« 雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは? | トップページ | クルマ散策:スズキ・スイフト発表会に出掛ける »

クルマ散策:オートカラーアウォードに出掛ける

Photo「オートカラーアウォード2016」の表彰式に行って来ました。

皆さんご存知とは思いますが、このイベントは㈳日本流行色協会が主催し、当該1年間に発表された新型車のボディカラーを評しようというものです。第1回目が1998年なので、かれこれ20年近く続いている催しですね。

クルマの色を扱うイベントは珍しいので、当初から興味を持っていましたが、実際に見に行ったのは今回初めてです。会は横浜美術館で2日間に渡ったものですが、僕が出掛けたのは2日目のみとなります。

そもそも、いまだクルマのデザイン自体が自動車評論の中では日陰的な存在なので、ボディカラーやインテリアなどはまともに語られることはほとんどありません。でも、各メーカーのデザイン部にはちゃんとカラー・デザイナーがいるわけですから、もっと注目されていい世界だと思います。

今年のグランプリは、すでに同協会のサイトに掲載されているとおり、「マツダ・ロードスターRF」が受賞となりました。あの渋いグレーにブラウンの内装ですね。この受賞車の話も含め、せっかく出掛けたイベントなので、後日取材の記事をまとめたいと思っています。

記事が掲載されましたら、ここでお知らせします。

|

« 雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは? | トップページ | クルマ散策:スズキ・スイフト発表会に出掛ける »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

日本人は色に対する感性が外国人とは違う?のかもしれません。(水墨画の世界のように白黒重視?) 女房いわく、テニスなどのスポーツウエアの世界でも日本のユニ○ロと外国のアデ○ダスや、ナ○キとは色使いに雲泥の差があると........。それはさておきこのようなイベントで色使いに対する関心が高まることを期待しています。

投稿: pottsy | 2016年12月15日 (木) 11時40分

pottsyさん

そうですね。色についてはある意味カタチ以上に難しいところがあります。もっとその辺の理解が進むといいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年12月29日 (木) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/68792439

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:オートカラーアウォードに出掛ける:

« 雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは? | トップページ | クルマ散策:スズキ・スイフト発表会に出掛ける »