« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

新車心象風景:スズキ・スイフト

Photo何でこうなっちゃったんだろう、と思う。

雑誌でスクープイラストを見て、いやまさかこういうことにはならないだろうと思いつつ、しかし最近のスクープ画像の正確さにイヤな予感はしていたんである。

だから実車を発表会で目にしたときは、軽いため息が出てしまった。

3代目をデザインするにあたっては、やっぱり営業サイドからの「次は変えてほしい」という要望が大きかったらしい。初代の成功によってほぼカタチを変えなかった2代目は、末期になってそろそろ息切れ状態となったのは当然とも言える。

僕自身は、前2世代のカタチを変えても変えなくてもどっちでもいいと思っていた。当然、変えること自体が問題じゃないからだ。変えても変えなくても、要はその内容の問題で、そこに明快な意図と主張があるか否かが肝要だと。

で、3代目のスタイルは、つまりその明快な意図と主張が足りなかった。

たとえば、逆台形から緩い6角形にメージを変えたフロントグリルは、それ自体が初期スケッチからキースタイルとして一貫していたものじゃなく、開発途中に候補案から「これがいいかも」とピックアップされたものらしい。だから、このボディにはこのグリルが必須だという造形上の理由が見えて来ない。

張り出した前後フェンダーも、これがボディ全体の造形を反映しているわけじゃなく「ちょっと情緒的な味付けにしよう」という感じだ。実際、どのくらい張り出させて、そこにどんなラインを引くかは、モデルを作りながら試行錯誤されたもので、当初から明らかなイメージがあったわけじゃない。

逆に、前2世代のイメージそのままのキャビンは、これが必須だったということじゃなく、スズキの基幹車種として従来の雰囲気も残したいという要望から残ったらしい。だから、新たに曲面で構成したボディとのマッチングがよろしくなく、角度によっては柔らかいボディに硬いキャビンがめり込んでいるように見える。

赤や青はともかく、イグニスから流用した中間色のゴールドやネオンブルーでは、ボディがドヨンとして何ともつかみどころがない。それは、ロジカルであれ情緒的であれ、ボディに自身を貫く「芯」のようなものがない証拠だと僕は思う。

前2世代の、ロジカルで整合性を強く感じるデザインをやめようというのであれば、それはそれでいいと思う。欧州戦略車として、たとえばルノーのように情感を前面に出し、体温を感じるような造形でまとめるのもアリだ。繰り返すけど、肝心なのはその意図をどう造形に落とすかが明快であるか否かなんである。

けれども、新しいスイフトにはそれが決定的に欠けている。好評だった前型までのイメージを残しつつ、何となくボディを緩くしてしまったり、何となくフローティングルーフだのピラー内ドアハンドルなんて流行ものに手を出してしまったに過ぎない。そこに主義・主張は見えないし感じられない。

イグニスもあればバレーノもある。そのバラエティーの豊かさがスズキの魅力と言えば聞こえはいいけれど、せっかく獲得した大きな財産を、大した理由もなくひっくり返してしまうのは、実にもったいないことだと僕は思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新車心象風景:ダイハツ・トール トヨタ・ルーミー、タンク

Photoこのクルマを肯定する理由は、いまのところ見つかっていない。

基本、後出しジャンケンで美味しいところを全部もって行く。トヨタについてのそんな表現は以前から当たり前に使われるけど、やっぱりそれは邪道だし、クルマの企画としては誉められるものじゃない。

もちろん、70~80年代の混沌とした状況ならまだあり得たかもしれないけど、いまやトヨタは年間一千万台の生産を誇る世界的企業なわけで、王者の姿勢としてはいささか情けない話でもある。

だから、スズキのソリオにガッツリぶつけるこの企画は、いくら分かりやすい話とはいえやっぱり残念だ。しかも、強力な販売力を動員して中堅メーカーから根こそぎ持って行くあたりは、単なる「対抗車」という次元とはまったく異なるわけだし。

そして、クルマ自体が醜悪なのはその上塗りなんである。もともと、ソリオもドメスティックカーとして厳ついイメージを持っていたけれど、それが上品に思えるほどの醜さは、もはや正視に耐えない。

ブーン・パッソという、これまた残念な近作のことを考えると、企画と開発を任されたダイハツは一体どういうつもりなんだと思う。発表会では、トヨタ傘下として皆が妙に生き生きしていたけれど、本当にこれが彼らの「やりたいこと」なんだろうか。

いずれも自社ブランドではほとんど売れない状況を考えると、ダイハツとしてのモチベーションは一体どこにあるんだと要らぬ心配もしたくなる。よもや、生産台数が確保できれば何でもいいやとは考えてないだろうけど。

で、そんなクルマがトヨタの思惑とおり、爆発的に売れているのがさらに残念なんである。

この国の市場は、一体いつまでこういう醜悪なクルマを好んで買い続けるんだろう。ミニバンではことごとくカスタムバージョンを選び、アルファードのような巨体はもちろん、軽に至るまでギラギラの改造車もどきが売れる。新しい三菱ekスペースみたいに冗談のようなクルマが次々出てくる。

もちろん、日本はカワイイとヤンキーで出来ていると言われてきたのは承知している。けれども、平成も30年近くが過ぎ、そろそろそういう感覚も過去のもの、ということにはならないんだろうか。一方で、オリンピックのエンブレムデザインを日本中であれこれ偉そうに語っているわけだし。

たしかに、コンパクトだけど乗れば広く、しかも安いことは大きな購入動機ではある。けれども、自慢のキーンルックを無理矢理大きな顔に張り付けた、この醜い顔を評価する理由には到底ならない。

僕らユーザーは、こういう下品な提案に対し、迷うことなく「ダメ出し」ができるような感性を持たなくてはいけないんじゃないか。多様化云々ではなく、まずはその前段階の見識として。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

クルマ散策:ワゴンR発表会に出掛ける

Img_3540今日、スズキの新型ワゴンRの発表会に行って来ました。

スズキにとってワゴンRは軽として重要な車種なので、もしかして会長が・・・と思いましたが、今回は来場しておらず、実にあっさりした会でした。そういえば質疑応答もなかったですね。

すでにいろいろな媒体に出ていますが、今回は標準車を2パターンとし、スティングレーと合わせて3パターンのボディ展開なんですね。このあたり、販売戦略との絡みがありそうです。

デザインに関しては後日取材しますが、じっくり実車を見ての感想としては「惜しい」なあというものでした。いいところもあるんだけど、全体のまとまりがどうも。

もともと、色々なデザインがおもちゃ箱のように展開されるのが「スズキらしさ」とされていますが、しかしスイフト、ワゴンRと続いて、やっぱりどうもいまのスズキのデザインはなかなか理解が難しいと感じた次第です。

皆さんにはどう見えているでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:スイフトの記事、続編です

自動車専用サイト『クリッカー』での、スズキ・新型スイフトのデザインインタビュー。

後編が掲載となりましたのでお知らせします。

(クリッカーサイト)

http://clicccar.com/2017/02/01/441213/ (後編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »