« 雑誌記事:不定期コラムが掲載になりました | トップページ | 雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは? »

新車心象風景:ダイハツ・ムーヴキャンバス

Photo何かこう、チグハグな感じがするんである。

ムーヴ・キャンバスの販売は、なかなか好調みたいだ。新車の立ち上がりはたいてい販売目標を上回るものだけど、発売1ヵ月で2万台はかなりいい数字だろう。

好評の理由はいろいろだろうけど、VWタイプ2にも似たシンプルでプレーンなバス・スタイルと、それを上手く演出する2トーンのボディカラーが好印象なんだろうと想像できる。

で、ここで思うのは、マーケティングとターゲティングの話なんである。

キャンバスの発表会でたまげたのは、何と「実家で親と同居する若い女性」というターゲット。仲のいい母娘で、平日は母親が買い物に、週末は娘がドライブに出掛ける想定なんだそう。

自動車先進国で、こんなバカげた想定でクルマを作っている国はあまりないんじゃないか? 商品企画にあたってはマーケティングが必要だ、でもってターゲットを絞り込まなくちゃいけない。そんなセオリーに実直に邁進するうち、どんどん混迷して行った感じだ。

けれども、できたクルマは決して悪くないから、そこに大きなかい離を感じるわけだ。そもそも、実家にいる娘がどうしてバスになるのかが不明だし、お母さんの買い物と2トーンボディも結びつかない。妙チクリンなマーケティングと実際の商品に接点が見えてこない。

同じダイハツから今年春に発表されたブーンは、逆の意味で似たような話になっている。こっちは、コンパクトカーの復権を掲げ「軽自動車で培ったノウハウを注ぎ込む」と骨太なコンセプトだった。なんだけど、できたクルマがあのような体たらくで、やっぱり結びつかないと。

これは日産の話だけど、あのパイクカーシリーズのラシーンの開発はなかなか混迷を極めたそうで、その過程は書籍にもなっている。とにかくコンセプト出しが難航、何度試作してもピンと来ない。ところがすべてを仕切直した直後、まったく新しいスケッチが出てきてあっけなく決まった。

それがあの低いワゴンボディなんだけど、だったら最初からそのデザイナーにスケッチを描いてもらえばよかったと思うわけだ。何かこう、コンセプト出しに振り回され、クルマ作りの根本を忘れてしまった感じ。

キャンバスも「仲のいい母娘」なんて話はどうでもよくて、ぼんやりしたミラココアに代わる、息の長い魅力的なワゴンボディを作る、ということでよかったんじゃないか。同じく、ブーンは「軽自動車云々」は置いといて、とにかく美しく魅力的なコンパクトハッチを作るんだと集中すれば、あんなことにはならなかったんじゃ?

「出来のいいクルマが売れるとは限らない」のは、まあなくはない話だ。けれども、自動車メーカーとしては、第一にそれを信じて開発を続けるしかないと僕は思う。少なくとも、その思いよりマーケティングが優先されるようじゃダメだと思うんである。

|

« 雑誌記事:不定期コラムが掲載になりました | トップページ | 雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

せっかく良い車を作ったのに、変なターゲット層に絞って自ら間口を狭める必要なんてないのになぁと思いますね。もうそんなコンセプトなんてやめて、四の五の言わず“カッコいい車”、“可愛い車”を作ればいいのに…

投稿: としぴぃ | 2016年11月21日 (月) 21時04分

「30歳前後の未婚女性、親との同居」 だそうです。 「気持ちワルッ」と思いました。
「結婚もせず、まだ実家にいる娘」と言われている感じで、セクハラじみているなと。
そこまで、家庭内の事情に、突っ込まれるのかと。  選ぶのは、こっちだ、好きな車を買わせろと。
この想定では、子供もいないので、スライドドアも必要ないのでは? 電動スライドドアって、遅くてイライラしませんか?
ダイハツは、おかしな事になっています。 ブーンは、安物臭。 キャストは、パクリ寄せ集め。
「トール」兄弟は、あからさまにパクリで酷いですし。 マネした上に、安っぽく、ヤンキーくさく、ソリオより劣化しています。

投稿: Per | 2016年11月22日 (火) 00時35分

ダイハツがBOONのCMで「見た目で選んでなにが悪い」と言ってるのに衝撃を受けました。
黒いものを白いと言い張るのがCMだとしたら、デザインのまともなムーブキャンバスは何を言おうと良心的に思えました(笑)

投稿: ネコ | 2016年11月22日 (火) 03時29分

ファミリー向けという時点で
ディーラーの現場では
女性陣がコノ車可愛い!
って云われれば殆ど決まり
らしいですから
結果オーライで良いんじゃないでしょうか

投稿: muku | 2016年11月22日 (火) 07時35分

う~ん、マーケッティングの物語はどうも後付っぽい感じがしますね。
ファミリー向けのクルマで、母と娘のなんちゃらという割に、CMはとと姉ちゃんが出てきて恋人に向かって「わたし見た目だけの~」と「先の見えない人とは~」と言っちゃって、母と娘の関係はどこいっちゃったんだか・・・
とと姉ちゃんよく見ていたから、できれば母君子さんの幸薄い木村多江さんの競演が見たかったですね。

投稿: アクシオム | 2016年11月22日 (火) 10時22分

トヨタ自動車の傘下になって以来ダイハツは(目標となる車があって)コピーばかりのように思います。ずっと前にはシャレードなど良い車もあったと思いますが......。そろそろ本当にオリジナルな車を開発されては如何でしょうか? もしくはアイデアはいただいても、完全にそれを昇華して本物と言えるレベルで発売して欲しいと思っているのは私だけでしょうか? 

投稿: pottsy | 2016年11月23日 (水) 18時47分

としぴぃさん

そうなんですよね。まあ開発の現場は実際にはそうであることを祈りたいのですが・・・。

Perさん

そうですね。シャレード、ストーリア、初代コペンなど、かつては地味でも面白いクルマを出していたのですが。30歳前後の女性・・・などと言い始めるのが危険な証拠です。

ネコさま

まあ、作っている方はいいスタイルだ・・・と確信しているわけですからね。恐ろしいです。

mukuさん

もちろん、メーカー的には売れれば結果オーライですよ。

アクシオムさん

とと姉ちゃんが起用できただけでもう舞い上がっちゃったんじゃないでしょうか? もうコンセプトなんかどうでもいいなんて・・・。

pottsyさん

とくに小型車では「トヨタ的にはどうかな?」というバイアスがかかっている気がしますね。トヨタを引っ張るくらいの気概が欲しいのですが。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年11月29日 (火) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/68524300

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・ムーヴキャンバス:

« 雑誌記事:不定期コラムが掲載になりました | トップページ | 雑誌ナナメ読み:プロフェッショナルな記事とは? »