« 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴキャンバス | トップページ | クルマ散策:オートカラーアウォードに出掛ける »

雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは?

『月刊自家用車』の先月号。Boox_mt4910052271265_2

特集「最新モデル・ジャーナリスト30人の採点簿」は、短評ながらたくさんの評論家の意見を一度に目にすることができ、僕にとっては何ともお得な記事なんである。

で、冒頭のインプレッサは、新しいプラットホームのおかげで一様に評価が高かった。

95点と、ほぼ満点とした鈴木直也氏と藤島知子両氏がまさにそれで、先代から大きく進化したというシャシーを絶賛している。これはもう欧州Cセグを凌駕するんじゃないかとベタ褒めな感じだ。

一方で、65点と及第点を少し割る評価とした中谷明彦氏は、動力性能の不足を訴える。ボディがいい分、モアパワーという注文だ。そして、75点の御堀直嗣氏は、新しいエンジンの展望が示されていないと苦言を呈している。

いまのスバル車を眺めれば、変わり映えしないスタイルや、新提案のないエンジンとミッションに目が行くのはむしろ自然。どちらかと言えば、これを抜きにして満点を与えるのはチョットなあ、と思う。

ところで、78点の桂伸一氏は、現状プロトタイプ、かつクローズドコースでの試乗では本来の採点はできないとした。とりわけ「走り」をメインに評する場合、これはひとつの見識かと思う。

新型セレナでは、60点が3人もいた。

松下宏氏は、例のプロパイロットに対する日産の姿勢に疑問を投げかける直球評だ。同じ話を取り上げたのは他に数人いるけれど、60点に止めたのは松下氏だけ。また、河村康彦氏はノイズの多さや曖昧なステアリング、低い動力性能と、クルマの出来そのものを突いている。

一方、92点の岡本幸一郎氏は、プロパイロットもクルマの出来も気になるところはあるけれど、なぜかそれは問題ないとまとめる。98点のまるも亜希子氏は、とにかく室内の使い勝手のみ語っていて、それはもうほぼ満点だと。同氏は同じ理由からホンダのフリードにも95点を付けたけど、インプレッサではなぜか走りに言及して、やっぱり高得点になっている。

セレナの基本性能に最新のクルマとして明確な難があるなら、そこに言及しない人が多いのはどうしてなんだろう。僕みたいにデザインだのコンセプトだのじゃなく、「クルマは走ってナンボ」という方々がほとんどだから、そんな初歩的な部分を突かないのは不思議というしかない。

同じクルマの短評を一度にたくさん見られるのはやっぱり面白いなあと思う。ごく真っ当に評するべき点を語る人もいれば、とにかく高得点に着地することを優先しているような人もいる。対象を俯瞰する人もいれば、目前のことに止まる人もいる。

多くの評論家がいるんだから人それぞれの面があって当然なんだけど、しかしそれでも全員がプロであることは肝心なところだ。

どういう切り口であれ、それがプロフェッショナルな内容であるあるか否か。その境界線を意識するかしないかなのかもしれない。プロフェッショナルとは、NHKの番組に出てくる特別な人を指すわけじゃないので。

|

« 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴキャンバス | トップページ | クルマ散策:オートカラーアウォードに出掛ける »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。私なら新型インプレッサの評価はCVTで-15点、旧態依然のエンジンで-15点でどんなに他が良くても70点にしかならないのですが・・・。 スギモトさんの言われるように、月刊自家用車の先月号を車の評論という観点でなくプロフェッショナルの評論家先生方のプロとしての資質を見極める?という観点で読めば面白いのかもしれないと思います。

投稿: pottsy | 2016年12月 5日 (月) 20時39分

セレナは昨日試乗しましたが、う~ん出だしのもたつきはあるし、チョイノリの試乗で若干の不用な振動が見受けられましたね。
プロパイロットやスマートミラーなどの先進技術も大事ですが、基本性能のアップグレードも大事かと・・・せっかくの先進技術を生かすも殺すも、基本性能が大事ですから。
評論家のセンセイのいいようはメーカーとのお付き合いでどうにでもなりますからね。それを見極めるには絶好の評論かもしれません。

投稿: アクシオム | 2016年12月 5日 (月) 23時10分

「自動車評論家」って、なんなんでしょうね? タダで車借りて、アゲアゲの提灯記事を書くだけ。そんな人達が大多数に思えます。
褒めた車に、欠点、欠陥があったとしても、別に責任をとる訳でもない。 
提灯記事を鵜呑みにしたユーザーが、駄車をつかまされた事に対しての、罪悪感は無いのでしょうか?
むしろ、素人ブログの方が、メーカーの顔色をうかがわない分、正直に書いていて信用できます。

投稿: Per | 2016年12月 9日 (金) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/68703980

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは?:

« 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴキャンバス | トップページ | クルマ散策:オートカラーアウォードに出掛ける »