« 雑誌記事:不定期コラム掲載されました | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

クルマ散策:デトロイトショー雑感

Ls写真だけだけど、デトロイトショーでの日本メーカーについてデザイン雑感を。

前回東京ショーのレクサスLF-LSは、神経症的にラインを増やして伸ばす現行ラインナップに対し、基本造形は踏襲しつつ、いかにムダなラインを減らして行くかがテーマかと解釈していたんである。実際、少ないラインで巨大なボディを表現できていたと思うし。

今回の量産型も大きく変わらず発表された。コンセプトに比べてサイドボディのラインが若干強調され、フロントグリルがキツくなったり、あるいはランプ周りが煩雑に感じることで、コンセプトにあったある種の優雅さは消えたけれど、まあ範囲内ではある。

Photoたとえば、LSとIS、あるいはSUVでは造形のアプローチが違うだろうからまだ何とも言えないけれど、妙な奇抜さを狙わないやり方が今後の方向であればいいと思う。まあ、それじゃあ新しさを出せないんだと言われそうだけど。

カムリは、現行型やカローラ、マークXのマイナーチェンジを見てそれなりの想像をしていたけれど、ある意味それを上回っていた。

やたら引き伸ばしたランプや大口を開けたアンダーグリルは、マイナーチェンジで顔を激変させるための緊急避難的な方策と思っていたら、オールニューでも同じことをやるっていうのがとにかく驚きだ。これだけ尖っていながら、個性のカケラもないのは残念というしかない。

ボディは前後フェンダーを強調しながら、それと衝突するかのようなキャラクターラインが引かれている。きっと「豊かな前後フェンダーを1本の線で結ぶ」みたいな理由なんだろうけど、それはどうかと。その勢いは止められず、ついにDピラーにまで線を走らせてしまったのがすごいところ。

4170110_001hオデッセイは、なるほどいまのホンダならこんなことにもなるのかと思わせる。

北米用として、荷室を大きく見せるこのやり方はあるとしても、リアに向けて下りるキャラクターラインは思い付き感が強く中途半端だ。しかも、このラインは周囲が凹面で、あたかもつまみ上げたようになっていて実に気持ちが悪い。

さらに、ボディ下のラインも同様だから、サイドボディ全面がうねっているように見えてしまう。どうしても上下2本のラインが欲しいなら、なぜもっとシンプルに引かなかったんだろうか。

一方、サイド面がこんなことになっているのに、フロントは相変わらずの没個性顔なので何ともチグハグ。シルエット全体は何てことないミニバンそのものだから、北米向けとしてある種のダイナミックさは必須としても、もっとスッキリまとめればよかったのになあと思う。

V20日産ブランドのVモーション2.0は、次の世代のデザインモチーフらしい。

より大きくなったV字グリルは、単にグリルの中にVが入っているということじゃなく、グリル全体で表現しようという意図に見える。それが成功するか否かは、もちろんボディ全体のバランスが鍵を握っているのかと。

そのボディは現行のラインナップに比べ、直線の活用が目立つ。先日、セレナの取材時に、いま日産が掲げる「エモーショナル・ジオメトリー」は、情緒的なものの中に幾何学的な要素を組み入れるという話があったけれど、たぶんこれがその一環なのかなと。

幾何学的というのは、ひとつにゴーン就任時に輩出した数々の佳作をオマージュするという意図もあるそう。曲線に直線を交え、比較的分かりやすい造形にしたのはそのせいかもしれない。ただ、このコンセプトを見る限り、シンプルというのにはまだ遠い。

デトロイトの日本勢は、偶然なのか、どれも情緒過多のものが目立つ。BMW、アウディ、VWなどが、よりシンプルな表現を目指してラインを整理し、面を磨き込んでいるのとは対照的だ。

この差は一体なにを示しているんだろう?

|

« 雑誌記事:不定期コラム掲載されました | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

恒例のアイズオンデザインアワードで、日産Vモーション2.0がベストコンセプトカーに、レクサスLSがベルトインテリアに選ばれましたね。
日本メーカーのデザインも国際的なレベルになってきたのかな~感慨深いものがあります。

投稿: 自動車好き | 2017年1月12日 (木) 23時47分

赤いカムリのデザインはシャア専用ゲルググの様ですね
カローラやマークXやクラウンのフルモデルチェンジにも
こんな感じのデザインが波及しそうな気がしますし
トヨタのデザインは何処に行くのでしょうか

投稿: muku | 2017年1月13日 (金) 06時16分

レクサスとトヨタは、LSにしてもカムリにしても新しいプラットフォームを採用して、ちゃんと低重心なプロポーションを実現できていますね。
その点は大変評価していいのかも。
しかし、新型LSはLF-LSで提示していたテーマを、相当変えてしまったように思います。LF-LSの時の方がすごくシンプルで実直だと思います。
カムリはみな大きく変わって大胆とか言われていますが、実は先代の後期型であらかた新型につながるデザインを提示していたので、その延長線上のデザインにアンダープライオリティと呼ばれる妙ちくりんなデザインを導入したに過ぎないかと…でもプロポーションはいいと思います。カムリはデザインよりも、中身のエンジン、ミッション、プラットフォームといったメカニズムの方がはるかにすごいものかと思います。
新型オデッセイは、新型CR-Vでもそうなんですが、とにかく北米で成功を収めているシビックの顔を当てはめていますね。それ以外は、先代オデッセイとそう違わないデザインですね。
日産は、Vmotion2.0で次期アルティマ/ティアナのデザインを提示しているんでしょうね。2000年初頭の日産デザインへのオマージュというのには、くどすぎますね。あの頃はそんなに顔を統一されていなかったし、そこはかとなく日産のアイデンティティがうまく感じられるモダンでシンプルなデザインでしたね。

投稿: アクシオム | 2017年1月13日 (金) 21時54分

デザインにおける「クリーンさ」は「退屈さ」とイコールじゃない。
ホンダの歴史を振り返ってほしい。歴代の名車は「クリーンで大胆」な車ばっかりじゃないか。
それともアメリカに地殻変動が起きていて「インテリジェンス」を売りにした車じゃダメってこと?

投稿: ネコ | 2017年1月14日 (土) 01時17分

BMW、アウディ、VWなどが、よりシンプルな表現を目指してラインを整理し、面を磨き込んでいるのとは対照的だ。
この差は一体なにを示しているんだろう?

初めまして、地方の名も無いデザイナーです。
私の経験から思うに、ドイツと日本のデザインとは
「質が違う」と思います。言い換えれば「才能の違い」
ドイツの方が、デザイナーを採用する時
「デザイナーとしての才能があるかどうかを重視する」
けれど日本の場合は「学校の成績を重視する」傾向にあると、
経験上思います。それは、選ぶ方にデザイナーの才能を
見極める目が無いからとも言えますが、、。
ボディーラインを複雑にする手法は、元々はBMWが
始めた手法だと記憶していますが、それを手本に
日本のメーカーがこぞって取り入れたけれど
面の構成、ラインの整合性を整理する才能が無い事が
改めて露呈しているのが現状かと思います。
近い将来、シンプルな手法に変えるとは思いますが、
ネコさんが危惧する「退屈な」デザインになってしまう
可能性は高いと思います。

投稿: zero | 2017年1月14日 (土) 13時31分

自動車好きさん

受賞よかったですね。でも、日本のデザインは昔から優秀だったと思いますよ。寄り道が多いだけで。

mukuさん

ゲルググですが、確かに。大いに期待させたトヨタデザインは結局想定外の方向に向かってしまいそうです。

アクシオムさん

そうそう、LSはコンセプトの方が雰囲気がありましたね。カムリも往年の端正でまっすぐなセダンを思い出すとしみじみしてしまします。日産は・・・肩の力を抜いてほしいですね。

ネコさん

端正、シンプルにしたらみんな同じ形になっちゃうじゃないか・・・と信じている人が結構いるんですよね。残念ですけど。

zeroさん

なるほど、学校の成績とは日本っぽい話ですね。たしかにクルスバングルの取り組みは影響が大きかったですからフォロアーが多かった。しかし結局実力がなければ単にうるさい線を引くだけになってしまいますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年1月21日 (土) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/69222614

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:デトロイトショー雑感:

« 雑誌記事:不定期コラム掲載されました | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »