« 2017年6月 | トップページ

クルマ散策:いすゞプラザへ出掛ける

Photo今日は、この春にオープンしたいすゞプラザまで取材に行ってきました。

すでにいろいろな媒体で紹介されていますので、皆さんはよくご存じかと思います。

僕も以前から行ってみたいとは思っていたのですが、どうせなら何かの記事にできればいいなと。それが今回ようやく実現した次第です。

館内は一般の見学者の他、どうやら小学生の社会見学先になっているようで、多くの子供たちの姿がありました。また、当然ですがいすゞ社員の見学も多いようですね。

今日の取材が記事になりましたら、またここでお知らせしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:ダイハツ・ミライース

Photoミラ イースって何だっけ?という話なんである。

そもそもは、2009年の東京ショーに出品されたコンセプトカーの「e:S」が、なぜかその原形を留めないカタチでデビューしたあたりからズレが始まった気がする。

乾いた雑巾を絞るような効率化と簡素化を推し進めるコンセプトながら、意外なほどオーソドックスなスタイルで登場した初代は、たしかに安くて燃費がいいけれど、サイズを含め特別感がまったくない不思議なクルマになったんである。

で、新型は基本、その初代のブラッシュアップ版だ。妙に評判のいいスタイルは、なるほどエッジを利かせたシャープなものだけど、基本形は初代そのもの。パネルの質感云々よりも、まずなぜこのカタチなのか、なぜこのサイズが疑問だ。

さらに、あまりに簡素過ぎるという先代ユーザーの声に応え、コストぎりぎりで頑張ったインテリアが逆に「貧相な豪華さ」を招き、あれ、ミラ イースってこういうのだっけ?の思いを加速させいる。

一方、変わらなかった燃費値については、不毛な燃費競争から下りた、実を取ったなどこれまた絶賛状況だけど、そういう諸々を勘案すれば「だったらミラでいいんじゃないの?」と思えてくるんである。

もちろん、そうなればダイハツ自慢のイーステクノロジーって何だっけ? 第3のエコカーって? ともなるわけで、初代からのズレがここでますます広がっていく感じだ。

あちこち欠点・弱点潰しをやっているうちに、そもそもの商品テーマがぼんやりするのはよくある話。しかも、ミラ イースは初代からぼんやりしていたから尚更なんである。

発表会では、いかにエンジニアが工夫を重ね、デザイナーはいかに細部にまでこだわったのかが語られていた。それは本当なんだろうけど、しかし、そういうことじゃないことに、もうそろそろ気付くべきなんじゃないかと思うんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:ショートコラムが掲載されました

Photo自動車専門サイト「クリッカー」でのショートコラムが掲載になりました。

ネオクラシックカーのデザインを振り返る企画。第5回目の今回は日産の初代セフィーロです。

 日産というと、トラッドサニーを代表としたカクカクデザインがイメージに強いですが、一方で独自の欧州指向が以前から見え隠れしていました。この時期は、それが最大限に表現されていた時期かもしれません。

 デザインは時代とともに変化するものですが、いまの日産のデザイナーさん達は、この頃のスタイルをどう評価しているのでしょうか? もちろん、単に昔に戻るような発想は禁物ですが、表面上の話ではない、大切な何かがあったのは間違いないと思えます。

 それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

 (クリッカー)

  https://clicccar.com/2017/07/15/492065/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ散策:トヨタ・カムリの発表会に出掛ける

Img_0517今日、トヨタの新型カムリ発表会に行って来ました。

いまの日本でそれほど売れるとは思えない大型セダンですが、発表会はとくに小規模ということはなく、メディアで満員状態の会場で行われました。

それにしても、今日は開発責任者の前のめりな姿勢が実に印象的でしたね。新しいTNGAを用い、いちから開発することが出来た喜びに溢れていて、とにかくカッコよくて走りのいいクルマが出来ました!と声も高々。

ただ、80年代に走りを楽しんだ50代にもう一度ワクワク・ドキドキという発想や、カッコいいとは屋根が低くてタイヤが四隅にあることだ、という言葉には若干疑問がありました。

さらに、アンバサダーとしてテリー伊藤氏を選んだという意識に、どこか時代錯誤的なものも感じた次第です。マーケティングが古典的というか、いまさらテリー氏というのも何だか衰退したフジテレビっぽくて。

まあ、細かい感想は改めて書きたいと思いますが、皆さんのカムリの第一印象はいかがでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌ナナメ読み:どうなる、東京モーターショー

Photoもうそろそろ、腹をくくった方がいいような気がするんである。

今年の東京モーターショー、ここ数回と同様アメリカとイタリア勢が不参加なんだけど、さらに、あのミニまでが辞退したみたいだ。

これはマズイと、評論家の岡崎氏は雑誌のコラムで、より東京らしさ、日本らしさをアピールして挽回するべきと書いている。具体的には自動運転などの高い技術の披露で、ここは国をあげての取り組みが必要だと。

まあ、技術立国としては分かりやすい話だけど、それが東京ショーを復活させる切り札だとはちょっと思えない。だいたい、自動運転技術などは特段日本がリードしているわけじゃないし、いまどき先進国間で大きな差ができるようなものじゃない。

国際自動車ショーの盛況如何は、当たり前だけど注目するべきクルマがどれだけ出品されるかだ。ワールドプレミアを筆頭に、世界中からどれだけ充実したクルマが持ち込まれるか。

その点、日本市場は輸入車シェアがせいぜい1割という特殊な状況。もちろん、この状況を、たとえば国や自工会が何とかしようなんて発想はこれっぽちもない。自動車先進国として、輸入車は3割くらいが健康的な市場だ、などとは考えない。安くて便利な日本車が売れればそれでいい。

であれば外国メーカーが辞退するのは仕方がない、というか受け入れるしかない。1割の大半を占めるドイツプレミアが来てくれるだけで恩の字だ。

さらに、当の日本勢もまた、重要な車種の発表を外国ショーに移行しているんである。それこそ東京じゃなくて「あっちの方が影響力がある」という理由でもって。そういう流れを自ら作っている。

外国車は売れなくていい、日本車も外で見せる、となれば、国際ショーとして傾いていくのは当たり前の話だろう。それで盛り上がれというのは虫がよすぎる。

もちろん、技術に特化したアピールなどは本来脇道なのであって、それはパシフィコ横浜でのイベントでもう十分なんである。

そんな現状を踏まえれば、東京は国際ショーをあきらめるしかないと思う。いや、実際にはすでにそういう状況なんだけど、それを受け入れると。なまじ、国際ショーを気取るから「ほつれ」が目立つわけだし。

ということで、もうローカルショーとして腹をくくり、いっそのこと好調なオートサロンと統合させてもらえばいいんじゃないかと思う。「かわいい」と「ヤンキー」が交差するイベントはまさに東京、日本そものもだし、軽や内向きなワールドプレミアにも違和感がなくなるし。

変な話、東京が国際ショーでなくなるのも、あるいはオートサロンと一緒になるのも、両主催者のプライドと困惑を除けば、ユーザーにとって特段困ることはないんじゃないかと思う。

もしかしたら、それが外国勢の参加への近道だったりするかもしれないし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ