« 新車心象風景:マツダ・CX-5 | トップページ | クルマ散策:使えるものは何でも? »

雑誌ナナメ読み:タイトル先行?

Navi一体、誰に向けた誌面なのかなあと思う。

雑誌『NAVICARS』、先月売りの特集は「トヨタが好きで悪いか!」

クルマ好きにとっての「トヨタは眼中なし」という風潮を考えれば、まあ目を引くタイトルではある。

そのトヨタについて、どんな切り口が展開されるのかと編集長の前口上を見れば、章男社長の「もっといいクルマ」なんて掛け声や、C-HRだのプリウスPHVのチャレンジングなデザインと、昨今の「変化の兆し」を掲げている感じだ。C-HR云々で変化を語れるのか?という疑問はともかく、取りあえずいまのトヨタを絡めた話だと思うじゃないか。

ところが、なぜかそうはなっていない。

冒頭のトヨタ車ランキングアンケートでは、ハチロクだのセリカだのMR2だの、もはや消えたクルマばかりが登場し、続くオーナー取材でも同じくハチロクに2000GT、ダルマセリカと旧車のオンパレード。2T-Gエンジンはよかったね、なんて記事もあったりする。

いやいや、さらに「あの時トヨタは若かった」というカタログプレビューも70~90年代特集だし、レアカー探しもまた懐かし車ばかり。そうして冗談じゃなく、トヨタ博物館の紹介でもって特集は終わる。

かろうじて「いま」を語ったのは、例のWRC復帰とミライの簡単な紹介くらいなんである。

つまり、昔はこんな面白いクルマがあった。いや、いまでも私はこんなクルマ乗ってますよと、ただそれだけの内容が楽しげに載っている。ここには章男社長の言葉の真意もなければC-HRも出てこないし、好き嫌いの分析もない。

NAVIという一時代を作ったタイトルを借りつつ、とにかく皆一緒になってクルマを楽しもうという、よく言えばポジティブ、そうでなければ脳天期なハッピー指向だけで作られた、まるで豪華なサークル本のよう。

このNAVICARS、前号も「クルマ雑誌は死なない」なんて刺激的な特集を掲げ、しかし中身は心酔する元VAVI編集長をはじめ、ほぼ全員が業界関係者による「クルマ雑誌大好き」インタビューで構成するという暴挙をやっている。

自動車雑誌の生き死にを語るとき、当然いちばんに意識しなくちゃいけない読者(ユーザー)目線を完全に無視し、もちろん社会的な背景もすっ飛ばした、内輪だけによるハッピー光線全開の記事だ。

今号もそうだけど、それこそNAVIで育った僕のような人間には余りに稚拙で物足りないし、かといって昔を振り返ってばかりの記事が若者に受けるとも思えない。だとしたら、一体どんな層に向けて、何を訴えようとしているんだろう?

中身は?だけどNAVIみたいな表紙で、NAVIで活躍していたカメラマンの写真にNAVIで描いていたイラストレーターのカット。NAVIみたいな対談に、NAVIで見たようなコラム、そしてNAVIみたいな編集後記。

一時代を作った冊子の功績を想うと、これほど辛い雑誌はないんである。

|

« 新車心象風景:マツダ・CX-5 | トップページ | クルマ散策:使えるものは何でも? »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

NAVIとNAVI CARSは違いますから・・・名前はもとより、社会とクルマとを考えているか、考えていないか。これは相当な違いだと思います。
あくまでも元祖NAVIへのノスタルジーなんですよ、NAVI CARSは・・・
僕もNAVI CARSの4駆特集でビークロスを3台持っているから取材に来られましたが、書かれた記事はとりたててオーナーとしてどうなのか?とか、ビークロスってクルマは4駆としてどうなのか?ってことはさておかれて、カタログとかウィキペディアで乗っているようなビークロス紹介を書かれて、せいぜい出るのが早すぎたクルマ程度でお終いでしたね。
そもそも元祖NAVIの編集長で、元革命家であらせられた鈴木さんなんて、そもそもENGINやGQに移籍するたびにタイアップがひどくなってもうクルマ雑誌じゃないし、社会性もへったくれもないでしょう。あんなにズブズブじゃ・・・
自動車雑誌に評論なんて期待しておりません。せいぜい我々が知らない情報を提供してくれるか、専門家としての考察くらいがあればいまの自動車雑誌はそこそこ上等なんじゃないでしょうか。

投稿: アクシオム | 2017年4月25日 (火) 22時50分

スポーツカーや特殊な車に好き嫌いがあるのはいいと思うんです。トヨタに限らず。
でも普通の人が買う、ヴィッツやカローラ(=大衆車)に対してちゃんと評論できているんでしょうか。
トヨタは「安い車なんだから、これくらいでいいだろう」と徹底的に見切ってくるけれど、近年のマツダなどは同じ価格帯の車でも明らかに「質でリード」して訳ですし。
「利益でも規模でもマツダを大きく凌駕しているトヨタがなぜ同じことができないのか」
トヨタに対する根本的な問いに答えるものになってるのかなぁという点です。

トヨタの偉大な点は特殊なスポーツカー等を除けば「普通の人が普通に運転して故障なく、燃費よく走れる」という点。
一方、ジャーナリストのような専門家でなくとも感じる「ハンドリングや足回り、シート等の違和感」「ドライビングの一体感をそぐHVの設計」。
トヨタに対して感じる「偉大さへの尊敬」と「違和感」に対してジャーナリストは「真摯な」答えが提示できているのでしょうか。

投稿: ネコ | 2017年4月26日 (水) 05時22分

アクシオムさん

ビークロスではそんなことがあったんですね。つまり取材側がそもそもビークロスに対して興味がないってことですね。取材のための取材。考えてみればどの記事もNAVIっぽい記事のための記事って感じですね。

ネコさん

そうなんです。特殊なクルマがどうこうではなく、いちばん売れるようなクルマをどう作っているのかですよね。そういうクルマを扱うとあまり書くことがないってことなんでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2017年5月 9日 (火) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/70371666

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:タイトル先行?:

« 新車心象風景:マツダ・CX-5 | トップページ | クルマ散策:使えるものは何でも? »