« 雑誌記事:コラムが2本掲載になりました | トップページ | 雑誌記事:ショートコラムの13回目です »

新車心象風景:トヨタ・カムリ

Photoいろいろな部分でズレている感じがするんである。

まず、大のオトナが妙に舞い上がった発表会の雰囲気からしておかしかった。いや、いいクルマができたという自負は歓迎するけれど、開発主査が前のめりで「がんばりました!」と声を高める姿に、冒頭いきなり引いたわけだ。

そこに「ビューティフル・モンスター」である。耳を疑ったというか、聞いているこっちが恥ずかしい具合だ。発案は代理店なのか宣伝部なのか知らないけれど、止める勇気を持った人間はいなかったのか?

さらに、アンバサダーのテリー伊藤氏と続く。そもそも80年代の元気のよさ云々の安易なコンセプトが疑問だけど、そこでテリー氏という時代錯誤な選択が、まるで凋落のフジテレビを見るようでとても残念。

トドメが「理屈抜きにカッコいいスタイル」。プロダクトデザインの花形として、徹底したコンセプト作りから始めるはずの自動車デザインに対し、作り手自身が「理屈抜き」と言い放つことが、一体どういうことか分かっているんだろうか?

発表会では、デザイン部に訪れた章男社長が候補案を見て「この中でいちばんカムリらしくないのを選べばいいんだよね?」などと発したことが誇らしげに語られる始末。え、クルマのデザインってそういう次元の話なの?

新しいカムリは、車台からすべて新設計で望める貴重な機会だったそう。けれども、ゼロから始められる状況でこそ、本来の実力やセンスが問われる。何でもできるからこそ、その仕事内容が注視される。

TNGA思想による走りの性能はともかく、勢い余ってズレまくったコンセプトや、ラインが交錯する煩雑なスタイルが、どうやらその回答らしい。この途方もない軽さは一体どこから来るんだろう?

これでもって「セダンの復権」などと構えるのは、中身のない大口を連発するどこかの政権みたいで、実に虚しいんである。

|

« 雑誌記事:コラムが2本掲載になりました | トップページ | 雑誌記事:ショートコラムの13回目です »

新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

自動車好きさん

カローラ、というか、そのクラスのセダンがいちばん作りやすいかもしれないですね。
たとえば先代ティーダ・セダンなんかにヒントがある気がします。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年10月 8日 (日) 16時41分

それカローラじゃないんですかね?
それ以上のセグメントだと今はプレーンなセダンは売れないと思います。

投稿: 自動車好き | 2017年10月 8日 (日) 12時01分

pottsyさん

同感です。
もちろん、ベスト10上位に常に入るような売れ行きはないかもしれませんが、堅実に売れるセダンは可能だと思います。妙に高級とかスポーティとかじゃなくていいんです。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年10月 5日 (木) 22時47分

すぎもと様
そもそもアメリカ向けの車で、ちょっとキャッチコピーを変えただけでは仕方がないかも知れません。本当に日本国内での使い勝手や本当にいいセダンはなんたるかを考えら、こんなセダンにはならなかったのではないでしょうか?もう少し小回りもきいて、使いやすく乗っても、見ても良いセダンの登場を願います。現在国産に見当たらないと思うのは私だけでしょうか?

投稿: pottsy | 2017年10月 2日 (月) 20時18分

アクシオムさん

「いいクルマを作る」の軸が定まっていない感じですね。あるのは妙な勢いだけで。経済誌というのは同感です。趣味的ではない分落ち着ていますね。

Perさん

セダンは走りだ・・・みないな発想ですけど、そこが安易です。もっと生活に密着した使いやすいもの、それでいて魅力も感じるセダンはあり得ると思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年10月 1日 (日) 09時12分

「BEAUTIFUL」 「理屈抜きにカッコいい」と勝手にハードルを、ものすごく上げるから、 「それほど・・・」と、かえって評価が落ちます。
CMで「あの頃クルマは熱かった」と言っていますが、 あの頃にも、カムリはFFファミリーカーとして、あった訳で・・・
今さら「乗りたいクルマはあるか?」と、カムリを出されても・・・「ちがうだろー」となります。
「熱い系」のクルマが好みの方は、「カムリ」には思い入れも無いでしょうし。 ネームバリューが無い。
「熱くなければクルマじゃない」と言っている訳ではなく、個人的にはハイブリッド等の高効率メカは好きです。
宣伝が支離滅裂なんじゃないの?と思います。
実車を見てきました。 Aピラーが倒れこんで圧迫感があります。 左足元はFR車のような盛りあがりで狭い。 直後に、プリウスにも座ってみたら、こっちの方が運転席の広々感があるんですね。 プリウスの方がパッケージが良い(デザインは嫌)
さらには、ミニバン、SUV、軽自動車でさえ、もっと広々感があるクルマは、沢山あります。 セダンを否定する訳ではありませんが、これじゃぁ セダンが売れないよな・・・と思いました。
70系クレスタや、Y31セドリックは、良かったのに。

投稿: Per | 2017年9月29日 (金) 04時36分

最近の自動車メーカーの広報活動はどこかへんてこりんというか、おかしいんですよね。
新型カムリをうんぬんするほど詳しくはないですが、90年代に回帰するような宣伝や、ビューティフルモンスターったところで、セダン回帰するとは思えない。
むしろセダンを今の時代に売るのであれば、今の時代の生活にセダンがどうフィットするのかをちゃんと考えたうえで、宣伝すべきじゃないんですかね。
豊田社長がカムリらしくないデザインを選べばいいと言っているけど、ボクはちゃんと先代から継続されたカムリとわかるデザインは採用しているし、もしそんなことをいうのであれば、なぜ現行プリウスを出すときにあのデザインにダメ出しをして却下しなかったのか疑問ですね。
それでも自動車媒体ではトヨタマンセーとばかりに、一蓮托生のごとく称賛する。案外、自動車業界を冷静に見るのなら、まだ経済関係の媒体で自動車を見たほうがいいのかも知れません。

投稿: アクシオム | 2017年9月27日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・カムリ:

« 雑誌記事:コラムが2本掲載になりました | トップページ | 雑誌記事:ショートコラムの13回目です »