« 新車心象風景:ダイハツ・トール トヨタ・ルーミー、タンク | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

新車心象風景:スズキ・スイフト

Photo何でこうなっちゃったんだろう、と思う。

雑誌でスクープイラストを見て、いやまさかこういうことにはならないだろうと思いつつ、しかし最近のスクープ画像の正確さにイヤな予感はしていたんである。

だから実車を発表会で目にしたときは、軽いため息が出てしまった。

3代目をデザインするにあたっては、やっぱり営業サイドからの「次は変えてほしい」という要望が大きかったらしい。初代の成功によってほぼカタチを変えなかった2代目は、末期になってそろそろ息切れ状態となったのは当然とも言える。

僕自身は、前2世代のカタチを変えても変えなくてもどっちでもいいと思っていた。当然、変えること自体が問題じゃないからだ。変えても変えなくても、要はその内容の問題で、そこに明快な意図と主張があるか否かが肝要だと。

で、3代目のスタイルは、つまりその明快な意図と主張が足りなかった。

たとえば、逆台形から緩い6角形にメージを変えたフロントグリルは、それ自体が初期スケッチからキースタイルとして一貫していたものじゃなく、開発途中に候補案から「これがいいかも」とピックアップされたものらしい。だから、このボディにはこのグリルが必須だという造形上の理由が見えて来ない。

張り出した前後フェンダーも、これがボディ全体の造形を反映しているわけじゃなく「ちょっと情緒的な味付けにしよう」という感じだ。実際、どのくらい張り出させて、そこにどんなラインを引くかは、モデルを作りながら試行錯誤されたもので、当初から明らかなイメージがあったわけじゃない。

逆に、前2世代のイメージそのままのキャビンは、これが必須だったということじゃなく、スズキの基幹車種として従来の雰囲気も残したいという要望から残ったらしい。だから、新たに曲面で構成したボディとのマッチングがよろしくなく、角度によっては柔らかいボディに硬いキャビンがめり込んでいるように見える。

赤や青はともかく、イグニスから流用した中間色のゴールドやネオンブルーでは、ボディがドヨンとして何ともつかみどころがない。それは、ロジカルであれ情緒的であれ、ボディに自身を貫く「芯」のようなものがない証拠だと僕は思う。

前2世代の、ロジカルで整合性を強く感じるデザインをやめようというのであれば、それはそれでいいと思う。欧州戦略車として、たとえばルノーのように情感を前面に出し、体温を感じるような造形でまとめるのもアリだ。繰り返すけど、肝心なのはその意図をどう造形に落とすかが明快であるか否かなんである。

けれども、新しいスイフトにはそれが決定的に欠けている。好評だった前型までのイメージを残しつつ、何となくボディを緩くしてしまったり、何となくフローティングルーフだのピラー内ドアハンドルなんて流行ものに手を出してしまったに過ぎない。そこに主義・主張は見えないし感じられない。

イグニスもあればバレーノもある。そのバラエティーの豊かさがスズキの魅力と言えば聞こえはいいけれど、せっかく獲得した大きな財産を、大した理由もなくひっくり返してしまうのは、実にもったいないことだと僕は思う。

|

« 新車心象風景:ダイハツ・トール トヨタ・ルーミー、タンク | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
新型を初めて見たとき
「いいんじゃない!?」
と思った私ですが、結構否定的な意見が多くてビックリしています。
 
当然、賛否はあってしかるべきなんですが、あまりに否定的な意見が目立つので、
自分の感性にいささか不安を覚えたり(笑)
 
個人的には、なかなか良くまとまっていると思います。
 
流行りモノをぶち込んだだけと言われれば、なるほど否定は出来ないですが、
最終的な完成形としては、なかなか上手いこと落とし込んだのではないかなと感じております。

投稿: とあるイラストレーター | 2017年2月24日 (金) 19時40分

2011年の東京モーターショーに出品されていた「レジーナ」が素晴らしくてホント楽しみにしてたんですけど。
レジーナをデザインした結城さんが途中からこのスイフトに参加されたようですね。
レジーナのデザインはいいけど、スイフトの個性を消すわけにもいかなしどうするのかなぁと思っていましたけど「折衷案」という極めて成功例の少ない賭けにでてしまったということでしょうか。

先々代のスイフトは何というか「荒っぽさ」というか「練りに練らないソリッドさ」が魅力だったんだなぁと思い返しています。
今回のスイフトで結城さんは「工芸的」という表現を使っていますけれど、スイフトの伝統になり得るものってデザインの細部(Aピラー云々)にあるのではなくてそういう「ソリッドさ」だったんじゃないのかなぁ。「ソリッド&ダイナミック」という個性を生かしていればデザインの選択肢はまだまだあったと思っています。

投稿: ネコ | 2017年2月25日 (土) 22時09分

ここ2代までのスイフトのデザインって、アウディの構成主義的なデザインで来ていたので、範となったアウディがそうであるように、どことなく3代目スイフトもあいまいなデザインになったように思いますね。
スズキとしては、営業サイドからの要望以上に、会社として国内の登録車(小型車)台数10万台必達なようなので、もっと販売台数が取れるようにしたかったのと、スズキがエンジニア的に軽量化をデザインでも表現しようとした結果、今回の新型スイフトのデザインになったんじゃないんでしょうか?
あとデザイン的にトレンドに機敏過ぎたきらいは確かにありますね。ナンバープレートをグリル内に取り込むデザインは、アウディもそうですが、マツダもデミオでやっていることだし、許されるだろうと・・・リアピラーのフローティング的なデザイン処理も、最近のトレンドだし、ちょうど欧州で3ドアを5ドアに統合しようとしたときに、リアドアのハンドルをウィンドウ側に一体化させれば3ドアっぽく見えるし。トレンドと折衷の集結したデザインになりましたね。でも新型スイフトはラゲッジルームの容量を確保すべく、リアにノッチがついたテールデザインになってしまったので、いくら3ドアのスポーティさを狙ったデザインにしようとしても、どこかもっさりしているんですよね。
これから登場するであろうスイフトスポーツを考えると、「新型スイフトのすべて」のデザインインタビューに出ていたD案、E案あたりが良かった気がしますね。でもそれを選んでいたら、たぶんそれほど販売台数が見込めないんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2017年2月25日 (土) 23時43分

実は先々代スイフトスポーツのデザインに惚れて購入した過去がありまして、今回のフルモデルチェンジがどうなるか、とても気になってました笑

2代目スイフトのデザインのキーは、ピシッとしたショルダーラインがフロントからリアに貫きそれをホイールフレアが巻き込んだ踏ん張り感のある佇まいだと思いまして、それは3代目で多少解釈を変えて軟化したが細部の仕上げレベルを上げる事で、先代のクリスプ過ぎる処理から来るおもちゃ感を払拭しまた違った魅力を持っていたと思います。
しかし新型は、このショルダーラインを情緒的にしてしまった事で、先代までにあったシンプル、クリーンなプロポーションが感じられ無くなり、ただハコの面がうねった様なデザインに感じてしまいます。
ここを情緒的にするなら、全体のプロポーションも一緒に考えて一新するべきでしたね。
イグニス、アルトで見せたスズキのデザイン力がスイフトに正常に反映されていたら本当に秀作なデザインのコンパクトカーが出来ていたのにと思うと残念です。
やはり、車のデザインと言うのはモデルチェンジでブラッシュアップさせる時が一番難しいのかも知れませんね。

投稿: 空色のR2 | 2017年2月26日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/69714173

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・スイフト:

« 新車心象風景:ダイハツ・トール トヨタ・ルーミー、タンク | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »