« 雑誌記事:CX-5コラム、後編掲載されました | トップページ | クルマ散策:スバルXV発表会に行く »

クルマ散策:ジュネーヴショー雑感

11900x475今年のジュネーヴは日本勢が目立っていたなんて声があるけれど、ホンダのシビックも、スバルのXVも、三菱のエクリプスもいまひとつピンと来ない。唯一、レクサスの新型LSは早く実車を見たいと思うけれど。

一方、外国車ではボルボのXC60が意外に想定内で、これは次の40シリーズに期待かと。A4雑誌方面ではベストとの声も高いアルピーヌ110は、ボンヤリしていてどこがいいのかよくわからない。まあ、クルマ好きの郷愁に訴え掛けるんだろうけど。

そんな中、個人的なハイライトはジウジアーロが帰って来たことかもしれない。

VWグループとなったイタルデザインを去るのが、マエストロだけでなく息子のファブリツィオも連れてというところが、何となく近々の活動再開を思わせるところだった。今回、早くも新会社GFGによりコンセプトカーのお披露目となったわけだから、退社時にはそれなりの仕込みがあったわけだ。

で、今ショーではそのイタルデザインと両社ともがスポーツカーを持ち込んだのが面白いところ。イタルのゼロ・ウーノが近作に準じて若干煩雑さを感じるのに対し、均整を保ちつつ新しいインパクトを打ち出した中国メーカーからのGT96は、実に「らしい」提案だ。

Parallax3altoそのイタルは、ゼロ・ウーノで少量生産の新ブランドを発表した。実際にはグループ内で様々な仕事をしているんだろうけど、表向きにはそこに活躍の場を見出す格好なんである。

けれども、イタルの歴史を踏まえれば、これには結構な違和感がある。わずか数台の高級スポーツなどではなく、本当はVWやアウディ、シュコダなどにこそ名前を使うべきなのに。

そうなると、GFGには今後できるだけ多くの実用モデルを手掛けてほしい。もちろん、各社のインハウスデザインが充実するいま、多くの外注があるとは思えないけれど、マエストロの名前を最大限に利用した活動を期待したい。

国内外を問わず、ムダに過剰な表現か、あるいは退屈な造形が行き交う現状に対し、いま一度、自動車デザインの肝を見せてほしいと思うんである。

|

« 雑誌記事:CX-5コラム、後編掲載されました | トップページ | クルマ散策:スバルXV発表会に行く »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

ジュネーブショウ行ってきました。
国産勢・・・確かに目玉は出展していましたが、ピンとは来ませんでしたね。
レクサスのLSは、外観こそ悪くはないですが、インテリアはやりすぎというかとにかくクドイかな・・・
それとLSのフォルムは、フォーマルなセダンというよりは、ポルシェパナメーラやアウディA7のようなファストバック系のサルーンに近いものになりましたね。キャデラックもエスカーラというコンセプトカーでそちらの方向へ進んだデザインを提示してきたんで、トレンドとしてそういう流れなのかも知れません。
ボルボXC60は、昨年発表のS90/V90の流れを汲んだ順当なモデルチェンジ過ぎましたね。アルピーヌは実車の方がいいかもしれません。そんなに幅が大きくないし、意外と振り回せるクルマかも知れません。
ボクが市販モデルでデザイン的によかったのはレンジローバーヴェラールでした。上級なレンジローバーとも下のイヴォーグとも違う、あのスマートなフォルムがよかったですね。インテリアもデニム調の生地やアルカンターラを使っていて座った感じが心地よかったです。
イタルデザインは・・・ゼロ・ウーノ、正直ランボルギーニのカスタムカーと言わざるを得ないもので、名だたるカロッツェリアがデザインしたとは思えませんでした。
むしろイタルデザインは、エアバスと共同開発していたPop.Upのようなクルマ版ドローンの方がよかったですね。VWグループの中では、ベントレーのベンタイガーのデザインコンペに参加しているようですが、なかなか日の目は見ませんね。ゆえに新しい交通インフラを考えるデザイン会社になったほうがいいのかもしれません。

あとジュネーブショウのレポートはこちらをどうぞ・・・
http://minkara.carview.co.jp/userid/174658/blog/c1046661/

投稿: アクシオム | 2017年4月 4日 (火) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/70141935

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ジュネーヴショー雑感:

« 雑誌記事:CX-5コラム、後編掲載されました | トップページ | クルマ散策:スバルXV発表会に行く »