« 雑誌記事:デザインショートコラム、第11回の掲載です | トップページ | クルマ散策:マツダCX-8発表会に出掛ける »

クルマ散策:日産リーフ発表会へ出掛ける

Photo今日、日産の新型リーフ発表会に行って来ました。

会場は幕張メッセ。何でそんな遠いところで、と思っていたわけですが、これがまあバカバカしいくらいに広い会場で、ステージはもちろん、椅子は恐らく数千席はあったんじゃないかと。

入場した瞬間は、ドリカムのライブか24時間テレビの武道館?な感じでした。

これは、午前のメディア向けに加え、午後には日産本体関係者、そして全国の販売店関係者も呼んでの一大イベントがあるからだそう。

そりゃあ、いまや電気自動車は欧州の動向など実に旬なクルマなわけですが、それにしてもたった1車種のためにこれほどのイベントを行って大丈夫なのか?と心配になるほどでしたね。当然、演出の映像も音響も凝りまくり。

2で、このステージだけではなく、隣のホールには技術、デザインなどテーマ別にブースが設けられ、それぞれに車両や展示物を用意、多くのスタッフが待機するという力の入れよう。一体何人の社員が動員されたんだと思えるくらいです。

まあ、旬ということで、NHKを始めとして今晩は多くのニュース番組でその様子が紹介され、何とか元をとれたのか?と思えなくはないですが。

ということで、リーフ自体の話は後日まとめたいと思います。

|

« 雑誌記事:デザインショートコラム、第11回の掲載です | トップページ | クルマ散策:マツダCX-8発表会に出掛ける »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

「新型ノート」と言われても、なんの違和感もない、FFハッチバックとして、極標準的なスタイルですね。
せっかくの電気自動車なんだから、もっと自由なパッケージが出来そうに思えるのですが。
インパネも極普通。 足元が狭くなる、デカいセンターコンソールは、この車に必要なのでしょうか?

投稿: Per | 2017年9月 6日 (水) 23時30分

相当大げさな発表会のようですね。
フランクフルトショウには、日産はインフィニティともども出展しないので、おそらくこの幕張での発表会に注力したんでしょうね。
それでも今年は初めてプレスデーからフランクフルトショウに参戦いたします。

投稿: アクシオム | 2017年9月 6日 (水) 23時32分

Perさん

はい、まったくです。そのあたり、今度まとめてみますね。

アクシオムさん

はい、相当な集中だったようです。まあイメージ戦略としては重要なクルマではありますが。フランクフルト、羨ましいですね!

投稿: すぎもとたかよし | 2017年9月 7日 (木) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/71633976

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:日産リーフ発表会へ出掛ける:

« 雑誌記事:デザインショートコラム、第11回の掲載です | トップページ | クルマ散策:マツダCX-8発表会に出掛ける »