« 雑誌ナナメ読み:どうなる、東京モーターショー | トップページ | 雑誌記事:ショートコラムが掲載されました »

クルマ散策:トヨタ・カムリの発表会に出掛ける

Img_0517今日、トヨタの新型カムリ発表会に行って来ました。

いまの日本でそれほど売れるとは思えない大型セダンですが、発表会はとくに小規模ということはなく、メディアで満員状態の会場で行われました。

それにしても、今日は開発責任者の前のめりな姿勢が実に印象的でしたね。新しいTNGAを用い、いちから開発することが出来た喜びに溢れていて、とにかくカッコよくて走りのいいクルマが出来ました!と声も高々。

ただ、80年代に走りを楽しんだ50代にもう一度ワクワク・ドキドキという発想や、カッコいいとは屋根が低くてタイヤが四隅にあることだ、という言葉には若干疑問がありました。

さらに、アンバサダーとしてテリー伊藤氏を選んだという意識に、どこか時代錯誤的なものも感じた次第です。マーケティングが古典的というか、いまさらテリー氏というのも何だか衰退したフジテレビっぽくて。

まあ、細かい感想は改めて書きたいと思いますが、皆さんのカムリの第一印象はいかがでしょうか。

|

« 雑誌ナナメ読み:どうなる、東京モーターショー | トップページ | 雑誌記事:ショートコラムが掲載されました »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

新型カムリはぱっと見デザインしか印象は語れませんが、プロポーションは低重心でいいんですが、フロントグリル下のアンダープライオリティーなるバンパーのデザインや、サイドドアのプレスライン、Cピラーのラインなど、ディテールが相変わらず残念ですね。特にアンダープライオリティーって必要なんですかね?

安倍政権と同じになってきましたね、トヨタの章男氏経営は・・・自動車メディアはトヨタにこぞって翼賛しているけど、経済メディアは相当章男氏に否定的だったり、評価が低いですよね。裸の王様感は相当なものですね。
そういえば、配信を受けている伏木さんのメルマガは、今年伏木さんがケガして、心筋梗塞になって入院してから 『トヨタが地上から消えてなくなる日』なんてタイトルで記事を配信し始めましたね。でも、相変わらず昔話に毎回毎回戻りすぎて、ちっとも前に進んでません。
伏木さんのようにトヨタにモノ申したいのであれば、実直に言えばいいのに・・・色々クルマ人生に思うところがあることは結構ですが、せっかくのタイトルに読者は興味をひかれているのに、整理もせず本意を語らないとはいかがなものか?

投稿: アクシオム | 2017年7月11日 (火) 23時03分

「BEAUTIFUL MONSTER」とか、 「『理屈抜きにめちゃめちゃかっこいいね』と言っていただけるクルマを目指して開発」って
ちょっと何言ってるか分からない・・・  フロントバンパーで、ブチ壊しだと思いますが。
「セダンの復権を目指す」なんて、本気で言っているとは思えません。 シビックと同じで、アメリカ向けの車を、そのまま日本でも売るだけ。 全幅1840ミリ、回転半径は、5.7~5.9mと、クラウン以上ですし、日本では使いにくい。
私は、セフィーロに乗っていましたが、あれ以上デカイのは嫌です。

また、マイナーチェンジした「エスクァイア」は、相当酷い事になっています。 トヨタのデザインは、どうしたのでしょうか。

投稿: Per | 2017年7月13日 (木) 18時55分

「セダン・イノベーション」というのを過去にやってたのを思い出しました。20年も前でしょうか。結局セダンの復権はならなかったわけですけど、トヨタには学習能力がないんですか?(笑)こういう発表会の様子を見ていると、内輪盛り上がり感がすごいですよね。マークXを堅実に進化させる方が、一人の車好きとしては嬉しいのですが…

投稿: としぴぃ | 2017年7月17日 (月) 10時25分

アクシオムさん

あたらしい車台が与えられたわけですが、どうもはしゃいで勢い余ってしまった感じでしょうか?キーンルックもレクサスのグリルも、派手方向に進むしかないのが厳しいですね。しれにしても伏木さんはご病気されたんですね。

Perさん

理屈抜きでカッコいい・・・という言葉を世界のトップメーカーから聞きたくなかったですね。そんなのはプロダクトデザインじゃないです。恥ずかしいです。

としぴぃさん

自分でセダン以外のクルマをバンバン作っておいて何が復権かと思います。だったら常にちゃんとした商品を継続して作ってくるべきだったのに。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年8月17日 (木) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/71101938

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:トヨタ・カムリの発表会に出掛ける:

« 雑誌ナナメ読み:どうなる、東京モーターショー | トップページ | 雑誌記事:ショートコラムが掲載されました »