、半ば公式めいた話は一体どこから来るのか、常々不思議に思っているんである。

いや、もちろん輝かしい歴史や伝統を持つメーカーではあるけれど、それは他のメーカーにも多かれ少なかれあるわけだし、必ずしも皆がスポーティさを求めているわけじゃないだろう。

そもそもこのジュリア、スタイルの初見からして拍子抜けだった。何せ、どう見ても近年のBMWそっくりだし、全体のキレもない。伝家の宝刀、盾型グリルをもってしてもほとんど個性を感じない。

ある老舗雑誌では「最初はアレ?と思ったけど、じっくり見ているうちによさがわかってきた」なんて記事も。何でそこまで頑張って肯定しないといけないのか、もはや滑稽でもある。

そして、このクルマから新世代ラインナップを揃えるというアルファだけど、その狙いがどこにあるのか、少なくともこのジュリアから想像するのは難しい。

たとえばフェラーリ由来のエンジンは、F1譲りの最新ハイブリッドシステムを持っているわけじゃないし、レースマシンのような超軽量化も見られない。ミッションや足まわりにも特段新提案は見あたらないし、デザインもしかり。

いや、それじゃダメだということじゃなく、少なくとも大々的に絶賛する必然性が感じられないということだ。もちろん、いまさらFR云々ということでもないだろうし。

こうした露骨な贔屓目はフェラーリやシトロエンなんかでも垣間見られるけれど、書く方も読む方も「お約束」で盛り上がる様は、奇妙と言うよりもはや空々しくもある。

ところで、アルファは今後数年で7、8車種を投入するそうだけど、じゃあ、そこでどんな展開をすれば本当の「いいね」を獲得できるだろう? 僕個人としては、最新技術はもとより、より幅広いユーザーを意識した実用重視のラインナップが面白いと思う。

ジュリアと発表済みの大型SUVを別とすれば、対VWポロクラスの5ドアハッチ、アウディQ2クラスSUV、メルセデスCLA~Cクラスのセダンとワゴン、ミニ対応のプレミアムコンパクト、ロードスターRFベースのオープンなど、相当な王道で。

つまり、ミト、ジュリエッタ、4Cのように散らかった感じじゃなく、圧倒的に魅力のあるスタイルや走りを、ごくふつうの車型に投下すると。で、そこに一本軸のとおった独自のコンセプトを明快に打ち出す。

そうすれば、新世代としての評価自体はもちろん、それを多くのユーザーから得られると思うんだけど、どうだろう? いや、それこそコアなファンは、そんな展開を望んでないと思うけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:ネオクラシックカーのコラム、18回目です

Photo「ネオ・クラシックカー・デザイン太鼓判」が掲載されました。

第18回目の今回は、いすゞの2代目ビッグホーンです。

これまで何回か、グッドデザインとして定番となっているクルマ以外を取り上げてきましたが、もしかしたら今回もそのパターンかもしれません。

いすゞでは、すでに取り上げたピアッツァなどは誰もが疑わないクルマですけど、ビッグホーンとなると「そうだっけ?」となる方も多いのでは?と思います。そこが本コラムの狙いだったりするんですけど。

よく、先代がシンプルでいいデザインだと、2代目は肥大化したり妙な高級路線に走ってしまって台無しに・・・なんて話が少なくないですが、ビッグホーンはその点で非常に上手いモデルチェンジを行ったと思います。

「そうだっけ?」という方は、もう一度じっくり見直していただければと思います(笑)

それでは下記のサイトにてご笑覧ください。

(クリッカー)

https://clicccar.com/2017/11/22/533644/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:ネオクラシックコラム、17回目です

Photoネオクラシックカーのデザインショートコラム、17回目が掲載になりました。

今回は日産の4代目パルサーです。

パルサーと言えばEXAが話題でしたし、3代目はイヤーカーを獲るなどでヒットしました。なので、この4代目は結構地味な存在だったかもしれません。しかし、例によってデザイン的には非常に完成度が高く、注目するべきコンパクトだったと思っています。

まとめ役はあの前澤義雄氏で、プリメーラが途中参加だったのに対し、パルサーは最初からかかわっていたと聞きます。氏も推していたといいますが、個人的にも5ドアのバランス感はかなりのものだったと感じていますね。

とにかく、日産車がキラリと輝いていた一時期のクルマではあります。

それではお時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/11/17/532612/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:ネオクラシックカー・コラム16回目です

Photo自動車専門サイト「クリッカー」での、ネオクラシックカー・デザインコラム掲載です。

16回目の今回は、トヨタの4代目セリカです。

 「流面形」というコピーは有名ですし、前回のシャレードなどに比べれば、比較的多くの人が記憶に残っているクルマじゃないかと思います。個人的には3代目もオリジナリティがあって好きなんですけど、今回はその発展版である4代目にしました。

面白いもので、さらなる発展版の5代目の方が一見「流面」っぽいのですが、いくら凝っているとはいえ、やっぱりやり過ぎはダメなんですね。それでも、3~5代目は同じモチーフを使いつつ、それぞれの特徴を出したのが興味深いところです。

それでは、下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/11/13/530872/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:ネオ・クラシックカーデザイン記事、再開です

Photo東京モーターショー会場取材の企画でしばらくお休みしていました、「ネオ・クラシックカーデザイン太鼓判」を再開しました。

15回目の今回はダイハツの3代目シャレードです。

シャレードは5平米カーとして初代の功績が大きく、それに準じた2代目もまた実用を重視する通なファンに好評でした。

しかし、方向性を変えたこの3代目は当然賛否両論。シャレードを「ふたりのクルマ」にするなど何事か!という声も随分ありました。

しかし、3代目は軟弱に見えてその実かなりしっかりした造形になっていて、開発者自身が言うように、カタマリ感を重視した質感の高いデザインでした。「ツーサム」なんてコピーが心理的に反感を買った部分もあったかもしれませんね。

それでは、今後も引き続きこのシリーズにご期待?ください。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2017/11/09/529508/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:東京モーターショー・速攻インタビュー番外編です

Photo東京モーターショー会場でのデザイン速攻インタビュー。

最後は番外編で、いすゞ「FD-Si」を取り上げます。

本当は乗用車メーカーのみの取材を予定していたのですが、このデザインを見て急遽取材を追加しました。

何ともいすゞらしいプレーンでクリーンなボディですが、担当のデザイナー氏は美大で彫刻を専攻していた異色派。もちろん、新卒当時はモデラートして採用されたわけですが、その後エクステリアデザイナーに「異動」したそうです。

まあ、そういうわけもあるのか、この大胆な2重構造は実に彫刻的ですね。しかし、変にアートな表現にならず、シンプルな面を持ったボディとなっているのが面白いところです。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/11/07/528645/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:東京モーターショーの8回目はスズキです

Photo東京モーターショー会場でのデザイン速攻インタビュー。

8回目の今回はスズキ スペーシア・コンセプトです。

今回のスズキは市販前提車を2台出展しましたが、ワイド版ハスラーのクロスビーはどうもいまひとつピンと来なかったのでスペーシアに。

このクルマについては発表後にしっかり話を聞きたいと思いますが、実際にはあれこれデザインを検討している中で、スーツケース案がポンと出てきたようですね。ボディのビードの入れ方や、ドアを外側に出すなどもほとんどスケッチのままだそうです。

トールワゴンはタントやNボックス、デイズなどライバルも多く、それなりの個性が必要なのでしょうけど、このスーツケース案はなかなかチャレンジングですね。流行りのヤンキー風味じゃないアイディアが受け入れられるかどうか。

それでは下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/11/06/528637/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:東京モーターショー・インタビュー7回目です

Photo東京モーターショー会場でのデザイン速攻インタビュー。

7回目の今回はホンダ Urban EV Conceptです。

メディア的にはもう一台のスポーツカーコンセプトが話題ですが、個人的にはこちらに興味がありました。

懐かしい、レトロ・・・というよりも「親しみ」の表現のようですね。とくに現在のエキサイティングデザインを否定する話じゃありませんが、仮にオールニューのEVという特別な存在であっても、こうした表現が出てくるのにはそれなりの背景があると思わせます。

造形としては、全体イメージとともに、グラフィックを最低限に集約した表現が興味深かった。丸とか四角ということではなく、このアプローチにはある種の可能性を感じますね。

それでは下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

 https://clicccar.com/2017/11/05/528333/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:東京モーターショーの6回目はスバルです

Photo東京モーターショー会場での、デザイン速攻インタビュー。

6回目の今回はスバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPTです。

「ダイナミック&ソリッド」を掲げるスバルながら、新しいインプレッサにいまひとつ進化を感じないところでしたが、いよいよ次のステージということのようです。

基本のイメージを同じとしつつも、少なくともこのコンセプトカーのスタンスには新しさを感じました。ノーズのシャープさやリアフェンダーなどにダイナミックさが出ていると思います。

ただ、スバルはコンセプトカーの先進具合が量産車に反映されないのが常。インプレッサはその点逆の意味でそのまま反映してしまいましたが、このVIZIVはどうでしょうか。

それでは、下記サイトにて。

(クリッカー)

https://clicccar.com/2017/11/03/527694/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:東京モーターショーコラム、5回目はマツダです

Photo東京モーターショー出展のコンセプトカー、速攻インタビュー。

第5回目はマツダのVISION COUPEです。

魂動の次世代デザインか?と思いきや、第1世代最後となった新型CX-5に次ぎ、いよいよ第2章のスタートということですね。

そのデザインの内容はともかく、伝統あるクーペボディでそのエッセンスをしっかり見せ、同時に量産車前提のモデルを出すのは、中堅メーカーの出展方法としては非常に考えられたものだと思います。

それと、これも良し悪しはともかく、マツダのチーフデザイナーさんは、誰に話を聞いても皆さん同じスタンスでの内容が語られるのが驚きです。よほど日常からデザイナー同士のディスカッションを進めているのでしょうね。

それでは、下記サイトからご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/11/01/526769/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »