« 2017年5月 | トップページ

雑誌ナナメ読み:売れないけど大好き?

4170623_005hもどかしいというか、残念な感じだなあと思う。

一旦途絶えていた国内でのシビックブランドが、この夏に復活する。ホンダからの正式な発表に、とりわけコンビニ系雑誌を中心に話題沸騰なんである。

けれども、評論家の国沢氏が「このシビックは売れない」発言をしたあたりから、雑誌記事も同様の曇り具合で、北米指向のボディに対し若干の疑問が挟まれたりする。

たしかに、公開された10代目はまず寸法的にデカく、写真で見ればドヨンとひょろ長いボディが実に酷いことになっている。いや、シビックとしてどうか?という以前の問題で、これがインテグラでもアコードでも同じことだ。

じゃあ、なんで話題沸騰なのかといえば、そこにタイプRがあるからだろう。評論家も読者も大好きなホンダのトップ・スポーツグレード。だから、ダメだと言いつつやっぱり黙ってられないと。それが何とも残念な感じだ。

そうして、いよいよ試乗会ともなると「いいところ」を次々に挙げ始める。日頃から”持ち上げ系”の評論家の中には、「これはスマッシュヒットになるかも」などと言い始める始末で。

一方、「いいクルマができたので、国内でも売りたいと思った」というホンダのコメントがまた残念。シビックが肥大化し、実質フィットに取って代わってしまった状況は何ひとつ変わっていないのに、さらに大きくなって大味な新型を売ろうという神経がすごい。

「ヒットはしないでしょうが、それなりの数は売れるとは思います」というコメントは、どこか不振のF1スタッフによる「確実に進歩しています」的な空虚感に溢れているんである。ああ、ついにホンダも大企業病か?という。

メディアや評論家は、疑問があるならしっかり書く。売るべきでないと思うならちゃんと理由を添えて意志表示する。メーカーが頓珍漢なのも残念だけど、書き手側のグズグズ感が加速しているのはもっと空しい。

少なくとも今回のシビックに限って言えば、そんなことをやっても、読者も含めて誰ひとり得るものがないことに、どうして気がつかないのかと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌記事:ショートコラムが掲載されました

Rav4自動車専門サイト「クリッカー」のショートコラムが掲載されました。

先日始めた、ネオ・クラシックカーのグッドデザインを振り返るシリーズ。4回目の今回はトヨタの初代RAV4です。

トヨタほどの車種があると、皆さんそれぞれのグッドデザインがあるかと思うのですが、ここは個人的な意見としてこのクルマを最初にしました。

日産ジューク以降、各社が個性的なコンパクトSUVを投入し、それこそトヨタのC-HRでもってその競争がピークに達した感があります。でも、25年も前にもっと伸びやかで自由なスタイルのSUVを作っていたというのが面白いところですね。

僕はとにかくこのカジュアルな、いい意味での軽さが魅力的だと感じています。もちろん、いまでも旧さを感じないのはまとまりのよさ故です。実は昔から乗っていて、最近になってもわざわざ初代の中古を購入した友人がいるのですが、その気持ちも分かります。

切り抜き用の写真の加工が間に合わず大変お恥ずかしいところですが、よろしければ下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/06/21/481921/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:ショートコラムが掲載されました

Photo自動車専門サイト「クリッカー」のショートコラムが掲載となりました。

記事はネオ・クラシックのグッドデザインを振り返るシリーズで、第3回目の今回は6代目の三菱・ギャランです。

ギャランといえば、個人的には4代目のクリーンなボディも好きなのですが、シリーズとしてはこちらの方が時代的にマッチしているとしました。

6代目の筋肉質ボディは、三菱としてかなり突然変異的なものでしたが、やはりあれこれ試行錯誤の後の回答だったようですね。

この造形はミラージュやディアマンテにも採用されましたが、特異なものだけに、その後の「継続」という点ではかなり難しい素材だったのではないでしょうか。

2015に販売終了したギャラン・フォルティスはよりシャープなボディでしたが、それでも全体に漂う凝縮感は当時の影響が残っていたように感じますね。

それでは、お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

https://clicccar.com/2017/06/05/477210/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ