« 雑誌ナナメ読み:タイトル先行? | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・C-HR »

クルマ散策:使えるものは何でも?

Cp_skyline_170410何だか、とても白々しい気になるんである。

日産は先日、スカイラインの誕生60周年を記念したイベントを開催した。六本木ヒルズの特別会場をはじめとし、本社や銀座のギャラリーに歴代車を展示しての催しだ。

メーカーが自ら歴代の商品をリスペクトすることは決して後ろ向きの姿勢じゃなく、むしろ、常にそうした気持ちを持って日々開発に当たることが大切であるとも言えるんである。

だから、ゴーン氏を招いてV字回復を果たしつつある日産が、TVCFにフェアレディなどの歴代車を登場させたときは、日本でもこんな見せ方をするメーカーが現れたのかと感心したもんである。

けれども、当時の秀逸なラインナップがモデルチェンジ毎に妙な感じになり、やがてグローバル化の名の下に日本市場から「ちゃんとした」モデルが次々に消えていった経緯はご存じのとおり。

あのクルマは北米用を使い、こっちは新興国用と共用し、そっちは中国向けを使えばいいでしょなどと、単なる商売上の合理化が国際感覚溢れる日産のグローバル路線らしく。それでもって国内シェアが1割を切っても、まあ世界総生産でプラスになればいいじゃんと。

こうなると、歴代車がどうのこうのと語ったところで、かつてのように純粋な感銘は湧き出てこない。ロクな商品も揃えずじり貧になった市場には、まあ一丁こんなイベントで懐かしさを喚起して、あわよくば当世代のユーザーの財布の紐を緩めようかという、実にあざとい企画としか思えない。

もともと、国内でまともに売れるのはノートとセレナだけという状況下、そのノートがe-POWERで販売を伸ばしたからといって、これで日産もいよいよ国内市場充実、みたいな短絡的報道が行き交う中だけに、なおのこと虚しさを感じてしまう。

本当に歴代商品を敬うなら、メルセデスやボルボのように旧いクルマをリフレッシュするようなプログラムでもやってみればいいと思う。人気のR32の一部パーツを再供給するとか、そういう狭い発想じゃなく。

ずっと小さなマツダでさえ、初代ロードスターのレストア車を売るっていうんだから。

|

« 雑誌ナナメ読み:タイトル先行? | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・C-HR »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

東京オートサロンでV37スカイラインのチーフデザイナー氏と出展されていたスカイラインのプレミアムモデルを前にお話しさせていただきましたが、インフィニティQ50として世界的に売れているけど、Q50はスカイラインとして歴代モデルのデザインエッセンスを取り入れてデザインはしていますと仰っていましたね。
それでも、ジュネーブショウで発表されたQ50のマイナーチェンジモデルは、上級のQ70=フーガのデザインを取り込み、テールランプもマイナー前の微妙に丸形デザインから完全にL字型になってしまいましたね。
とりあえず基幹車種であったスカイラインの60周年は祝って、国内市場でも日産は顧客を大切にいたしますってアピールなんでしょうが、それだったらQ60をスカイラインクーペとして年内に発表しますとやったっていいんでしょうが、それをしないところを見ると、ちゃんと売れないクルマは導入できませんって言っているもんですからね。完全に国内市場を割り切っているんでしょうね。
R32GT-Rの部品供給再開のニュースはいいことですが、より一歩踏み込むなら、オーテックジャパンで歴代モデルのレストアとかリニューアルプロジェクトをやってほしいですね。90年代のパイクカーも、パーツの製廃問題があるようですから・・・
あとヘリテイジ云々をいうのなら、あのいすゞでさえいすゞプラザとしてミュージアムをやり始めているのですから、いい加減座間の記念庫から進んでミュージアム事業をやってほしいですね。
現行スカイラインは、元COOの志賀さんが外国人役員のインフィニティQ50化の声を抑えてスカイラインの名前を残しましたが、次期モデルはインフィニティブランドを導入してQ50として販売するのか?それとも国内導入を見送り、モデル廃止になるのか?
まぁ僕からすると、今の日産は「技術の日産」というより、「経営の(シビアな)日産」ですよね。それならいっそ、国内市場に厳しい日産で、どれだけ厳しくするのか見てみたいものです。軽自動車と、セレナ、ノート、エクストレイルだけで国内完全2位になれれば逆にすごいと思います。

投稿: アクシオム | 2017年5月 1日 (月) 22時39分

最近はやたらとスカイラインを表に出してキャンペーンを張っていることが多いようで、今の日産にメーカーとしての格を国内向けにアピールできる商品はこれしかない、ということでしょうか。
でもちょっと待って・・・。
スカイラインって元々プリンススカイラインですよね。
我々の年代にとっては今でもプリンスのイメージは消えていませんし、スカイラインという車はその後も日産の本流とはちょっと異質なところにあったような気がします。
翻って日産の生え抜きは・・というと、セドリックもブルーバードも今はなく、かと言ってそれに代わるものもとんと無し。
そんな中生き残っている外様のスカイラインですが、これとても日産の営業努力のたまものというより、スカGデビュー時からのこの車独特の伝統のおかげですよね。
でも日産がそういうものを大事にしているかというとそうでもないようです。
今のやたら大型化したスカイラインはまったく別の車になってしまいましたから。
車種整理の好きな日産としては、フーガとどっちを残すのでしょう。

投稿: kenken | 2017年5月 3日 (水) 20時11分

失礼ですが、なにか悪いものを食べられたのでしょうか?
いくら気に入らないからといって「ロクでもない」は言い過ぎだと思いますよ。
中国や北米向けの車体と共有することがそんなにロクでもない事でしょうか?
私は全く反対の意見でして、日産の現在のラインアップは節操のないトヨタやホンダに比べると非常にバランスの取れた合理的なものに感じます。
ノートやセレナ以外でもエクストレイルもよく売れてますし、ティアナやマーチも販売は振るいませんが力作だと思います。
売れてない車はロクでもない、と言う考えなら話は別ですが・・・・
杉本さんの記事はそのシュールな視点が好きで、昔から楽しんで読ませて貰ってますが、今回の記事は「らしくない」感情的なものに思えました。

投稿: プリンス | 2017年5月 7日 (日) 10時31分

この連休、東京は銀座、日産ギャラりー(今は銀座プレイス(モダンな新しいビル)と呼ぶようで)で、スカイライン60周年記念説明イベントをやってましたが、どうも説明が浮いて(?)いた気もします。
それもそうです、あのスカイライン時代をともに生活した(?)世代ではないですから真の説明には無理もないです。

プリンス時代、そして日産に吸収合併されたからの勢い有ったスカイライン時代を知っている(所有も何世代にわたり)世代から見れば、やはり、今のスカイラインは名前だけ残した偽り有りのクルマです。

2トンもある車重量は、いかがなものかです。

60周年を機に、あのころの走り、操る喜び得るスカイライン(L型6気筒で)を出して欲しかったのは私だけではないはずですが・・・。
スカイラインという名がまだ残っているということは、今後に本当のスカイラインを期待したいものです。

でも、その説明の前にはそれを彷彿させる、デモカー(ニスモバージョン仕様)は小型で、なかなかセンスあるデザイン、往年のクーペを
うかがわせる、これをそのままスカイライン(まずはクーペ)でだしたら結構受けるかもしれません。

投稿: sutora | 2017年5月 7日 (日) 21時38分

アクシオムさん

オーテックでのリニューアルプランと、座間倉庫の博物館への発展は大賛成です。それにしても60周年記念イベントはいいとして、今後のスカイライン増を明快に示さないってどうなんでしょうね。

kenkenさん

スカイラインが時代に沿って変化してゆくのはある意味当然としても、ただ、近年の日産では変化というより放置に近い気がします。極端な話、止めるのならそれはそれで仕方ないと思うのですが、放っておいて記念も何もないかと。

プリンスさん

言葉の使い方についてご指摘ありがとうございます。日産の商品企画に対してはいろいろな考え方があっていいと思います。それにしても視点がシュールというのは初めて言われましたね(笑)

sutoraさん

スカイラインという4ドアの箱が時代に合わなくなったのなら止めるか変えるかだと思います。無理やりインフィニティと共存させるのはその点厳しいですね。僕は日本市場でも活躍できるスポーツセダンはあり得ると思います。もっと面白い商品企画を期待したいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年5月 9日 (火) 17時17分

(-ε-)rain

一昨年、車を買おうと販売店回りをした時。。。
昔はプリンスの販売店だった店に行った時。。。。
スカイラインを見に行っていろいろ話をお聞きした時、
マークがインフニティという事を得々と話された営業さん
 
これでもう この車の素性を知って 検討リストから外した。
 
適当のお茶を濁して、適当にらしさを加え 媚を売っている。
 
それにしても琴線に触れる車がないメーカーになり下がってしまいましたね。
悲しいです。

投稿: azen | 2017年5月13日 (土) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/70422803

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:使えるものは何でも?:

« 雑誌ナナメ読み:タイトル先行? | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・C-HR »