« クルマ散策:ワゴンR発表会に出掛ける | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフト »

新車心象風景:ダイハツ・トール トヨタ・ルーミー、タンク

Photoこのクルマを肯定する理由は、いまのところ見つかっていない。

基本、後出しジャンケンで美味しいところを全部もって行く。トヨタについてのそんな表現は以前から当たり前に使われるけど、やっぱりそれは邪道だし、クルマの企画としては誉められるものじゃない。

もちろん、70~80年代の混沌とした状況ならまだあり得たかもしれないけど、いまやトヨタは年間一千万台の生産を誇る世界的企業なわけで、王者の姿勢としてはいささか情けない話でもある。

だから、スズキのソリオにガッツリぶつけるこの企画は、いくら分かりやすい話とはいえやっぱり残念だ。しかも、強力な販売力を動員して中堅メーカーから根こそぎ持って行くあたりは、単なる「対抗車」という次元とはまったく異なるわけだし。

そして、クルマ自体が醜悪なのはその上塗りなんである。もともと、ソリオもドメスティックカーとして厳ついイメージを持っていたけれど、それが上品に思えるほどの醜さは、もはや正視に耐えない。

ブーン・パッソという、これまた残念な近作のことを考えると、企画と開発を任されたダイハツは一体どういうつもりなんだと思う。発表会では、トヨタ傘下として皆が妙に生き生きしていたけれど、本当にこれが彼らの「やりたいこと」なんだろうか。

いずれも自社ブランドではほとんど売れない状況を考えると、ダイハツとしてのモチベーションは一体どこにあるんだと要らぬ心配もしたくなる。よもや、生産台数が確保できれば何でもいいやとは考えてないだろうけど。

で、そんなクルマがトヨタの思惑とおり、爆発的に売れているのがさらに残念なんである。

この国の市場は、一体いつまでこういう醜悪なクルマを好んで買い続けるんだろう。ミニバンではことごとくカスタムバージョンを選び、アルファードのような巨体はもちろん、軽に至るまでギラギラの改造車もどきが売れる。新しい三菱ekスペースみたいに冗談のようなクルマが次々出てくる。

もちろん、日本はカワイイとヤンキーで出来ていると言われてきたのは承知している。けれども、平成も30年近くが過ぎ、そろそろそういう感覚も過去のもの、ということにはならないんだろうか。一方で、オリンピックのエンブレムデザインを日本中であれこれ偉そうに語っているわけだし。

たしかに、コンパクトだけど乗れば広く、しかも安いことは大きな購入動機ではある。けれども、自慢のキーンルックを無理矢理大きな顔に張り付けた、この醜い顔を評価する理由には到底ならない。

僕らユーザーは、こういう下品な提案に対し、迷うことなく「ダメ出し」ができるような感性を持たなくてはいけないんじゃないか。多様化云々ではなく、まずはその前段階の見識として。

|

« クルマ散策:ワゴンR発表会に出掛ける | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフト »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

全く仰る通りだと思います!!
デザイナーから広告代理店まで
バンダイやサンリオの製品を見て
エグザイルやアイドルを聴いて育った人達が多いのでしょうか?!
そんな状況に対する嫌悪感が
所謂若者の車離れに繋がっているのかもしれませんよね!?
地元では車を実用品としか思っていないような若い人達が
バモスに乗っている事が少なくないですね

投稿: muku | 2017年2月 8日 (水) 12時46分

すぎもと様こんにちは。
 
それよりも問題なのは、「カスタム」と「ノーマル」が、各社でバラバラ(入れ替わってる)な事ではないかと思います。
 
雑誌で見た時は、写真の貼り間違いかと思いましたが、
間違いではないと知り、唖然としました。
 
いささか顧客を馬鹿にしすぎではないでしょうか。
こんなデタラメな商売がまかり通っていいのかと憤慨しています。
 
しかし、実際は販売好調なようで、顧客層には大した問題ではないようですね…。
 
P.S.
すぎもと様はスイフトを酷評なさってますが、
これを見たらスイフトはかなり真っ当なデザインだと思うのですが…(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2017年2月 8日 (水) 12時47分

いつの頃からか、トヨタは「優等生が悪ぶってる」感じになってしまって残念です。まるで、過去のデザインを全否定してるようで…。そんな怖い顔のミニバンを奥さんも運転したくないでしょうに…。

投稿: としぴぃ | 2017年2月 8日 (水) 21時56分

スギモトさんのおっしゃるとおりだと思います。いつも思うことですが、トヨタ自動車はそういう体質だと思います。個々の車をあれこれ論じても無駄で、世界一にもならんとするような見識も、オリジナリティーのかけらも持ち合わせているようには思えません。社長も本当に車とモータースポーツが好きなら、それなりの見識を持って欲しいと思います。私はトヨタ(レクサスも含んで)車を買う気はありませんが.....。

投稿: pottsy | 2017年2月 9日 (木) 18時03分

まったくもってその通りなのだけれど、デザイン傾向について何年このような思いを抱いてきたかを考えると、その相変わらずさに暗澹とした思いになります。
一昔前、あるいはもうそれ以上なのかもしれない頃暴走族が改造して得意になっていたようなデザインが、今はメーカーで当たり前のように売られている。
特にこのところのトヨタに関しては、よくもまあ恥ずかしげも無く、というのが正直な感想です。
そこには、トップメーカーとしてこの業界をよりよい方向に導こうなどという真摯な気持ちはみじんも感じられません。
国内でこれだけのシェアを保ちながら、相も変わらず売れ線をただ追い続け、良いデザインの追求とかのメーカーとしての姿勢のようなものはどうやら二の次のようです。
幾ら売れてもトヨタが尊敬を得られないのは、まさにそういうところにあるのだと思うのですが。
とは言え、少しでも他より派手なデザインを、という消費者が多数派では、その意識をくすぐるような車を各社こぞって出すとしても仕方がないのかとも・・・。
恥になるようなことでも目立つということだけでネットにアップするような人間が多いのですから、いかんともしがたいのかもしれません。

投稿: kenken | 2017年2月10日 (金) 22時01分

バンパー部分のデザインは、良く言うと、クラウンのフロント、ビッツのフロントのデザインなんかと共通してるんでしょうけど、デザインセンスが無さすぎと思います。機械性能としては品質を保っているとしても、私はデザインになってないと感じますし、首をかしげます。
こういう形の車がトヨタ車としてあふれてくるのですから、見たくもないものが嫌でも目につくことに、・・・。

投稿: hana | 2017年2月11日 (土) 12時49分

mukuさん

売れるからといって目先の商品を作ることで、中長期的にジリ貧になる。若者も同じですね。

とあるイラストレーターさん

ユーザーへの整合性なんかより、販売上の都合ですね。もうそれが前提のクルマ作りということなんでしょうか。べつに買う人は起こらないからいいやっていう。

としぴぃさん

いまや80点主義と言われていたころの方がマトモなデザインだった印象があります。たしかにそういう伝統をも否定しています。

pottsyさん

社長のクルマ好きは偏ってますよね。レースカーに乗って「ワオ!」もいいですが、もっと冷静に商品全体を見渡してほしいです。

kenkenさん

このクルマみたいなものは論外ですが、たとえば最近のキーンルック軍団みたいなのが「いいデザイン」と思っているようで残念です。期待のデザイン本部長ってどういう感性なのか。このまま当面は突っ走るんでしょうか?

hanaさん

フィロソフィに沿っているとか、共通しているとか、そんなことは大した問題じゃないんですよね。よくトヨタのデザイナーは実力があると言われますが、本当でしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2017年2月11日 (土) 15時30分

初めてコメントします。

確かに正視に耐えられないだらしなく開いたフロントグリルです。
かと思えば、ギラギラしたグリル…。

まさに最後の一行に集約されていると、強く思いました。

投稿: pu | 2017年2月15日 (水) 23時38分

皆さん、トヨタの姿勢について批判的ですが「尊敬を得られない」というわけでもなさそうですよ。

『トヨタが「世界で最も賞賛される企業」自動車部門の第1位に!』
http://clicccar.com/2017/02/20/446885/

私もルーミー・タンクの外観は好みではありませんが、これを支持する方々も一定層居るんですよね。
そういう人達の意見が全く考慮されないまま、「車好き≒意識高い系」の方々が
自分の趣味に合わない車の外見を「趣味が悪い」「オリジナリティのかけらもない」
「醜い」「正視に耐えない」などと蔑み罵るのは、ちょっと後味が悪い。
そして、こういう図式こそが今の自動車評論が空洞化している原因であるような気がしますね。

投稿: 自動車好き | 2017年2月20日 (月) 14時24分

>>自動車好き様
いや、ただ単に肯定寄りの方の書き込みがなかっただけでは?
 
各々が各々の意見を述べているだけに過ぎません。
それがたまたま否定側に偏ってしまっただけの話ではないかと。
 
例えば、私とて盲目的にトヨタ車を毛嫌いしている訳ではありません。
現行なら86、ハリヤー、C-HRなどは割と好印象を持ってますし。

投稿: とあるイラストレーター | 2017年2月21日 (火) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/69525045

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・トール トヨタ・ルーミー、タンク:

« クルマ散策:ワゴンR発表会に出掛ける | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフト »