« クルマ散策:もうイヤーカーはいらない? | トップページ | クルマ散策:新車が欲しい! »

クルマ散策:今年もお世話になりました

Photo_5今年はWebサイトの媒体でデザイン記事を書くようになりましたが、これがとても具合がいいんですね。

まず、文字数に厳密な制限がないので、記事によってある程度の違いが許されます。実際取材をしてみると、記事としてあるもこれも書きたいというクルマもあれば、あまり実のあることが聞けず、字数も進まないなんてことがあります。

また、定期掲載ではないので、新車の発表に合わせて掲載できるのもありがたい。しかも、サラリーマンライターとしては締め切りがないのも助かります。

取材もようやく慣れてきました。以前は発表会会場での「ぶらさがり取材」が主でしたが、いまは申請による正式なものです。なので、取材時は広報さんが同席したりします。

こういう席では、通常異論や否定的な話は出ないみたいで、それに僕がどうも慣れなかった。基本的に、デザイナーさんはプレスリリースに書かれた内容を説明するつもりで来ますので、そこで異論っぽい話をすると完全に想定外の空気になるんですね。

まあ、そういうことにようやく慣れたというか、進め方が分かってきたところです。

ということで、来年はできるだけ芯のとおった取材ができればと思っています。もちろん、メーカーのデザイナーさん以外の取材も増やしたいですね。

それでは、来年も引き続きよろしくお願いいたします。

|

« クルマ散策:もうイヤーカーはいらない? | トップページ | クルマ散策:新車が欲しい! »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

昨年は湘南T-SITEでお会いしてお話しして下さりありがとうございました。
取材で異論が言えない予定調和の取材って、メーカー側の一方的な宣伝広報でしかなく、正直取材させる意味があるのか?と思いますね。自動車評論家も、自動車解説家、もっとひどくなると自動車宣伝家になっていくんでしょうね。
昨年エンジントラブルでCX-5を手放しましたが、その際にメーカーのお客様相談室に言われたことは、「弊社では保証期限をすぎたものは一切取り扱いません。それでも仰るのなら、裁判でもなんでもして下さい。」というとんでもないものでした。
とにかくコンプライアンスというものは厄介で不自由なものです。取材者も、客も、それを楯にメーカーが責任を負わないことで不利益をこうむるわけです。
今年は少しでもそうした不利益に対して、質していけることをしていきたいですね。
本年もよろしくお願いします。

投稿: アクシオム | 2017年1月 3日 (火) 11時14分

アクシオムさん

自動車宣伝家とはなかなかいい表現ですね(笑) 実際、ああいう雰囲気だと「楽しい話」に終始しちゃうし、ぶっちゃけ話が聞けても記事にしないってことなんだと思います。「これはオフレコで」みたいに。しかしマツダは残念ですねえ。

投稿: すぎもとたかよし | 2017年1月 3日 (火) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/69063442

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:今年もお世話になりました:

« クルマ散策:もうイヤーカーはいらない? | トップページ | クルマ散策:新車が欲しい! »