« クルマ散策:デトロイトショー雑感 | トップページ | 雑誌記事:不定期コラムの後編です »

雑誌記事:不定期コラム掲載されました

Imp16901s自動車専門サイト、「クリッカー」での不定期コラムが掲載されました。

今回はちょっと遅くなりましたが、新型インプレッサのデザイン・インタビューです。

通常、取材は当該車種のチーフデザイナーさんに行いますが、今回は先方の都合・意向により、何とデザイン本部長さんが対応してくれたのが驚きでしたね。

わざわざ本部長さんが対応してくれたのだからここは楽しく、と行きたいところでしたが、このところのスバル車デザインには疑問を拭えない自分としては、なかなかそれはできなかったです。

新型も、フロント周りをはじめとした佇まいがいつまでたっても「変わり映えしない」ことや、「ダイナミック&ソリッド」の象徴とされるサイドボディのキャラクターラインなど、本当にこれでいいのか?という疑問ばかりで。

前にも書きましたが、公式取材でこういう疑問ばっかりのインタビューというのは稀のようですね。今回も冒頭は非常に和やかだったのですが、途中から若干微妙な雰囲気に・・・。せっかく対応していただいたのに申し訳ないのですが、こればっかりは仕方ありませんけど。

まあ、記事自体はとくにキツイ表現などはありません。お時間がありましたら下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカーサイト)

http://clicccar.com/2017/01/19/431864/ (前篇)

|

« クルマ散策:デトロイトショー雑感 | トップページ | 雑誌記事:不定期コラムの後編です »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

僕も最近のスバルデザイン、どうもすっきりしないんですよね。ダイナミックで、ソリッドというのならもっと明快なデザインで、そんなに色々なキャラクターラインなんかいらないはずなんですが・・・
まだLAで見てきたVIZIV-7コンセプトの方がデカい分、ダイナミックではありますが、そのVIZIV-7もそうソリッドなデザインじゃない。
やっぱり不評だったですが、R1やR2の頃にやっていたスプリッドスウィンググリルの方が明快な顔づくりができていたと思います。それをしつこく洗練していけば、ホントはそれなりにスバルもブランディングが高まったと思うのですが・・・ザパティナスさんが手掛けた3代目インプレッサの頃のデザインが質も高かったように思いますね。
話は変わりますが、デザイン部長さんどうでしたか?年末に僕の知人と話したんですが、色々とある方みたいですね。当然いい意味じゃないですが…

投稿: アクシオム | 2017年1月20日 (金) 20時48分

まあ、私も同感ですネ!
なんであのような「スバルデザイン」(前も後ろも横も)になるのか、不思議でならないのです。
欧米等で、売れているかといっていいものではないはず・・・。
細かい箇所の造形に集中しすぎで、きれいでもなく、美しくもないのです。

シャーシー、内装系デザイン=質感はそれなりにがんばった、というのに残念です。、
相変わらずのCVTはエンブレが効きません。


投稿: sutora | 2017年1月20日 (金) 21時01分

インプレッサのデザインについては、細かいところは分かりませんが代わり映えしないな、というのが第一印象です。
それよりも問題だと思うのは、スバルにはコンパクトと言って良い車が全くなくなってしまったという流れが定着してしまってなんの解決策も示されないということです。
インプレッサは良い車なのかもしれませんが、一部の評論家諸氏などの専門家や、特にメカとか性能面にうるさい面々以外に広く愛用されるとはどうしても思えません。
僕は今新型のプリウスに乗っています。
特に好きだからということではなく、諸処の事情からそうなったのですが、それでも季候の良い時期には気をつけて乗れば実燃費30キロも可能ですし、厳寒酷暑の時期でも確実に20キロ以上は走れるという点では十分満足感が得られます。(スタイルは正直あまり好きではありませんが)
翻ってスバルはといえば、かろうじてXVが20キロのカタログ燃費を示していますが、おそらくは実燃費はそこまでは行かないでしょうし、デザイン的にも特殊だし、また誰でも買えるという値段でもありません。
けちくさいと思われるかもしれませんが、燃費はガソリンの安いアメリカなどと違って日本では大きな問題です。
その課題に正面から答えることなくなんの解決策も示さないということはどういうことか理解に苦しみます。
インプレッサは当初コンパクトとして出てきたと思いますが、それが次第に大型化するのは仕方ないとしても、普通はそれに代わるものを用意するものだと思いますが。
燃費が気になる奴は軽に乗れ、とでもいうつもりなのでしょうか。
杉本さんにはそういうことも聞いていただきたかった。

投稿: kenken | 2017年1月20日 (金) 23時27分

アクシオムさん

そうですね、スッキリさが足りない、というかそこで勝負していない。R1・2の路線は可能性を持っていましたね。顔だけでなく。あそこでもっと形を真剣に学ぶべきでした。部長さんは何かあるんですか??

sutoraさん

まったくですね。ランプの中身とか、グリルの意図とか。理屈に溺れている印象が強いです。これはデザインにとってよくない傾向です。

kenkenさん

まあ、これはデザイナーインタビューなので・・・。スバルに5ナンバーコンパクトがないのは僕もずっと気になっています。これは経営判断で切り捨てたわけですが、OEMで売れない車を置くくらいなら、ダイハツの車台をつかってオリジナルボディくらい作れと思います。燃費ついてはトヨタのHVに依存するしかないと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年1月22日 (日) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/69312395

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:不定期コラム掲載されました:

« クルマ散策:デトロイトショー雑感 | トップページ | 雑誌記事:不定期コラムの後編です »